がんの痛み・あきらめない!

※スマートフォンの方は・・・画面右上に四角で囲んだ3本線がございます。そちらをクリックして頂くとページ一覧が表示されます。

民間療法で痛みの元を断つ

がんの苦悩といえば、痛みです。とてもつらい、壮絶な痛みといわれます。
統計的には、抗がん剤などの治療をしてきた人の方が、激しい痛みに苦しまれているようです。
あまりの痛みにくいしばる歯が折れてしまうこともあるようで、モルヒネという強い鎮痛、鎮静作用のある薬が使われます。
痛みは強い薬で一時的に緩和されますが、依存性の強い麻薬管理下の薬であるモルヒネはやがて効かなくなり量や回数が必要となってしまいます。そして、強い鎮静作用をもつモルヒネは、もうろう状態や意識がうすれるなどの副作用があり、その他に呼吸抑制、強い不安感、不眠、幻覚、吐き気、薬が切れるとイライラする、などの症状があらわれます。
モルヒネでもっとも多いのは強い便秘症状であり腸の機能を抑制してしまうのです。
腸の機能が失われてしまうと生命力も低下していきます。だからモルヒネだけは使いたくないといわれる人もたくさんいます。
がんであっても話したり、食事をしたり、普通に過ごしたいと誰もが思います。
そして笑い、喜び、泣き、人を想い、生かされていることを感じて生きていたい・・・と願い、がんの痛みに効く健康食品がんのつらい症状に効く民間療法を探されています。
モルヒネ以外の薬も同じです。薬は依存性、耐性をもちます。
病院から見放され、モルヒネを恐れ、末期になってプロポリスなどの民間療法に救いを求める人は少なくありません。

痛みを抑えることと引き換えに、日常の生活、そして心までもが奪われてしまうのは悲しすぎませんか?
自分の体は自分で守ることに気付き、1日でも早い対策をおススメします。
がんの痛みを取り除くことは、闘病意欲を高めることに繋がります。

痛みを解決するには、痛みの元を断つこと
痛みの原因・痛みの根っこに働きかけるプロポリスは古くから多くの人に愛されています。


【痛みの原因を断つ】


溜まった毒素を体外へ排出

★低下した免疫・NK細胞を活性化

★増えた活性酸素を除去


※がん自然療法 体験談は こちらから


痛みの原因に働きかける こちらから


【生姜湿布・血行促進・痛みの緩和】その前にプロポリスを

生姜湿布は血行を良くし、痛みや解毒に有効といわれています。


【生姜湿布】 
鍋に70~80℃のお湯を沸かします。お湯は沸騰させないように注意してください。
すりおろした生姜を木綿の袋に入れ、鍋に入れます。(新生姜は避ける)
同時に自然塩を大さじ1ほど一緒に入れます。
ゴム手袋をして生姜の入った袋を揉み、鍋のお湯が生姜の汁で濁ったらタオルを2~3枚入れます。 タオルが温まったら絞り、キレイにたたんで体にのせます。
タオルが冷めないよう、さらにバスタオルなどで覆い保温するといいでしょう。 
タオルが冷めてきたら、鍋のなかの新しいタオルと交換します。 (使ったタオルは鍋に戻さない)
生姜のエキスが毛穴を開き、毒素を引き出すため痛みを取ります。 
痛む部位は毒素が多く溜まり酸化しているので、血管や細胞組織は血流が悪くなっています。 
毒素によって神経も圧迫され、痛みや炎症が起きやすくなります。 
まずは、排泄機能である肝臓と腎臓を温めることをおススメします。

【里芋パスタ・排毒】その前にプロポリスを

里芋には、ガンの毒性を引き出してくれる作用があります。肝臓、腎臓を補益するといわれている里芋
肝臓や腎臓の働きを助け、老化防止にも役立ちます。
これらの性質を利用したのが、里芋湿布です。生姜湿布と同様、里芋湿布は、ガンの毒だしにはとても良いとされています。

【里芋パスタ(湿布)】
里芋は、厚めに皮を剥きます。
皮を剥いた里芋をすりおろし、里芋に対して1割程度の生姜をすりおろして混ぜます。
その中に、自然塩を少々入れ、混ぜ合わせます。
最後に、里芋と同じ分量の小麦粉を少しずつ加え、しっかりこねます。目安は、耳たぶの軟らかさです。
ガーゼなどの布の上に、混ぜた里芋を厚さ1センチくらいでのばします。
体に貼り付けた時に、里芋が広がってもいい様に、ガーゼの上下左右3センチはあけて、混ぜた里芋をおく方が良いですね。
あらかじめ、かぶれやすい人は、患部にゴマ油を塗っておきます。患部に、混ぜた里芋面を当てて貼り付けます。
この状態で4時間、里芋湿布の効果が保たれます。湿布が冷たく感じるようであれば、カイロを上に貼ると良いでしょう。
里芋パスタの前に、生姜湿布で血行を良くしてから行うのが基本です。

プロポリスの活用方法はお問い合わせください

※おススメのプロポリス こちらから

※医療を否定したものではございません。
※このページの内容は私個人やがんを克服された方の体験、情報、一般論であり効果を保証するものではございません。
※また個人へのお電話、メールでのお問い合わせへの回答に関しても、一般論であり個人に向けた指導、診断内容ではございません。
※指導、診断は一切行っておりませんので、療法等につきましては、ご自身の責任でお選び下さい。