UA-80548599-1
塚本みづほ公式ブログ
Quality Pro オンラインショップ
お得な会員登録はこちらから
塚本みづほfacebook

新着情報

生姜湿布・血行促進・痛みの緩和・解毒・

生姜湿布は血行を良くし、痛みや解毒に有効といわれています。


【生姜湿布】
鍋に70~80℃のお湯を沸かします。お湯は沸騰させないように注意してください。
すりおろした生姜を木綿の袋に入れ、鍋に入れます。(新生姜は避ける)
同時に自然塩を大さじ1ほど一緒に入れます。
ゴム手袋をして生姜の入った袋を揉み、鍋のお湯が生姜の汁で濁ったらタオルを2~3枚入れます。 タオルが温まったら絞り、キレイにたたんで体にのせます。
タオルが冷めないよう、さらにバスタオルなどで覆い保温するといいでしょう。
タオルが冷めてきたら、鍋のなかの新しいタオルと交換します。 (使ったタオルは鍋に戻さない)
生姜のエキスが毛穴を開き、毒素を引き出すため痛みを取ります。
痛む部位は毒素が多く溜まり酸化しているので、血管や細胞組織は血流が悪くなっています。
毒素によって神経も圧迫され、痛みや炎症が起きやすくなります。 まずは、排泄機能である肝臓と腎臓を温めることをおススメします。

里芋湿布・がんの毒性を引き出す

里芋には、ガンの毒性を引き出してくれる作用があります。肝臓、腎臓を補益するといわれている里芋
里芋に含まれるムチンというヌメリの物質が、肝臓や腎臓の働きを助け、老化防止にも役立ちます。
これらの性質を利用したのが、里芋湿布です。生姜湿布と同様、里芋湿布は、ガンの毒だしにはとても良いとされています。

【里芋湿布】
里芋は、厚めに皮を剥きます。
皮を剥いた里芋をすりおろし、里芋に対して1割程度の生姜をすりおろして混ぜます。その中に、自然塩を少々入れ、混ぜ合わせます。
最後に、里芋と同じ分量の小麦粉を少しずつ加え、しっかりこねます。目安は、耳たぶの軟らかさです。
ガーゼなどの布の上に、混ぜた里芋を厚さ1センチくらいでのばします。
体に貼り付けた時に、里芋が広がってもいい様に、ガーゼの上下左右3センチはあけて、混ぜた里芋をおく方が良いですね。
あらかじめ、かぶれやすい人は、患部にゴマ油を塗っておきます。患部に、混ぜた里芋面を当てて貼り付けます。
この状態で4時間、里芋湿布の効果が保たれます。湿布が冷たく感じるようであれば、カイロを上に貼ると良いでしょう。
里芋湿布の前に、生姜湿布で血行を良くしてから行うのが基本です。

自然塩を使った塩麹・発酵食品

【塩麹】
①疲労回復(ビタミンB6など)②ストレス軽減(ギャバなどのアミノ酸)③乳酸菌による便秘解消 ④老化予防(活性酸素を中和作用)⑤美肌効果(活性酸素を抑えて、腸内環境も整える)

塩麹にはデンプンを分解する「アミラーゼ」、タンパク質を分解する「プロテアーゼ」、脂肪を分解する「リパーゼ」という三大消化酵素をはじめ、様々な酵素が豊富に含まれています。
これらの酵素は、人間の腸の中に入れば善玉菌を増やす整腸作用が働き、またアレルゲンをも分解する抗アレルギー作用も備わっています。
また食物繊維と同じような働きをするレジスタントプロテインと呼ばれる成分も含まれているため、解毒力が高く、食べ続けることで便通も改善されてきます。
塩麹は麹が発酵する過程で抽出されるポリフェノールが、身体のサビを取ってくれる「抗酸化作用」がアンチエイジングに効果的です。
塩麹は高温で調理するとせっかくの菌が死んでしまうので、出来るだけ生で使うことをおススメします。
市販されているほとんどは、加熱処理をされているため残念ながら菌が死んでいる可能性があるので、麹と自然塩で自分でつくるのが一番です。
麹に対して35%の自然塩を混ぜて容器に入れ麹が出ない程度の水を入れ、10~14日ほど常温で待つだけです。1日1回混ぜます。
発酵が完了したら冷蔵庫で保存します。
心と体にしみる塩(自然塩)はこちらから

梅の排毒効果・血流促進・便秘解消

食物・血液・水の三毒を断つと言われる梅干し
梅干しには、血液をサラサラにし、体内のエネルギー代謝を活発にして余分な脂肪を燃焼させるクエン酸が豊富に含まれています。
また固くなった筋肉をやわらかくし血流を改善する「ムメフラール」という物質が含まれています。
この「ムメフラール」は、梅干しを加熱することで梅干しの糖とクエン酸が化学変化を起こし発生することがわかっています。
血流を改善したい方は梅干しをフライパンで焼くなど調理をおススメします。
加熱した梅干しは体を温める効果と水の排出力が非常に高く水毒予防にも良いとされています。 
梅干しに含まれるクエン酸には腸壁を刺激する働きがあり、腸の蠕動運動活発化し便秘の解消にとても有用です。

生姜はちみつ湯・殺菌・抗酸化作用・解毒

【生姜はちみつ湯】

体にとっても優しい生姜はちみつ湯です。
生姜は消化機能を促進させ血流をよくし、体内の不要なものを排出してくれる解毒効果があります。
殺菌作用や抗酸化作用も優れているとされています。
生姜は皮を剥かず、丸ごとすりおろして使います。
生姜の皮と身の間には、ジンゲロンなど血液の流れを促進し、代謝を良くして体を温めてくれる有用成分がたくさん含まれています。
すりおろした生姜と強い殺菌作用の蜂蜜を使います。後はお湯を注ぐだけ。
蜂蜜は腸内環境を整えてくれる優れものです。
生姜とはちみつのダブルパワーで、体もポカポカ、お腹もスッキリです。

はちみつ番茶・体を温める・消化吸収・新陳代謝

【はちみつ番茶】

はちみつの強い殺菌力は、48時間で大腸菌も殺してしまうほどだそうです。
中国医学では、はちみつは腸炎や細菌性の下痢などに広く用いられています。
番茶にはちみつを混ぜた『はちみつ番茶』は弱った胃腸にはとても効果的な民間療法です。
また、番茶は緑茶などと違い、胃腸への負担がなく、毎日常飲できる理想的なお茶です。
番茶は身体を温め、消化吸収や新陳代謝にも良く、はちみつとの相性も抜群です。

※こちらはあくまでも一般的な情報でございまして療法等を指導するものでもございません。
療法等につきましてはご自身でご判断ください。