UA-80548599-1
塚本みづほ公式ブログ
Quality Pro オンラインショップ
お得な会員登録はこちらから
塚本みづほfacebook

新着情報

癌細胞が増殖する体温・癌細胞が死滅する体温

ガン細胞は35℃台で活発にな増殖し、39℃台で死滅します。
国立予防衛生研究所では1978年 「人間から取り出した子宮ガン細胞に32℃から43℃の温度変化を与え、正常細胞と比較したところ39.6℃以上にした場合、ガン細胞は10日ほどで死滅した。正常細胞への影響はなかった」 という実験結果が発表されています。
このガン細胞が死滅する体温とは深部の体温です。
深部体温とは脳や内臓の温度で舌下での体温が深部体温に近い温度になります。
体温を測るときは舌下の温度も一緒に測ることをおススメします。

体温を上げる・免疫が働く体温

人間の体は、36.5℃~37℃で最も免疫が働いてくれます。
体温はがん治しに絶対的に必要な条件です。

体温が1℃下がると、免疫力が37%低下すると言われています。 免疫力は体温に比例しています。
体温が上がれば免疫力は活発に働き、体温が下がると免疫力も下がります。
免疫が下がるということは、ガン細胞にとって好環境
35℃は、ガン細胞は非常に増殖しやすい環境です。
34℃台ともなれば、生命にかかわる病気が隠れている可能性があります。
私たちが普段考える体温とは、脇の下で測る表面の体温です。 大切なのは深部体温(内臓の温度)です。
舌下でわきの下で測る体温で36.8℃、深部体温(内臓の温度)で37.2℃の体温が免疫が働いている目安です。
2つの体温を比較しながら、自分の体の冷え状態を知ることも大切です。  
2つの体温が逆転している人は注意です。 内臓が冷えています。
体温は高いと思っている人も内臓が冷えている場合があり、自分で気付かない冷え性の人も多くいます。
体を温めれば、ほとんどの病気は治ると言われるほど体温を上げることは非常に重要です。

入浴で体温アップ・毒素を排出・免疫アップ

がん治しはまずは体内に溜まった毒素を出すことが先です。
どんなに良いものであっても、毒が溜まっていては良いものも毒に埋もれてしまいます。 食品添加物、農薬、放射性物質など私たちは気付かぬうちに体に毒素を溜まってしまっています。これらの毒素は脂肪に溜まっていきます。
毒素を排出するためには、体を温めることです。
入浴は血行促進、浮腫み、冷え取りなど効果があります。 湯舟の温度によって効能は変わってきます。
真逆の効果を表しますので自分に合った入浴方法をすることが大事です。
【42℃以上の熱い湯】 脈拍➡早くなる・ 血圧➡上がる・ 胃液の分泌➡低下・ 自律神経➡交感神経優位 

【39℃~41℃のぬるい湯】 脈拍➡ゆっくりになる・ 血圧➡低下・ 胃酸の分泌➡増進・ 自律神経➡副交感神経優位 毒だしは高温で瞬時に体を温めるよりも、低温でじわじわと温めた方が効果的ですから 岩盤浴、自宅で20~30分かけての半身浴はじわじわと下半身を中心に体を温めるには良いでしょう。
ストレスの多い人や眠れない人は、ぬるめのお湯でゆっくり浸かるとアセチルコリンというホルモンが分泌され、リラックス効果が得られます。
熱い湯は、活動する朝に入るといいですね。 熱い湯に入る時は、のぼせないよう10分以内にとどめます。
また、熱刺激を与えると細胞中に、ヒート・ショック・プロテインといわれるたんぱく質がつくられます。
このヒート・ショック・プロテインは、傷付いたたんぱく質を修復し、細胞を活性化していきます。
感染症や癌には非常に頼もしい存在で、 熱めの入浴で体を温めると細胞の中にどんどん増えてくると言われています。 ストレスから受ける疲労、障害もヒート・ショック・プロテインによって軽減されるのです。
ただし熱い湯で入浴すると交感神経が優位になり、気持ちが高ぶった状態なりますので毎晩続けると、副交感神経が働きにくい状態となりナチュラルキラー細胞を活性化するリンパ球が増えにくくなるので、バランスよくすることが大事ですね。 週2回 熱めの湯に入るくらいが良いでしょう。 

