UA-80548599-1
塚本みづほ公式ブログ
Quality Pro オンラインショップ
お得な会員登録はこちらから
塚本みづほfacebook

新着情報

がん細胞アポトーシス(細胞死)・癌と共存

元気に生活している人でも、癌と共生している可能性はあります。

実は高齢者の半数以上の人は、自分が癌であることを知らずに、生涯を終えているそうです。
前立腺ガンに関しては、その可能性はもっと高いと言われています。    これは、高齢者に限らず、若い人であっても言えることでしょう。
どんな人でもがん細胞は毎日 数千個から数万個生まれています。
通常に免疫細胞が働いていれば、生まれてくるがん細胞をアポトーシス(細胞の自殺)に導くことができ健康に過ごせます。
しかし、ストレスや疲労などで免疫力が低下すると、ガン細胞が増え塊になってしまいます。
逆にしっかり栄養を摂り、体を休ませ、楽しく笑って過ごしていると、免疫力は高まり、がん細胞は消えていきます 。
気付かぬところでこの繰り返しをしているのです。
ガンは早期発見が大事といわれていますが、早く見つけることは良いのか、そうでないのか・・・
知らなければ、笑って元気に過ごすことで、がん細胞をアポトーシスに導いていることも多々あるでしょう。
知らぬが仏・・・ということです。
逆に知ってしまったために、恐怖や不安、ストレスで免疫を激減させてしまう人も少なくありません。
また、過剰な治療によって免疫を落とし、進行していく人もいます。
早くに気付いたことで、生き方の見直し、がんを自然退縮させた人もたくさんいます。 
がん細胞をアポトーシスに導くこちが、がんの根治療法です。

進行がん・末期がんの自然退縮

現代医療においては、進行がんの自然退縮などありえないと言われています。
しかし、実際には進行ガン、末期がんを自然退縮させた人は多くいます。
この方々は病院から離れた人が多いので、病院も把握できていない人たちであるからかもしれません。
どうやって、がんを自然退縮させたのか・・・

明るく前向きな思考をはじめ、食事を変える・体温を上げる・体を鍛えるなど生活において様々な努力をされています。  
がんを自然退縮した人は生き方を180度変えています。
副交感神経を優位にしリンパ球を上げ免疫を高め、自然治癒力を最大限活かすことで突如として癌が消失しています。 このように免疫が正常に働きだすまでには時間が必要であり、退縮にも一定の期間はかかります。
その間には、転移や腫瘍の増大、腫瘍マーカーの上昇などさまざまなことが起きるかもしれません。
このとき、自分を信じて持ちこたえることができるか・・・ ここで大きく道は分かれます。
がんは自分でなおしやすい病気です。
癌ができる仕組み、癌が治る仕組みをきちんと知れば、恐れることもないのです。   

癌の根本治療・代謝の活性化・【栄養・体温・心】

命の営み、命の根源といえる代謝
代謝が活性化されると免疫力が高まり体力が安定します。
代謝を活性化するには、栄養と体温、おおらかで前向きな心が必要です。 バランスの良い栄養を摂る、体を温め動かし、体温を上げる
そして一番大切なのは、前向きで明るく生きることです。
この3つが常に一体となり代謝活動を行います。
つまり、栄養、体温、心を健康にすることで免疫力は強化されます。
心が後ろ向きになり、自律神経が乱れると体温は下がります。
体温が下がると、食べたものを必要な栄養素に変換できなくなります。 栄養状態が悪いとさらに心は淀んでいきます。 常に栄養、体温、心は連動して生命活動をしているのです。
ガンの根本治療とは、代謝を活性化してがん細胞をアポトーシスに導き正常細胞に戻すことです。

自然治癒力によるがん自然退縮・がん克服の着眼点

ガンの自然治癒は誰でも起こり得るのか・・・
気になるところだと思います。
癌は発症をすれば、病院で治療を受けないない限り、なおることはないと思われていました。
しかし、そうでない人もたくさんいます。
末期ガンで余命宣告を受け、残された時間は多くないと知った途端、治療が嫌になり逃げるように病院を飛び出した人がいます。
それから8年の月日が経ち、今も普通に暮らしていらっしゃいます。
進行ガンと診断され、大きな塊であってもいつの間にか消えていたという人もいます。
これが癌の自然治癒や自然退縮といわれるものです。
なぜこのような現象が起きるのでしょう・・・
私たちの体内では毎日ガン細胞が発生しています。
ですが、免疫力が正常に働いている限り、ガン細胞はアポトーシス(細胞死)され、増殖する前に排除されているのが自然治癒力であり、治療などしなくても治っている現象です。癌になる前は、この現象を起こさせていたはずです。
ここに目を向けることが非常に重要ですね。
自分のからだのなかで、自然治癒を引き起こす状況をつくれば、癌が自然退縮することは有り得るのです。
つまり、がんという塊だけでなく免疫を高めるということに癌を克服した人の着眼点はあったのです。
がんを攻撃すれば、自分の免疫も低下します。 がんも自分の大切な細胞の一部です。
体を温めたり、健康食品を摂ったり、運動したりして免疫を上げることに取り組む
そして私たちのからだの治癒システムのスイッチを押すことが出来るのは、医者ではなく、自分自身の心なのです。