UA-80548599-1
塚本みづほ公式ブログ
Quality Pro オンラインショップ
お得な会員登録はこちらから
塚本みづほfacebook

新着情報

新医学宣言に専門家協賛しています

~新医学宣言内容より抜粋~  船瀬俊介氏

私たちは、人を脅かす医療でなく、人を活す医療を求めます。
患者も医療関係者も政府も全ての人々が手をとりあい、新しい医療の夜明けを目指すときです。この 『新医学宣言』 を自然療法復活の分水嶺として、全国に広げようではありませんか!

その発端は、7年前、私(船瀬俊介)と安保徹先生(当時、新潟大学医学部 教授)と韓国の奇 俊成(キ ジョンソン)先生との出会いの鼎談(ていだん)がきっかけです。それは 『ガンは治る、ガンは治せる』 (花伝社)として発刊されました。安保先生は、世界的な免疫理論の権威、奇 俊成先生は、韓国では何万人ものガン患者を食事療法などの替療法で治してこられた方です。このとき、奇先生から 「腐敗した“欠陥”医療の現代医療を根底から変える、新しい未来の
“活人”医療を提案しなければならない」 ――と、熱意を込めて、説得されました。この考えには、
安保徹先生も大賛成でした。そこで、私が私淑(ししゅく)している森下敬一博士(国際自然医学会、会長)に相談したところ、大いに賛同してくださいました。

そのような経緯で私が 「新医学宣言」 の原文を起草し、安保、奇、両先生のご意見を入れて、最後に森下先生に監修をいただくことになりました。
こうして世に呼びかけたのが 「新医学宣言」 です。

それは2011年8月10日発行された 『新がん革命』 (ヒカルランド)に掲載されました。
この本も安保、奇、船瀬の3名による鼎談です。

“活人”医療の 「新医学」 への道とは、次の10項目

~新医学宣言内容より抜粋~  船瀬俊介氏

(1)「自然治癒力」 を最重視する。(大自然の力を解明し活かす)

(2)「食」 「心」 「からだ」から治す。 (圧殺した 伝統4流派の復活)

(3)「自然療法」 の最大利用を!(食事、運動、汚染、転地など)

(4)「精神神経免疫学」 の評価。(「心理療法」の確立、応用)

(5)「笑いの療法」 の積極応用。(驚嘆の効用を現場で活かす)

(6)「氣の療法」 理論の再評価。(気功、鍼灸、指圧等を活用)

(7)「整体療法」 「運動療法」 等。(呼吸法、ヨガ体操、瞑想など)

(8)「建築医学」 など環境医学を。(環境と健康は不可分である)

(9) 広範な 「代替療法」 の検証。(民間伝承は体験科学の蓄積)

(10)「新医学行政」 確立を目指す。(予防医学、成功報酬の重視)

(2)圧殺した ※伝統4流派とは ――

ホメオパシー (同種療法)
ナチュロパシー(自然療法)
オステオパシー(整体療法)
サイコパシー (心理療法)

のことです。

このように医療が 「新医学」 に変われば、人類は本当に救われるでしょう。

人々が生まれながらの天分を思う存分に花開かせ、健康で幸福に生きて、天寿をまっとうできる!
そんな未来を共に創って行きましょう!