UA-80548599-1
塚本みづほ公式ブログ
Quality Pro オンラインショップ
お得な会員登録はこちらから
塚本みづほfacebook

新着情報

がんを治す基本・癌を恐れない・がんと心は繋がっている

がん治しの基本はクヨクヨしないことです。 ガンは不治の病、怖ろしい病だという思い込みを捨てます。
余命宣告を受けてもいないのに、自分の命は後どのくらいだろうか・・・と考えてしまうものです。 

治療の真っ最中は不安な中でも 「頑張るんだ!」 と自分に気合いを入れるものです。
しかし、治療もひと段落すると思いもよらぬ恐怖や不安が押し寄せてきます。 こんな経験をされた方は多いのではないでしょうか・・・
再発転移をした人を見れば、恐怖に陥り、また少しでも体に痛みを感じると「ガンが再発しなのでは?」異常なほど過敏になってみたりします。 実はこの不安、恐怖心は、ガン治しには一番やっかい者なのです。
生と死を見つめることは大切なこと、しかし死を恐れるあまりに脳にインプットされその現実をつくってしまいます。 なぜ、ガンは出来るのか? を学べば恐れる必要はなく、きっと心から癌を受け入れることが出来るでしょう。
がんになっということは、それだけ体が危機状態だったということ。
ストレス、過労、質に悪い睡眠などから血行が悪くなり、氣が滞り、気付かぬうちに体が冷え切っています。
ひとことでストレスといっても様々で、環境、化学物質、電磁波などから受ける外的ストレス ・ 成長、妊娠、老化など体の中で起きる内的ストレス・人間関係、仕事、金銭面などで起きる心理的ストレス ・ またその他の病気からくるストレスなど・・・ 自分自身が気付いていないストレスもたくさんあります。
他人に気を遣う人、他人が気になる人、他人からの目が気になる人・・・
人が許せない人、社会が許せない人、自分が許せない人・・・
これらもすべてストレスです。 何か思い当たるところが必ずあると思います。
気づかないうちに 血行を悪くし、酸素が体の隅々まで行き渡らなくなり、体を冷やし、ガンが増殖しやすい環境になっています。 原因あってのガン
ガンになってしまった以上、クヨクヨ考えても仕方ありません。
クヨクヨすると、また新たなストレスがかかり活性酸素を出し、遺伝子を傷つけてしまいます。
どんなに良い治療をしても不安などのストレスで活性酸素を出し、体を酸化させていては効果ある治療も意味をなさなくなります。
強いストレスから抜け出せない時、気持ちが起き上がれない時、不安で仕方ない時は、抗ストレス・抗酸化を考え、健康食品などを活用することも必要でしょう。
ガンと心は繋がっていることを意識して、クヨクヨせず、前向きに取り組んで頂きたいと願っています。

癌をつくる思考癖・がん克服に必要な心の見直し

自然療法には、温熱、食事療法、健康食品など様々なものがあります。
しかしこれだけに頼っていても治りません。 

癌は自分の思考癖や生き方がつくった病
心と体を切り離すことは出来ません。
どちらか片方だけを治しても、癌は治せないのです。
●他人に答えを求める思考癖を直す
他人に答えを求める思考癖を治さない限り、自然療法は失敗します。
癌を自分で治すと言いながらも、他人や物に依存していませんか?
上手くいかない時、他人や物もせいになりがちです。 それがそもそも上手くいかない原因なのです。
●他人と比較する思考癖を直す
治った人のやり方、意見を参考にすることは希望となり良いことです。
しかし、いつしか希望が執着に変化していくことも。
あの人はこれで治ったのに、なぜ私は治らないのか・・・
こんな場合、他の人はどうしているのか・・・
自分と同じような症状の人はいるのか・・・
常に他人が気になるようです。 自分と他人は違います。 当然、結果も違います。 

