UA-80548599-1
塚本みづほ公式ブログ
Quality Pro オンラインショップ
お得な会員登録はこちらから
塚本みづほfacebook

新着情報

酸素で癌細胞を抑制・排毒・血液の循環

私たちは酸素を充溢させることで、細胞を元気に保ち、健康に過ごすことが出来ます。
思考をつかさどっている脳は、他の細胞の7倍も酸素を必要とします。
酸素が足りていないと脳の機能が低下します。

これは思考力が低下するだけでなく、全身の様々な器官の機能や活動に必要なホルモンの分泌が低下してしまうこととなり、様々な病気を引き起こすことにもなります。
また、体の重要な器官である肝臓も酸素で活性化します。
酸素の供給によって血液の循環が良くなり、栄養の変換や毒素の排出などがスムーズに行われるようになります。
全身にまんべんなく酸素が行き渡らず、慢性的な酸素不足が起きることによって癌がつくられていきます。
しかし、細胞に継続的に酸素を供給すれば、正常細胞の免疫が強くなり癌細胞を抑制することが出来るのです。

想念が現実化する・癌が治ったと念ずる

想念を実現するには強い思いと強くイメージすることが条件です。
強く強く純粋に念ずること
太陽の光を虫眼鏡のレンズを通し集め、黒紙の一点を焼くようなイメージです。
思い描くもの一点に、光を集めるのです。

そして、すでに成就している様子をイメージします。
想念が現実化するのは、思いが強いか弱いかだけです。
負の想念やマイナスもその念が強ければ叶ってしまうのです。
つまり良くも悪くも強く思い念じたことが現実化するのです。

腹式呼吸で生命力アップ・自律神経を整える

落ち着いたゆっくりとした呼吸で心と体を癒していきます。
そして腹式呼吸をすることでしっかりと全身に酸素が行き渡り血流がよくなります。
赤ちゃんは酸素を奥深くまで取り入れる腹式呼吸を無意識にしています。
しかし私たちは成長するに従い、鼻や口先を使うようになり、生命体にとって不自然な
呼吸をしています。
腹式呼吸が生命の原理であり最も理にかなった呼吸法といえるでしょう。

  • 丹田に落とし込む感覚で鼻から静かに息を吸い込みます。
  • 丹田を意識して肛門を締め、数秒間息を止めます。
  • 吸うときの数倍の時間をかけて、丹田を緩めながら息を静かに吐き出します。
  • 悪いものを吐き出すイメージです。
大切なことは、感謝して行うこと、また思いを強く念ずること
吸いこむときはお腹が膨らみ、交感神経優位になり、吐きだすときはお腹がへこみ、副交感神経優位になります。
この繰り返しで自律神経のバランスを整えていきます。
この時の脳のアルファー波状態(心地よい気分)が豊かさと愛に満ちたエネルギーをしっかりと受け取ることが出来、本来持つ自分の力を発揮できるのです。