お気軽にお問い合せください。

084-925-1271

会社

情報

がんをつくる原因とは

 がんは血液の汚れから出来た塊

がんは血液の汚れ

私たちの体は60兆個もの細胞から出来ています。
 その種類は260種ともいわれ、これらの様々な細胞が結合して人間の体をつくりあげています。

この細胞にはそれぞれに寿命があり、消化管上皮細胞のように1日で新しい細胞に入れ替わっているものもあります。

また骨の細胞は寿命が長く、入れ替わりに3年~10年ともいわれます。

120日で新しく入れ替わる赤血球は、毎日 脾臓や肝臓で処理され、同じ量の赤血球を骨髄でつくっています。

このように私たちの知らないところで、細胞はどんどん処理され、新しくつくられています。

このような生命の営みや働きを代謝といい、再生する能力を自然治癒力といいます。

この活動が弱まったとき、自然治癒力が低下し、がんが出来ます。

血液を汚す生き方は、体を酸化させ、細胞ががん化します。
人間が本来持つ自然治癒力を低下させてしまうも血液の汚れです。
血液の汚れは、体内にどんどん毒素を溜めてしまうのです。
血液を汚してしまう原因を取り除くことが大事です。

 

●甘いものを食べ過ぎてないか
●動物性の食品を摂り過ぎれいないか
●添加物や農薬が入り過ぎていないか

●おなかいっぱい食べ過ぎていないか
●冷たいものを飲んだり食べたりしていないか

●体が冷えていないか
●運動不足になっていないか
●筋肉不足になっていないか
●寝不足になっていないか

●夜型生活になっていないか
●薬を飲み過ぎていないか

 

そして、ストレスを抱えていませんか?

 

血液が汚れた原因を取り除くために食事を見直したり、体を温めたり、運動をしたり、ストレスの緩和をします。
これが原因療法といわれるもので、根っこからなおしていきます。
そして、これらの原因で体内に溜めてしまった毒素をいち早く排出することがポイントになってきます。
気付いたら、出す
がんは毒素の塊です。
これ以上大きくならないように、まずは溜まった毒素を出すことです。

 

私の支えとなったプロポリス

ご覧ください

お気軽にお問い合せください。

084-925-1271

※本文は医療批判ではございません。

※このサイトは私個人やがん克服者の体験や情報、一般論であり指導等ではございません。

※お電話、メールでのお返事等も一般論であり個指導、診断内容ではございません。

※指導、診断は一切行っておりません。療法等はご自身の責任でお選び下さい。

TOP