UA-80548599-1
塚本みづほ公式ブログ
Quality Pro オンラインショップ
お得な会員登録はこちらから
塚本みづほfacebook

新着情報

癌に感謝・がんになって良かった・正の連鎖を起こす

不平不満、愚痴、恨み、妬み、泣き言の生き方は、心と体に塊をつくってしまいます。
この生き方がガンの道であり、塊がガンなのです。
癌になった後も、同じ生き方をしていませんか?
人は自分にとって都合の悪いことが起きれば、落ち込んでしまいます。
癌になって良かったと捉えられる人がどれだけいるでしょう。
しかしこれをマイナスとするか、プラスと捉えるかで人生が大きく変わってくるのです。
きちんと法則を知れば、ガンになって良かったと捉えることが出来るのです。
癌は全身の汚れを1ヵ所に集め塊となり、生命を守ってくれています。
塊にならなければ、全身の汚れで命を落としていたかもしれません。
がんは、生きるために猶予を与えてくれた感謝するべき存在なのです。
がんに対する価値観が変われば、ガンになった後の生き方が変わってきます。
ところが私たちは、自分の思い通りにならなければ不足部分を要求してしまいます。
不足を要求し続けることは、不平不満となり負のスパイラルに陥りやすくなります。
そして、常に精神と調和をとっている体は大きなストレスを受けます。
しかし、このストレスも思考も自分がつくりだしたものである限り、自分が気付き変わるしかないのです。
自分の考えたこと、発した言葉、行動が自分に返ってきているのです。
角度を変えてみてみると、不足にしか見えなかったものも、実は足りていると気付くものもたくさんあります。
悪いことであっても、起きたことによって、気付かされることも多いはず
これで済んだからよかった、有り難い・・・と思うか、不平不満で終わってしまうか・・・
自分がどう捉えられるかで、発する言葉、行動が変わってきます。
そしてその言葉や行動が、自分の体に返ってくるのです。
ガンなおしは、常に心身が一体となり自然治癒力を高めていくことが鍵となります。
まずは、今ここに生きていることに感謝をしてみませんか?
この気持ちを忘れないことが、がん治しの大きな秘訣です。
小さなことでも有り難いと感じ、感謝することで正の連鎖を起こし、自然治癒力を高めていくのです。

乳がん、胃がん、肺がんは心理的ストレス・最高の言霊

心にストレスが生じると、体にさまざまな症状や臓器の異常を発生させることになります。
癌もそのひとつ 

日々、ご相談を受けるなかで一番多い悩みはストレスです。
自分がなぜ、ガンになったのか・・・
実はご自身でちゃんとわかっている方がほとんどです。ガンの発症に心理的要因が強く関わっていることは言うまでもなく、ガンは心のストレス病といってもいいでしょう。

特に、右の乳ガン、胃ガン、肺ガンは心理的ストレスによってつくられるとも言われています。
なかでも女性に多いのは、幼少期の親との関係、夫婦関係など多くは家庭内の問題が原因にある人が多いようです。
もし、思い当たるふしがあるなら、まずは認めてみることからです。
ガンは原因を取り除く、原因療法によって充分なおすことが出来る病気です。
ストレスが原因でガンになった人は、ストレスを回避する生き方、環境をつくるしかないのです。
さまざまな苦労やつらいことがあったのでしょう。
しかしそこをすべて受け入れ、フラットに出来るのは自分しかないのです。
悩んでも恨んでも何も変わりません。
何も変わらないどころか、さらに苦しくなります。
ストレス、胸の苦しみを取り除けるのは感謝のみです。
『ありがとうございます』は最高の言霊
『ありがとうございます』を繰り返し言い続けたことで癌を克服した人もいます。
悩むこと、人を恨むこと、人を妬むこと、人のせいにすることをやめて 、つらかったことにも感謝する
なぜなら、今 こうやって生かして頂いているのですから・・・
しかし、人間は感情の生きもの 毎日、心は揺れ動きます。
だから、私はクライアント様を支えていきたいと思い、日々相談を受けています。
今があることに感謝して、一日一日を大切に生きてみませんか?

直感を信じる・自分で治す覚悟・悩み過ぎない・

ガンの療法を決められない人
駆け引きをしていませんか?
すぐに効果があるか
何%の人が良くなったのか
効果があるなら試したい
これでは残念ながら、なおらない人がほとんどです。
思ったような結果にならないと、人や環境、物のせいになってしまいます。
ガンは、自分に責任を持ていないとなおせません。
「自分がなおす」 という意思と、覚悟が必要
これがない限り、いつまでたっても同じことの繰り返しをします。
考えれば考えるだけ、踏み出せなくなります。
悩めば悩むだけ、直感が鈍り何が正しいのかもわからなくなります。 自分の直感をどれだけ信じることが出来るか ・・・ これが別れ道です。時間には限りがあり、1日はとても貴重な時間です。
直感、つまり自分を信じることが出来る人は、素早く実践が出来ます。

ガンは、頭で考えてなおるものではありません。 悩み、考えてなおるものでもありません。
自分の生き方、思考癖に気付くことそのものが、ガンなおしなのです。
少し、俯瞰してみてみませんか? 離れたところから自分を見てみると、何かに囚われている自分が見えてきます。
それに気付いた人は生き方を変え、思考癖を変えていけるのです。ガンは自分の生き方、思考癖がつくった塊
まずは自分を信じることから。自分を信じることが出来て次の行動へ移せるのです。        

癌細胞は生き延びるために出来る・癌を恐れない

がん細胞は体が生き延びるためにつくられます。
私たち恒温動物の人間は一定の酸素と温度が必要です。
この条件のなかで細胞が働き、生きています。
しかし、この条件に満たなかったとき 私たちの体は生き延びるために、悪い条件に似合った細胞を新たにつくりだします。
この新たな細胞が、ガン細胞なのです。
私たちが恒温動物に必要な環境を整えていけば、ガンは消えていくのです。
心臓はガンにならないと言われますが、これは血液を流し常に働いている心臓は、酸素と温度がしっかりとある好条件だからです。
 健康に生きるためには、酸素と温度を意識して必要な環境ををつくっていくことです。
ガンの意味を知ることで、必要以上にガンを恐れない生き方が出来るのです。