他人と比較していてもガンは治りません。
それどころか、他人と比較すればするほど、上手くいかない自分に落ち込むだけです。
●結果を先に求める思考癖を直す
何年かけてガンになりましたか?
何年もかけてつくったガンですから、時間がかかるのは当たり前のことです。
なかには、数週間でガンが消える方もいらっしゃいます。
それは、全ての自分の常識が覆された時に起きています。
がんを治す心と体の自助努力を重ねた後に、結果がついてくるのです。
その時間や内容の濃さは、人により違います。
上手くいかない時には、上手くいかない理由があるのです。
そんな時は、自分の愚かさに、もう一度目を向け、反省し、自ら選んだ道をまたコツコツと実践していくのみです。
投げかけた心や行動だけが、結果として返ってくるのです。
がん治しは、自分自身の心の見直し、思考癖の見直しが軸となります。
そのサポート役に温熱、食事療法、健康食品があるのです。
理解して自然療法を選択したつもりでも、壁にぶつかり、焦り、結果ばかりを求めてしまうこともあるでしょう。
光が見えたり、消えたりと繰り返すこともあるでしょう。
すると焦りが欲となり、信念を狂わせ、直感をも鈍らせてしまいます。
焦らず、じっくり見直すことです。

自分の愚かさを認める・癌に責任を持つ・自分を信じる

 小さなこと、ひとつひとつすべてが心配事に変わってしまう人がいます。
○○をしたから、こうなった気がする
○○をしたら・・・
いつも〇○を理由に悩む人、それは自分がやっていることに自信がない証拠

つまり、自分を信じることが出来ていないのです。
だから他人に答えを求めてしまったり、自分の考えに共感してもらうことで安心をしています。しかし、これは不安や悩みが増やす原因になるのです。
他人に応えてもらうことでひとときは安心を得ることが出来るのでしょう・・・ しかし、それは決して自分の解決にはなっていません。
また、自分が選んだ道を批判されたり、違う意見を聞けば、また悩み、不安が襲ってきます。
どんなに体に良いことをしていても、一方では、自らガンを増やす思考や行動をしている自分に気付くことです。
また、思うようにいかない時は人のせいになります。
病院の先生がこれを勧めたからやったのに再発した・・・
大丈夫と言われたのに転移した・・・
そんな話もよく聞きますが、その選択をしたのは自分自身であることに気付かねばなりません。
すべては自分の責任なのです。
自分がつくった病気、自分の体には自分が責任をとること
愚かな考え、行動が癌をつくり再発転移をさせていることにも気付き、反省し、生き方を変えていくしかないのです。
何かをする度に悩み、不安が襲ってきていたのでは、癌を治すどころか悪化させてしまいます。
がんを治すには、腹を決め、全身全霊で取り組む覚悟をもって進むことです。

癌は自分で治す意識を持つ・癌はストレス病・心の持ち方

癌は自分でなおすという意識を持つことが必要です。
【病の根源は心にある】 

内面を含めた生き方を見つめ直し、なぜガンになったのか、原因を探すことが大切です。そして、すべて前向きに捉えること。
偏った生き方は、心と体に大きなストレスをかけ癌という塊をつくります。
神経質過ぎ・ 悩み過ぎ・ 考え過ぎ・ 心配し過ぎ・・・
ガンになった現在も、このような偏った生き方をしていませんか?
悩み過ぎ・心配し過ぎは、血行が悪くなり体温が低下し呼吸が浅くなります。
ガン細胞は、低体温、低酸素の環境を好みます。
ガンになった今でも、ガン細胞が活性化する環境を自らつくっていませんか?
宿主である私たちがこの環境を変えない限り、癌細胞はどんどん増え続けます。
がんは自分がつくった病気
だから 『自分が治す』  この意識をきちんと持つことが出来るかどうかです。人任せではなおりません。

