お気軽にお問い合せください。

084-925-1271

会社

情報

がん克服者が共通する改善点

がんをなおした人たちは生き方を変えています

目的は血液をキレイにすること

細胞分裂を抑制する生活

がんをなおしには、発想の転換と新たな価値観の構築が必要です。


がんを克服した人のライフスタイル革命の共通点

・食を見直す  (野菜が基本・添加物は入れない)
・体を温める  (体温を上げる)
 ・体を動かす  (血流をよくする)
 ・健康食品を使う(活性化)
 ・心の持ち方を変え、全てを前向きに
 ・直感を信じ自分に責任を持ち黙々と実践
 ・全てに感謝し、今を楽しんで生きる
 ・早寝早起き 朝陽を浴び、そして拝む

がんをなおした人たちは、これらを基本に自分にあった療法を入れながら生活の改善に努めています。

食事療法(健康食品を含む)や温熱療法、そして自分と向き合うことで良い結果を出した人はたくさんいます。

ストレス、食事の乱れ、体の冷え、睡眠不足、精神的疲労、肉体的疲労、薬の依存・・・

自分は何が原因でがんになったのかを考え、改善点や療法を選択することは大切です。

生命は、栄養、体温、心で成り立っています。

一見、薬で癌が治ったようにみえても、半年後、1年後、2年後、がんが再発することは少なくありません。

血液がキレイにならない限り、がんは根っこからなおらないのです。


 全身の汚れた血液を一ヶ所の集め、塊となってくれたものが、がんだとしたら・・・

生活の乱れ、ストレス、薬などで血液が汚れれば、また汚れた血液は一ヶ所に集められ、がんという塊になります。

多くの人が血液の汚れと、がんのいたちごっこをしている状態です。

がんは宿主が延命していくために出来た細胞

血液をキレイにすれば、がんの役目は終わるのです。

 

がんが出来た本当の意味を知った人は、血液をキレイにすることに努めています。

再発転移を防ぐためにも、人任せ、病院任せではなく、自分がなおす意識と努力が必要です。

私たちの体は、エネルギーを作るための2つのシステムを使い分けています。
この2つのシステムは、年齢、生き方によってどちらを使うかが決まってきます。

●解糖系
酸素を必要とせず低体温でも糖質から素早くエネルギーを作り出します。
しっかり食べて活力を確保し、成長期の子どもは、解糖系が優位になっています。
瞬発力と細胞の分裂が活発なのが特徴です。

 

●ミトコンドリア系
酸素と体温を必要とし、深部体温37.5℃で効率よくエネルギーを作り出します。
分裂抑制遺伝子を働かせ、成長をとめます。持久力に適しています。
ミトコンドリア系は、細胞分裂を抑制するのが特徴です。


お母さんのお腹の中にいる胎児は解糖系を優位に働かせ、細胞分裂と増殖を繰り返し成長します。
そして、生まれて酸素を取り入れるようになるとミトコンドリアが増えてきます。
成人に近づくにつれミトコンドリアが増え、細胞分裂の抑制が働き成長がストップします。
この2つがバランスを取りながら私達は生きています。
そして年齢と共に細胞分裂をする瞬発力派の解糖系から、細胞分裂を抑制する持久力派のミトコンドリア系優位に移行していきます。
40代~50歳を目途に、スムーズに移行することで健康が保たれます。
しかし歳をとっても若い時と変わらない生活をしていると解糖系のシステムが優位のままとなります。
加齢と共にがんを発症する確率が上がっていくため、解糖系優位な状態は、出来てしまったがん細胞をどんどん分裂してしまうのです。
がん発症を防ぐには、細胞分裂を抑制するミトコンドリア系を優位にすることが重要です。
がん細胞のなかは、ミトコンドリアの機能が低下していることがわかっています。
ミトコンドリア系のシステムを優位にするには、食べ過ぎないことです。
そして、優位にしたミトコンドリア系をしっかりと働かせる必要があります。

それには37℃以上の深部体温(内臓の温度)と、酸素が必須となります。
がん細胞の分裂を抑えるためにも、まずは解糖系から脱し、ミトコンドリア系の体づくりをすることです。

お気軽にお問い合せください。

084-925-1271

※本文は医療批判ではございません。

※このサイトは私個人やがん克服者の体験や情報、一般論であり指導等ではございません。

※お電話、メールでのお返事等も一般論であり個指導、診断内容ではございません。

※指導、診断は一切行っておりません。療法等はご自身の責任でお選び下さい。

TOP