自分の体と相談しながら、誰でも出来る入浴を上手に活用して免疫を上げていく方法です。

体温でガン細胞を抑制するミトコンドリアを活性化

私たちは、解糖系とミトコンドリア系、2つのエネルギー生成システムを使って生きています。 ミトコンドリアが増えると癌細胞の分裂が抑えられます。
ミトコンドリアは高い体温を必要とします。
体温が高い人は、仮に偏った食事であってもミトコンドリアの働きにより必要な栄養成分に変換することができるのです。
糖からでも脂肪酸や必須アミノ酸に変えていくことができます。
草食動物がよい例で、決まった草しか食べないのにしっかりとした栄養素を体にとり込むことができるのは体温が高いからです。 まさに偏った食事ですが、摂ったものを自ら必要な栄養に変換することができているからです。
同じように偏った食事を低体温の人がするとどうでしょう。必須アミノ酸欠乏になり栄養失調になってしまいます。
このように体温がどれだけ大切かということがよくわかります。
体温が低い人は、まずは外から体を温め、自ら熱を発する体づくりと偏らない食事を人一倍、心がけることです。 

癌が出来やすい臓器・冷えやすい臓器は外からも温める

体の冷えは血流を悪くし、硬くなった場所が癌となります
体の冷えた所に癌はでき、逆に温かい所は癌になりにくいのです。

臓器の中で心臓、脾臓が癌にならないのは温かい臓器だからです。 常に動いている心臓は、発熱量がとても多い場所で温度も高い臓器です。
赤血球を蓄えてくれている脾臓は、リンパ球などの白血球も作る働きをしているので、心臓と同じく温度が高い臓器になります。
 子宮、卵巣、胃、大腸、肺などは空洞になっていて冷えやすい臓器です。 また食べ物など外部からの影響を受けやすく冷えやすい場所です。
乳ガンも外部から影響を受けやすい癌の代表ですね。 乳房は、体から外に出ているので冷えやすくなります。
心臓、脾臓でわかるように体温を高く保つには、運動が必要だということです。
外部からの影響を受けやすい袋状の臓器は外からも温めること、体を温める飲み物・食べ物を摂ることです。 

体温が下がる原因・ストレス・薬物・冷たい食べ物

冷たい飲み物、食べ物は、体や内臓を冷やします。
内臓が冷えると、血流が悪くなり臓器の働きが悪くなり排毒機能も衰えてしまいます。
また冷たい飲み物、食べ物は、口に入っただけで交感神経が緊張状態になり腸の血管を収縮させてしまいます。
ストレスも全く同じ状況をつくります。
大切な免疫機能をつかさどるリンパ球の6~7割が集まっている腸が冷え、血管が収縮するとリンパ球の動きが弱まり、免疫力の低下につながってしまうのです。
また食べ過ぎも体温を下げてしまいます。
食べ物が体に入ると胃腸に血液が集中され、胃腸以外の臓器や細胞への血液供給が減り体温が下がります。
断食や少食で体温が上がるといわれているのは、胃腸へ集中した血流がなくなり、様々な臓器にしっかりと血液が運ばれるからです。 体温が1℃下がってしまえば、体内酵素の働きは半減してしまいます。 
1日の中でも体温の差は1℃近くあり、明け方3時から5時が一番体温が低くなる時間帯です。
喘息の発作などが出る時間帯ですね。 朝起きて体も頭も重く、マイナス思考が出てきたりするのも体温と関係があると考えられます。 鬱病の人が特に朝、調子悪いのは体温との関係性もあるでしょう。
午後に向け体温は徐々に上がりはじめ、夕方から夜7時頃が体温上昇のピークだと言われています。
夜型の生活は体温をさらに下げてしまいますので、早寝早起きを心がけましょう。