ブログ・がんをなおした人たちの生き方

2019.03.18

腹式呼吸で全身に酸素を送る

  他の細胞に比べ、脳は7倍もの酸素を必要とします。

酸素が不足すると脳の機能は低下し、思考力だけでなくホルモンの分泌にも影響を与えます。

ホルモン分泌が低下すると、全身の様々な器官、機能の活動が正常に働かなくなり、様々な病気を引き起こします。

私たちは酸素を充溢させることによって、細胞を元気に保ち、健康に過ごすことができるのです

がん細胞を、元気な正常細胞に戻すにも酸素が必要ですね。

解毒の役目をしてくれる肝臓も、酸素によって活性化されます。

酸素の供給は血液の循環を良くし、栄養の変換や毒素の排出をスムーズにしてくれます。

ですが、酸素が全身にまんべんなく行き渡っていないと、慢性的な酸素不足でがんが出来てしまうのです。

酸素をしっかりととり入れることは大事ですね!

細胞に継続的に酸素を供給することが出来れば、正常細胞は強くなります。

そして、がん細胞を抑制することができるのです。

深呼吸や腹式呼吸で意識的に酸素を入れる

腹式呼吸は生命に、最も理にかなった呼吸法といわれています。

  • 丹田に落とし込む感覚で鼻から静かに息を吸い込みます。
  • 丹田を意識して肛門を締め、数秒間息を止めます。
  • 吸うときの数倍の時間をかけて、丹田を緩めながら口から息を静かに吐き出します。

(丹田とはおへその下5センチあたりで、仰向けに寝て上半身を起こすとき腹筋が硬くなるところ)

腹式呼吸をすることでしっかりと全身に酸素が行き渡り、血流がよくなりますよ。

吸いこむときは、交感神経優位

吐きだすとき、副交感神経優位になります。

この繰り返しで自律神経のバランスを整えていきます。

体調をみながら、毎日朝晩20分ずつを目安に

ゆったりとした気持ちでするといいですね

がんをなおした人の生き方 こちらから

https://www.qualitypro.jp/

本日の投稿は、小林でした。

ブログ内検索

悪いエネルギーを良いエネルギーに変えて・なおそうとする力を呼び起こす

がんや不調を克服したのは、持ち備えた私の治癒力
呼び起こすきっかけとなった愛用品をご紹介しています。

~これから訪れる奇跡のための必然~

本来の力を呼び起こし、自身が最高のパワースポットになる!

https://www.qualitypro.co.jp/ こちらから

私の経験や愛用品についてはお気軽にお問い合わせください

お問い合わせはこちらから
☎︎ 084-925-1271

お問い合わせ・ご相談は 自然治癒研究家・塚本みづほ宛にお電話ください。

土日祝を含む 8時から20時まで
(混み合う時間帯:18時から20時)

当サイトの内容について

※当サイトの体験談は運営者個人を含む、がんを克服された方の体験、情報、一般論であり、指導等ではございません。
※当サイトの内容は個人の感想であり、効果効能、結果を保証するものではございません
※指導、診断等は一切行っておりませんので、療法等につきましてはご自身の責任でご判断さい。
※プロポリスは薬品ではございません。あくまでも食品です。
※本文は医療を批判するものではございません。

顧問弁護士 :橋爪・藤田法律事務所様