UA-80548599-1
塚本みづほ公式ブログ
Quality Pro オンラインショップ
お得な会員登録はこちらから
塚本みづほfacebook

新着情報

下半身を鍛え毒素を排出・筋肉量を増やす・足を温める

私たちの体は必要ないものは外に出そうとする働き、排出機能があります。
鼻水、目やに、湿疹、膿、汗、便、尿、おりもの、浮腫みなど
これは浄化機能の働きによるものですが、症状に耐えきれず薬を使ってしまうとまた体内に毒素を入れてしまいます。
毒が溜まった結果、出来たのが癌、つまり血液の汚れが癌です。

血液をキレイにするためには、全身の毒素を下半身から排出していきます。
足湯などで足を温めると、体の毒が下半身におりてきます。

しかしこれは外からの力を借りて毒素の排出を促す方法です。
自力でスムーズな排出をするためには7割以上が集中している下半身の筋肉を鍛えることです。
体の熱は筋肉で作られますので下半身の筋肉を鍛え効率よく体温を底上げして排毒を促します。
体を動かして自ら熱を発し、血流をよくしていくことが大切です。
屈伸運動やスクワット、また生活においてもエレベーターを使わず階段を使うなど足を鍛える運動をおススメします。癌が増えた理由は、筋肉不足による血流低下 。つまり運動不足です。 便利な生活となり体を動かすことが少なくなった現代人は意識して運動を取り入れていくことが必要です。

早朝ウオーキング・ミトコンドリア活性化

癌細胞の分裂を抑制するミトコンドリアを増やすには 、適度な運動とゆっくりとした深呼吸を習慣化することです。
刺激を与えることでミトコンドリアは増やすことが出来ます。
ミトコンドリアが多く存在する場所には癌は出来にくいことがわかっています。

散歩や心地よい運動は、ミトコンドリアが喜びます。
激しくしんどい運動は、交感神経が優位になり、低酸素、低体温の状態になりやすいため、ミトコンドリアは存在しにくくなります。
早朝の公園は、散歩や太極拳などを楽しむ姿をよく見かけますが、朝の早い時間は、空気もキレイで車や工事などの雑音も少なく心地よいと感じられる時間です。
ミトコンドリアを増やすには、筋肉を鍛え酸素を取り入れ、体温を上げて、尚且つ心地よさを感じることが大切です。 心地よい運動で体がポカポカすると喜びを感じます。 これはミトコンドリアが活性化されているからです。
ミトコンドリアの働きは紫外線の力によってスムーズに行われ太陽の光は見えない栄養素をつくっているのです。
天日干しをした野菜は、太陽の光によって生の野菜の数十倍の栄養価になっています。
紫外線は活性酸素を発生させる原因にもなりますが、適度な紫外線はミトコンドリアのエネルギー生成に非常に重要な存在といえます。早朝に心地よい紫外線を浴びながら毎日続けやすい散歩をおススメします。  

腹式呼吸で酸素を取り入れる・自律神経を整える

普段無意識にしている呼吸ですが、体はしっかりと影響を受けています。
ストレスが強い人は呼吸が浅く、低酸素状態が起きている可能性があります。 低酸素の状態は血流を低下させ体温も下げてしまいます。
癌は低酸素を好みます。酸素を取り入れるには腹式呼吸がおススメです。
腹式呼吸は呼吸を整えるだけでなく、メンタル面においも効果的ですので特にガンによる恐怖心や不安感が強い人は、毎日続けることをおススメします。
口でゆっくり息を吐き出しお腹がへこむ感覚を意識します。
今度は、長く深く鼻で息を吸い込みお腹が膨らむよう意識します。
吐くときには、悪いものを体から出しているイメージをします。
吸い込むときは、なりたい自分を描き、感謝を心で唱えます。
吐くときは副交感神経、吸うときは交感神経が優位になり、自律神経のバランスを整えてくれます。  

胸腺マッサージで免疫細胞活性化

私たちの免疫は年齢と共の衰えていくと考えられています。
免疫細胞をつくり出す最も重要といわれる胸腺
胸腺は胸骨の裏側、心臓の上前部にあります。胸腺は握りこぶし大の臓器で、幼児期の頃から体の免疫を担う臓器として「Tリンパ球」をつくり働いています。
しかし胸腺は成長とともに委縮し80歳頃には最大時の半分以下になります。
胸腺は年齢だけでなく非常にストレスに弱く、ストレスが長く続くと萎縮したままとなってしまい、免疫力を一気に低下させます。
ですが胸腺は回復する力も持っていますので、加齢やストレスで胸腺が萎縮してしまったときには、マッサージで刺激を与えることも良いといわれています。
乳房の周りを円を描くように優しくさすります。 縦、横、上下、左右 何度もさするようにマッサージします。
胸腺マッサージは、テレビを見ながらでも、風呂のなかでもどこでも出来ます。
時間があれば胸の周りをさするようにすると免疫力も高まり細菌やウイルスに対する抵抗力が上がってくるでしょう。また背筋を伸ばし、肩甲骨を近づけるように胸を反らせ、数秒間止める。これも胸腺を刺激する動きとなります。

運動が出来ない人・続かない人・血流を良くしたい人・・・ご相談ください  0849251271