がん治しは、決して簡単なことではありません。
思うように進まない、結果が伴わない時もあります。しかしこの結果をどう捉えるかでモチベーションが変わります。次へのステージにも大きく影響してきます。
こんなにやったのにダメだった・・・と愚痴・不平不満となってしまう人
やったからこれだけで済んだ・・・と感謝することが出来る人
これだけやってもまだまだ足りない・・・と前向きに進める人
同じ結果であっても、ものごとの捉え方でこれからが全く違うものとなります。
不平不満に捉えれば心の毒が溜まり、やがて体の毒となります。
そして強い不安・悲しみは心に深く毒を積もらせてしまいます。
追い打ちをかけるように強い孤独感を感じさせる時もあるでしょう。
これも素直な気持ちとして一度すべて受け入れてみるといいですね。 そして、いかに早くリセットするかです。
がん治しは心を鍛える訓練です。
ぜひ穏やかな、おおらかな心で、コツコツと臨んで頂きたいと思います。
どんなときもプラスに捉える、明るく前向きな心で生きましょう。 

がんで孤独を感じる・死と向き合う・自然な姿

ガンになると孤独感が強く表れます。
ひとりのときに寂しさからくる孤独感・家族でいるときに持つ孤独感
孤独感は寂しく、悲しく、苦しく時には恐怖すら覚えます。
私も孤独感に苦しんだ経験があります。
苦しみを抑え隠し、ただただ涙だが出続けることもあるでしょう。
家族がいるのに孤独を強く感じてしまう自分が情けなくなる時もあるでしょう。
がん宣告を受けると一度は自分の死と向き合います。
だからこそこの世に自分が必要とされているという実感が欲しくなるのです。
そこで起きるのが孤独という感情。 しかし、孤独感というものは自分を振り返る最大のチャンスでもあります。
孤独という感情にも必ず意味があります。
感受性と想像力を持っている私たちは、ガンになった人に限らずみんな孤独です。
人はひとりで生まれ、ひとりで死んでいきます。 これが命の自然な姿です。
孤独は感じることで自己を認識するきっかけになります。
家族が居ながら孤独を感じるのはなぜでしょう。 寂しいから・・・ それだけでしょうか?
幸せだから、家族が大好きだから、とめどもない不安が孤独を強く感じさせているのかもしれません。
今の現状をすべて受け入れ、少し目線を変えてみませんか?
今、孤独を感じているなら少し、目線を変えてみると何かをまた感じることが出来るでしょう。

小さな喜びや幸せはたくさんあります。 孤独を感じるとき、小さな喜びや幸せ、感謝が見えにくくなっている時です。
小さな喜び、感謝を見つけて書き出してみませんか?きっと幸せに気付きます。

笑いでがんを治す・リンパ球が増える・NK細胞活性化

『笑いに勝る療法はなし』
笑うとアセチルコリンという物質を分泌し、リンパ球を増やします。
リンパ球が活性化されるとNK細胞が増え癌細胞を退治する働きが強くなります。
笑いは心を和ませ、緊張もほぐし血流を良くしてくれます。
血流が良くなると、NK細胞も血液の流れに乗って全身をくまなくパトロールしてくれるので、さらに良い効果が生まれます。
笑いは副交感神経を優位にしリンパ球を増やし癌が治りやすい環境となります。癌の方は顆粒球に比べリンパ球の比率が非常に低いことが分かっています。
これはがん患者さんが交感神経過剰状態であることを物語っています。つまり自律神経の乱れです。
交感神経過剰状態は顆粒球を増加させ、活性酸素を大量に出してしまいます。
その結果、組織破壊が起きさらに免疫は下がっていきます。 これでは、ガンは治りません。
交感神経は怒りのホルモンとも呼ばれているほどです。
交感神経優位になっている状態を脱出するためには 笑うことです。たとえ、笑えることがなくても笑顔・明るくです。
腹が立つこと、悔しいこと、悲しいことがあっても、笑うとアセチルコリンが分泌され、興奮を鎮めてくれます。
笑いと前向きな気持ちは、NK細胞がなんと6倍にも増えるそうです。
意味はなくても明るくゲラゲラ笑ってみるのも立派ながん療法です。明るい家庭づくりも重要です。