ブログ【自分の体は自分で守る】

2019.03.15

幸せホルモンでNK細胞を活性化

  ドーパミンやβエンドルフィンなどの物質は血液にのって全身に流れます。

これらの物質に刺激され、NK細胞は元気になります。

ドーパミンやβエンドルフィン

『嬉しい、楽しい、好き』 といった愛の感情によって、脳内に分泌されるホルモンです。

「幸せホルモン」 と呼ばれるものです。

幸せホルモンが分泌されると、前向きな気持ちがどんどんわいてきます。

そして、NK細胞が活性化され、がん細胞を抑制することができるのです。

『悲しい、寂しい、嫌い』 といった負の感情は、アドレナリンという物質を分泌します。

活性酸素を発生させ、NK細胞の働きを低下させてしまうのです。

「ストレスホルモン」 と呼ばれるものです。

ストレスホルモンが大量に分泌されると、心と体の働きが低下し、がん細胞を増殖させてしまうのです。

がん細胞を増殖させたくない!

だから・・・

幸せホルモンをどんどん分泌する

自分の意識で分泌できるホルモンですから

自分が好きと思うことして、生活を楽しむ

がんを克服した人たちは、みんな生きることに喜びを見つけています

大きな喜びでなくても、小さな喜びをたくさん見つけことは出来ます。

小さな喜びをみつけ、「幸せホルモン」 を分泌

NK細胞を活性化ですね。

がんをなおした人たちの生き方 トップページはこちらから

https://www.qualitypro.jp/

本日の投稿は、小林でした。

ブログ内検索

当サイトの内容について

※当サイトの体験談は運営者個人を含む、がんを克服された方の体験、情報、一般論であり、指導等ではございません。
※当サイトの内容は個人の感想であり、効果効能、結果を保証するものではございません
※指導、診断等は一切行っておりませんので、療法等につきましてはご自身の責任でご判断さい。
※プロポリスは薬品ではございません。あくまでも食品です。
※本文は医療を批判するものではございません。

顧問弁護士 :橋爪・藤田法律事務所様