UA-80548599-1
塚本みづほ公式ブログ
Quality Pro オンラインショップ
お得な会員登録はこちらから
塚本みづほfacebook

新着情報

自分の直感を信じる・素早く実践

ガンの療法を決められない人
『すぐに効果があるか』『何%の人が良くなったのか』『効果があるなら試したい』

焦り結果を先に求める・数値にこだわる・駆け引きをする人は治らないことがほとんどです。
「自分がなおす」「覚悟をする」これがない限りいつまでたっても同じことを繰り返します。
考えれば考えるだけ、踏み出せなくなります。
悩めば悩むだけ、直感が鈍り何が正しいのかもわからなくなります。
自分の直感をどれだけ信じることが出来るか・・・これが別れ道です。
時間には限りがあり、1日はとても貴重な時間です。
自分を信じることが出来る人は素早く実践が出来ます。
癌は、頭で考えて治すものではなく、また他人が治すものでもありません。 
自分の直感を信じることが大切です。

癌の標準治療・がん自然療法・代替療法の違い

標準治療はしてきたけれど他は何もしていないと言われる方が多く、勿体ないと感じます。
再発転移のあげく、余命を宣告され、しかしたったひとつの情報で救われた人もたくさんいます。

出逢いをきっかけに自分が無知であったことに気付くと意識が変わります。
私もそのひとりで、プロポリスという健康食品との出逢いをきっかけに癌の法則を知りました。
同じ癌の標準治療と自然療法は真逆の考え方です。
標準治療はがん細胞を攻撃し、周りの細胞を死滅させ免疫を低下させてしまいます。
抗がん剤、放射線のつらい治療で髪の毛が抜け、やせ細り、体力も気力も失い亡くなっていった人を何人も見た私は癌治療への恐怖感と本当にこれで治るのだろうか・・・という疑問がありました。
だから免疫力を高め癌細胞を正常細胞に戻していく代替療法や自然療法が、自分の体を痛めることなく過ごせると知ったときは、自然治癒へ導くことが本来の姿だと思いました。
今まで癌の治療法について一生懸命調べてきたつもりでも、気付かないまま知らないまま過ごしていました。
意識の変化によってキーワードが変わり、私のように今までとは違う癌の療法が多くあることに気付き驚く人も少なくありません。
情報をキャッチしたら、自分の直感を働かせ、自分自身に責任をもって判断することが大切です。
自分を信じることで良い効果が生まれ、癌になる前より元気に楽しく生活している方や癌が自然退縮していく方もたくさんいらっしゃいます。
最も大切なことは、情報収集ではなく実践することです。実践することで体の声が聴こえ、自分に合った療法が見つかります。

健康食品で癌が治った?癌が消えた?自助努力が大事

自然療法は食事療法、運動療法、温熱療法を必死にすれば良いというわけではなく心も大切です。
治らない、治らないと嘆いていると治りません。
治らないのは自分に原因があるということをしっかりと見つめることが大切ですね。
食事療法に毎日励んできたけど、転移をしてしまった人・・・毎日笑ってますか?
がんを治すことだけが前に出てしまい、感謝して美味しく楽しく頂くということを忘れがちです。
どんなに完璧な食事をしても、毎日しかめっ面をしていては体に良い作用はしてくれません。

良い療法は心と体が喜ぶこと・信じたものを喜んで続けることが大切です。
また健康食品で癌が治った、温熱療法で癌が消えた、 ここに興味を持たれますが、癌を克服した人たちは決してこれだけで癌を治した訳ではないのです。
愚かな自分を見つめ、覚悟をもって自助努力に励んでいます。
目に見えるもの、目に見えないもの、生命の源、大自然との繋がりを大切にバランスのとれた生き方をすることも自然療法のひとつです。
そして、生きていること、今ここにいることに心から感謝をし、生き甲斐・喜びを見つけて生きることが大切ですね。

