塚本みづほ公式ブログ
Quality Pro オンラインショップ
お得な会員登録はこちらから
塚本みづほfacebook

抗がん剤・放射線・がん手術・ホルモン療法をした人・体験者の声

乳がんステージⅡ・40代

乳がんステージⅡでみつかり、早期といわれすぐに全摘手術を受けました。転移はなかったのですが、念のため放射線治療受けました。
放射線治療が終わり3ヶ月ほどたったころ、検査でリンパ節への転移が見つかり、抗がん剤治療を開始
約6ヶ月後、今度は脳への転移がみつかりました。
早期がんだと思っていたのにどんどん進行し、このままでは骨や肺に転移するには時間の問題だと怖くなりました。

抗がん剤で体力の無くなっていくのも感じていたので、何かをしなくてはいけないと探していたところ、乳がんを克服した職場の人からプロポリス原液を教えて頂き、少し分けて頂きました。
飲んだ瞬間にとにかくすごい!と生命力が湧き上がるような感覚があり、すぐに飲むことを決めました。
プロポリス原液を飲みながらその後も抗がん剤治療を受け、脳の腫瘍は画像からは消滅、転移もなく過ごせています。
今はプロポリスがなくてはならない存在になっています。 研究所推奨・プロポリス 詳しくはこちらから

乳がんステージⅢ・40代

乳がんステージⅢで全摘手術を受け、リンパも取りました。
あの頃はリンパを取ることがどれだけ体に影響を与えるかも知らず、取り除いたから大丈夫だろうと思っていました。
その後 抗がん剤治療をしました。大きな副作用はなかったので想像していたよりも抗がん剤は怖くないもんだな~と思ったのを覚えています。
しかし半年後 検査をすると肝臓の数値が異常なほど高くなっていました。このまま抗がん剤を続けるのは危険だといわれたほど、そのときの肝臓の数値はとんでもなく、自分でもショックでがんより肝機能障害のほうが心配になりました。
そのとき友人から、プロポリスがいいと聞いて肝臓のために飲むことにしました。
今はホルモン療法をしていますが、肝機能も正常値になり白血球も上がりました。
リンパをとってから、白血球が一時はひどく下がり、がんが転移するのではないかと不安でした。
でも健康な人と変わらない生活が出来ています。 研究所推奨・プロポリス 詳しくはこちらから

卵巣がんステージⅢ・50代

卵巣がんステージⅢ 初めてした抗がん剤治療は壮絶な副作用でした。脱毛のあと激しい嘔吐に襲われ、気を失うようなめまいに呼吸困難でこのまま死ぬのではないかと思ったほどです。副作用に耐えたおかげでがんは消えたと喜んでいたのですが、1年後 再発
同時に肝臓への転移がみつかり、すぐにでも抗がん剤治療を開始しようと主治医からいわれました。
しかし最初の時の抗がん剤の苦しさが記憶にあり、怖くて返事が出来ませんでした。
そこで以前から気になっていたこちらにお電話をしてご相談をして、プロポリス液を飲むことにしました。
抗がん剤治療の前から飲みだし、抗がん剤治療で入院のときもプロポリスは持っていき、欠かさず飲みました。
治療中はずっと入院になるだろうと覚悟していたのですが、副作用も全くなく全くいつもと変わらず過ごせ、白血球の減少もほとんど見られなかったため退院となり、自宅で過ごすことが出来ました。
その後も抗がん剤治療は何度もしましたが、体調は本当に良く、寝込むことなども全くなく自分でも不思議なくらい元気です。
腫瘍マーカーも180から40まで下がっています。
病院の先生も、あなたは本当にすごいね!と驚かれています。
卵巣がんになって4年近くになりますが、あのとき本物のプロポリス液に出逢わなかったら今の私はありません。
心からありがたいと思っています。 研究所推奨・プロポリス 詳しくはこちらから

子宮頸がんステージⅢb・30代

尿が出にくいなどの症状があり、検査すると子宮頸がんステージⅢbといわれました。
がんが骨盤壁まで達し、尿管が押しつぶされている状態で、この大きさでの手術は出来ないといわれ、まずはがんを小さくするために抗がん剤と放射線の
同時化学放射線療法をすることになりました。
子宮頸がんは放射線治療の効果が期待できるといわれたので、すぐに治療を始めました。
しかし、放射線治療開始後まもなく激しい嘔吐と頭痛といった副作用に襲われ歩くことも、ひとりでトイレにいくことも出来ないほどでしたが、これでがんが小さくなるなら頑張ろうと思い、嘔吐と頭痛の薬を投与しながら治療を続けました。
なんとか放射線治療を終えたのですが半月ほどしたころから強い貧血になり後遺症に悩まされました。
背骨や骨盤に照射したせいで幹細胞は破壊され白血球、血小板が急激に減少しだしたのです。
今までにない体のだるさでベットから起き上がれない日もあり、このまま治療を続ければ死んでしまうのではないかと心配した家族が
いろいろと調べ、濃度の高いプロポリスを飲むことを薦めてくれました。
あまりにもしんどかったので私も藁にも縋る思いで飲みました。
もうあの頃は、がんの大きさがどうこういうレベルではなく、命の危険を感じていましたから必死でした。
おかげさまで日に日に楽になり、抗がん剤治療が受けれるまでになりました。
がんも小さくなり、手術も受けることが出来ました。
その後もプロポリスだけはずっと飲み続け、今はあのとき溜めてしまった毒素を一生懸命出しています。
再発転移をさせない体づくりを毎日 心がけています。
プロポリスに救われ本当に感謝をしています。
 
研究所推奨・プロポリス 詳しくはこちらから

大腸がんステージⅣ・40代

検診で大腸がんがみつかりました。
見つかったときにはステージⅣといわれ覚悟はしました。
治療が始まるまでは体は元気だったので手術でこんなにも体力が低下するとは思ってもいませんでした。
手術後、2ヶ月で肝臓に転移が見つかりすぐに入院して抗がん剤治療が始まろうかとしたとき、同じ病状で同じ治療をしていた同室の人が抗がん治療直後に血圧低下、呼吸障害が起き、ショック状態になったのを目の当たりにしてしまい怖くなりました。
抗がん剤治療の直前で、すぐにプロポリスを飲むことを始め、病室で毎日飲みました。
ありがたいことに、少し胃がむかむかしたくらいでほとんど副作用もなく、抗がん剤治療もすべて終了しました。
がんも画像にうつるものは無くなり、今はがんになる前より健康に過ごせています。
プロポリスを飲まなかったらあのとき私はどうなっていたのでしょう。
運の良いと自分でも思います。  研究所推奨・プロポリス 詳しくはこちらから


がんを治す生き方を・・・お問い合わせを・・・☎0849251271

※こちらは医療を否定するものではございません。
※個人の体験であり効果を保証するものではありません。
※このページの内容は私個人やがんを克服された方の体験、情報、一般論であり、指導等ではございません。
※指導、診断は一切行っておりませんので、療法等につきましては、ご自身の責任でお選び下さい。

皆様のご健康とお幸せを心からお祈り申し上げます