お気軽にお問い合せください。

084-925-1271

会社

情報

プロポリスとの出逢い

私を救ってくれたプロポリス

光と勇気を与えてくれたプロポリス

からだの変化と気付きをくれたプロポリス

私は『プロポリス』によって救われました。

あのときプロポリスに出逢っていなければ、今の私はありません。

 

 

突然のがん宣告
幼い子どもを抱え、どうすることも出来ず途方に暮れ、ただただ死への恐怖におびえ、泣いていた日々でした。
恐怖と不安で絶望的になっていた私
何をしていても涙が流れ、ときには生きることがしんどいと感じるようになっていました。
そんな私を何とか助けたいという思いで必死だった家族
家族には本当につらい思いをさせてしまったのです。
そんななか、夫が私に渡してくれたのがプロポリスだったのです。

プロポリスというものを初めてみたのがあの日です。
このプロポリスが私の体と心を大きく変えてくれたのです。

さっそく手に取りプロポリス原液の蓋を開けてみると、どこか懐かしい香りがしたことを今でもよく覚えてます。
そして、すぐに口のなかに入れてみたところ、あの香りからは想像も出来ないような衝撃を覚えました。

何かがまっすぐに私のなかに落ち、そして全身にわっと広がる感覚
細胞に響き渡る感覚は、今まで経験したことのないものでした。
同時に、全身が一気に熱くなるという体感は今でも忘れられません。「これだ!これしかない!」「これで絶対大丈夫!」
絶望的だった私のなかに光が見えたのです。
限られた時間、生かされているこの時間
「何もしない1日は勿体ない、精一杯 感謝して生きよう」
そんな気持ちを持たせてくれ、勇気を与えてくれたのが家族とプロポリスだったのです。
私はその日からプロポリスを飲むようになりました。

プロポリスを飲み始めて間もなく、体に変化を感じるようになりました。

変化を感じた私は、せっかくこんな素晴らしいプロポリスと出逢えたのだから、この有用成分をしっかりと活かしていきたいと思いようになり、プロポリスについて勉強するようになりました。
そこで知った自然界の仕組みや法則、そして昔の人の知恵には本当に驚かされました。

このことによって、多くのことに気付かされ、私の生き方が変わったのです。

取り組むきっかけを与えてくれたプロポリスに、私は心から感謝をしています。

 

私を救ってくれたプロポリス
このプロポリスが私と同じように悩む方々の光となりますことを願ってます。

 

私たちの命は自然界の働きによって生かされています。

それを無視して、不自然な生き方をしてきたために、がんという病気をつくってしまったことに気付きました。
気付かなければ、病気をなおすことは出来なかったと思っています。

 

当時の私は、病気になれば当たり前に薬を飲み、家族が具合悪くなれば、当たり前に病院に頼っていました。
どれもが一時しのぎで過ごしてきたために、出来てしまったがん
がんになった原因を残したまま、がんをなおすことは出来ないことに気付いたのです。
そして、がんも再発をさせないためにも、根っこから体を変えることが必要だと痛感しました。

そこに力を貸してくれたプロポリスには本当に感謝をしています。

 

働き続けてくれている体

心臓も肺も胃も血管も、休むこともなく働き続けてくれています。

生まれたときからずっと一緒にいる体
どんなときも寄り添ってくれているこの体

大切な大切な体です。
だから私は、元気になった今もプロポリスを愛し、体の声を聴く努力を続けていきます。

 

プロポリスとは、ハチが樹液と自らの酵素(唾液)を混ぜ合わせつくった物質です。
命を守るためにつくられるプロポリス

 

大自然の恩恵を受けエネルギー溢れるプロポリスに支えられ、私は生きています。

感謝です。

お気軽にお問い合せください。

084-925-1271

※本文は医療批判ではございません。

※このサイトは私個人やがん克服者の体験や情報、一般論であり指導等ではございません。

※お電話、メールでのお返事等も一般論であり個指導、診断内容ではございません。

※指導、診断は一切行っておりません。療法等はご自身の責任でお選び下さい。

TOP