お気軽にお問い合せください。

084-925-1271

会社

情報

 

私の支えとなったプロポリス

ご覧ください

共通するがんの悩み

再発転移をさせないのは自分

現代医学の常識を超えた人たち

がんの痛みを楽に・・・

がんの最も多い悩みといえば、再発転移です。
 繰り返し起きる再発や転移に、不安な日々を過ごしている人は少なくありません。
 なぜ再発するのか、なぜ転移するのかを知ることは重要であり、また再発転移させない体づくりが必要です。

がんは慢性病
 生活のなかに何かしらの原因があってがんは出来ています。

がんは単なる臓器の病変ではなく、からだ全体の病です。

がんは体の弱い場所、冷えた場所に出来ます。

しかし、がんが出来るということは、肝臓、腎臓、膵臓、消化器官・・・主要臓器や器官どころか、からだ全体が弱っていると考えます。

だから腫瘍だけを見ていると、また同じことが起きてしまうのです。

からだは全て繋がっています。

がんも体と繋がっています。
 からだ全体の働きを高めていくことが、再発転移を遠ざけることへと繋がります。

 

がんは肝臓、腎臓(毒素の排出器官)や、リンパ系(免疫器官)の働きが低下し、さまざまな器官に問題が生じた結果、出来たものです。

そして、その毒素の排出機能や免疫器官が弱まった原因があります。
 がんは原因を取り除くことが重要であり、その原因を取り除くのは自分であることを自覚することが大切です。
 再発転移を防ぐのは、自分自身です。

末期がん、余命宣告を受けた人のがんがある日突然消える
常識では考えられないことだといわれます。
しかし、実際にがんが自然退縮をした人はたくさんいます。
だから常識というものに捉われる必要は全くないのです。
余命宣告から生還した人達をみると、がんの自然退縮は奇跡でも偶然でもなく、必然であることを強く感じます。

常識を捨てる、固定観念を捨てることの重要性をみせてくれた人たちです。
 末期がん、余命宣告から生還した人達はどう生きたのか・・・

がんの痛みは本当につらいといわれます。
最初は効果があった痛み止めも、だんだんと効かなくなり、量や回数が増えていくことを不安に感じている人も少なくありません。
これが薬剤耐性です。
痛むときに飲んでいた薬ですが、薬剤の耐性によって切れたら痛み出す体になってしまいます。

体が薬物を求める症状に悩む人はとても多いのです。
心まで蝕む痛み

がんの痛みは、進めば耐えがたい痛みになることを知る人は、薬だけに頼らず、痛みを緩和する方法を生活に取り入れています。

お気軽にお問い合せください。

084-925-1271

※本文は医療批判ではございません。

※このサイトは私個人やがん克服者の体験や情報、一般論であり指導等ではございません。

※お電話、メールでのお返事等も一般論であり個指導、診断内容ではございません。

※指導、診断は一切行っておりません。療法等はご自身の責任でお選び下さい。

TOP