お気軽にお問い合せください。

084-925-1271

会社

情報

抗がん剤・放射線・手術の悩み

がんの治療法は基本的に「薬物(化学)療法」「放射線療法」「手術療法」の3種類があり、これらを三大療法といいます。
「薬物(化学)療法」とは、抗がん剤、ホルモン剤などの薬品をつかった治療です。
がん告知を受ければ、日本ではほとんどの人がこれらの治療をすすめられます。
がんの種類、ステージによってこれらの治療を組み合わせ行います。

しかし、実際にはこれらの治療による副作用や後遺症に悩み苦しむ人がとても多く、近年では三大療法を選択しない人も増えています。

●抗がん剤をするか悩む

●抗がん剤の副作用が怖い
●抗がん剤に体が持つか心配
●抗がん剤の毒素が排出できるか不安
●とにかく抗がん剤が怖い
●放射線をするか悩む
●放射線の後遺症が怖い
●放射線に体が持つか心配
●放射線が排出できるか不安
●とにかく放射線が怖い
●手術をするか悩む
●手術後の後遺症が不安

●手術後の機能低下が心配
●とにかく手術が怖い
●乳房や子宮の全摘後の喪失感が怖い
●臓器摘出後の体調不良
●治療の副作用で治療が怖くなった
●再発転移を繰り返しい嫌になった

●免疫力の低下が心配
●感染症を繰り返す

抗がん剤、放射線、手術にも長所と短所があることを知る
治療を病院任せにせず、自分で対策をすることが大事です。

がん三大療法とは

 

私の支えとなったプロポリス

ご覧ください

お気軽にお問い合せください。

084-925-1271

※本文は医療批判ではございません。

※このサイトは私個人やがん克服者の体験や情報、一般論であり指導等ではございません。

※お電話、メールでのお返事等も一般論であり個指導、診断内容ではございません。

※指導、診断は一切行っておりません。療法等はご自身の責任でお選び下さい。

TOP