血液をキレイに・自分に合う療法・癌の原因・

自然療法のなかでも病気によってそれぞれ得意とする分野が違います。
癌が得意な療法、アレルギーが得意な療法、精神的病が得意な療法・・・
癌は温熱療法や食事療法(健康食品を含む)などが良い結果を出しているようです。
アレルギーや精神的病は、ホメオパシーが得意分野ではないでしょうか。
しかし人それぞれ自分に合う療法、合わない療法があります。
また癌であれば、癌になった原因によっても違うでしょう。
まずは癌になった原因を知ることからですね。
ストレス、体の冷え、食事の乱れ、睡眠不足、精神肉体的疲労、薬の依存
自分がなぜ癌になったのか考えたうえで療法を選ぶことも大切ですね。
どんな療法であれ、目的は血液をキレイにすること・血液がキレイにならない限り癌治りません。
薬で治まったように思っていても、薬で血液を汚してしまった以上、また癌は暴れ出します。
癌は、全身の汚れた血液を一ヶ所の集め、塊となってくれています。
手術で塊をとったとしても、空気や光に触れてしまったら血液は酸化します。
薬で塊を小さくしたとしても、薬は血液を最も汚す原因であり、細胞は酸化します。
血液が汚れれば、また汚れた血液は一ヶ所に集められ、癌という塊が出来るのです。
癌は、宿主が延命していくために出来た細胞だと安保先生も言われていますね。
知らないまま、多くの方が血液の汚れと癌とのいたちごっこをしているのです。
また大切なことは、療法選びではなく、即実行、地道な継続が出来るかどうかです。 ぶれない信念と今日の行動力で決まります。

がん三大療法・手術・放射線・抗がん剤

癌と言えば、手術、放射線、抗ガン剤といった三大療法が西洋医学では一般的です。
西洋医学の考え方は、癌細胞を切り取る、癌細胞を焼く、癌細胞を毒で制すという治療法です。

約100年前、当時医学会に神のごとく権威を持つドイツの病理学者ウイルヒョウの学説です。
「宿主が亡くなるまで癌細胞は増殖し続ける」
だから手術で体を開き細胞を切り取り、放射線で細胞を焼いてしまう、抗がん剤で細胞に毒を盛る・・・といった方法です。
しかし、がん細胞は自分の大切な細胞です。がん細胞を攻撃すると自分の体も攻撃しています。
血液をこれ以上汚さないよう自分での取り組みが重要です。

がん三大治療の是非・リンパ球の減少・感染症

癌の三大療法については是非がありますね。
良いと思うか、悪いと思うかは個人の自由ですが、是非自体を知らない人もたくさんいます。
なぜ、癌の三大療法には是非があるのでしょう・・・
癌は免疫力の低下、交感神経過剰で顆粒球の増加によって発症します。
手術、抗がん剤治療、放射線治療は、免疫を抑制してしまいます。
手術は、組織にメスをいれて傷つけ、光や空気に触れた臓器は一気に酸化してしまい、交感神経も激しく刺激され顆粒球が増加してしまいます。(癌の人は顆粒球過剰の人が多い)
抗がん剤は、癌細胞と同時に正常細胞をも殺すため、免疫細胞の減少によって免疫力が激減します。
そして顆粒球は過剰となり、リンパ球は抑制され、感染症を引き起こす危険性も高くなります。
癌の人は免疫が低い上にさらに感染症を引き起こしやすい環境をつくるのは癌以上に怖いことです。
放射線は、がん組織と同時にまわりの正常組織も死滅してしまいます。
そして極度な交感神経緊張状態となり、顆粒球が増加、リンパ球が抑制されます。
交感神経が緊張状態でガンになっている人が、さらに交感神経が緊張状態になると・・・
がんそのものが直接的な死因になっている人は、実は全体の2割、残りの8割の人は癌ではなく、抗ガン剤などの副作用から免疫低下による感染症で亡くなっていると、船瀬俊介氏は言われていますね。
きつい治療を繰り返すうちに体力が無くなり、通常なら免疫で払いのけることが出来るはずの菌に簡単に感染してしまい、肺炎などで命を落としてしまう。
抗がん剤で癌が小さくなっても、体力が無くなり命を落としたのでは何の意味もありません。
これらが三大療法の是非のところですね。
しかし、急性期には西洋医学は素晴らしい力を発揮します。すべてを否定するわけではなく、本当に必要なのか、そうでないのかをしっかり考えることが大事だということですね。
 癌は生活のなかで出来た慢性病です。 じっくりと生活の見直しをすることが大切です。