余命1週間・生存率ゼロ%でも生きる人

※スマートフォンの方は・・・画面右上に四角で囲んだ3本線がございます。そちらをクリックして頂くとページ一覧が表示されます。

現代医学を超えた力・自然治癒力にスイッチを入れる

末期がんと言われれたら「あとどれくらい生きれるのだろうか・・・」「家族と過ごせる時間はあとどのくらい残されているのだろうか・・・」と誰しもが考えることではないでしょうか。

現在は患者さんやご家族の意向と関係なく、ある日突然、医師の方から命の期限を告げられることは珍しくありません。

余命を告げられた人の多くは生きる力や希望を失い、脳は聞いた言葉を覚え、宣告通りに人生を終わらせようとします。

日本人にとって医師からの言葉は絶対的であり、生命力が衰えるほどその影響は大きいのです。

しかし、人の命など誰にもわかりません。
その証拠に余命1週間と告げられた人が、3年以上元気に生きています。

打つ手がないと病院で告げられた人が、5年経った今、普通に働いています。
末期がんで1年生存率ゼロ%と告げられた人が、がんを克服し10年以上生きています。

統計や数字通りにいかないのが人の生命、人生であり、意外にも病院から見放された人ほど元気になっている傾向があります。

末期がんからの生還も奇跡とはいえなくなるほど、治っている人は多いのです。

人の生命には計り知れない力があり、現代医学の常識を超えたことが起きているのはまぎれもない事実です。

統計や人の言葉より、自分の自然治癒力に目を向けることが大切と思います。

自然治癒力にスイッチを入れるのは自分


血液の汚れや細胞の酸化で自然治癒力が低下し、がんがつくられます。
治療でがんが縮小しても血液が汚れれば、また がんは暴れ出します。 これが再発転移・がん細胞の増大です。

敗血症から身を守るため、汚れた血液を一ヶ所に集めたものが、がん。血液が汚れれば、またがんという塊をつくるのです。
がんは、宿主が延命していくための細胞だと安保先生がいわれたように意味があって出来ています。
しかし知らないまま、多くの人が血液の汚れ(毒素)とがん治療のいたちごっこをしているのです。


【がんの原因・血液の汚れ】

♠抗がん剤➡毒素が溜まる➡ 血液を汚す

♠放射線➡活性酸素増大➡血液を汚す

♠手術➡内臓が空気や光に触れ細胞が酸化➡血液を汚す


【自然治癒力を上げる対策】

溜まった毒素を体外へ排出

★低下した免疫・NK細胞を活性化

★増えた活性酸素を除去


※つらい痛みに悩む こちらから


がん自然退縮への体づくり

余命を宣告されたにも関わらず、たったひとつの情報で救われた人はたくさんいます。
病院から見放されたがん末期の人が、その後に出逢った民間療法によってがんを克服した例はたくさんいます。
私もそのひとりであり、プロポリスとの出逢いをきっかけに、がんを治すにはがんが治る生き方があることを知りました。
同じがんであっても、標準治療(がん三大療法)と、代替療法・自然療法とでは考え方は真逆です。
がん細胞を攻撃する標準治療は、がん細胞と同時に周りの細胞を死滅させ免疫を低下させます。
一方、がん細胞を正常細胞に戻していく自然療法は、免疫力を高め生命力を蘇らせることに力を注ぎます。

一時的ながん細胞の死滅ではなく、がん細胞を退縮に導く体をつくることが本来のがん治しの姿ではないかと感じます。

意識の変化によって、私のように今までの常識とは違う療法があることに気付き驚く人も少なくありません。
情報をキャッチしたら、自分の直感を働かせ、自分の命は自分が責任をもち決めることが大切です。
自分を信じることで良い効果が生まれ、がんになる前より元気に楽しく生活している人はたくさんいます。 

余命宣告から生還した人は、ある日突然消えた・・・といわれる人がほとんどで、奇跡のように感じますが、実は多くが必然的に起きた現象なのです。すべての条件が揃ったとき、状況は好転します。こつこつ続けてきたからこそ起きる現象なのです。
「自分がなおす」「覚悟をする」末期がんから生還した人は腹をくくっています。
悩めば悩むだけ直感が鈍り、考えれば考えるだけ、踏み出せなくなります
自分の直感をどれだけ信じることが出来るか・・・これが別れ道です。
時間には限りがあり、1日はとても貴重な時間です。
がんは頭で考えて治すものではなく、また他人が治すものではない。自分しか治せる人はいないのです。
新たな価値観が構築されたとき、がんが消える条件が整っていくのだと経験者はいいます。


※がん治療の体験談は こちらから  

※がん自然療法の体験談は こちらから


余命宣告から生還した人・末期がんを克服した人の生き方

自然治癒力にスイッチを入れるために、んを克服した人たちは生き方を変えています。

  • 食を見直す(糖、動物性食品、添加物、農薬を避ける)
  • 体温を上げる(体温36.8℃・深部体温37.2℃)
  • 運動で筋肉をつける(血流を促し下半身から解毒)
  • 早寝早起き(就寝中にがん細胞修復)
  • 総合健康食品を使う(自然の力を借りる)
  • 明るく前向き(自律神経を整える・自分で治す意識をもつ)
  • すべてに感謝(がんに感謝・価値観・発想を変える)
  • 信念を持ち執着を捨てる(ぶれない・とらわれない)
  • 薬に頼らない(自己治癒力を高める)

自然治癒力を高める環境をつくる・悩む前にまずはお問い合わせください

※このページの内容は私個人やがんを克服された方の体験、情報、一般論であり、効果を保証するものではございません。
※指導、診断は一切行っておりませんので、療法等につきましては、ご自身の責任でお選び下さい。
がん三大療法だけに頼らない・トップページはこちら