ブログ【自分の体は自分で守る】

2019.03.21

天然の抗がん剤を摂り入れる

  がんは生活習慣から起きる慢性病

2人ががんになる時代

だから他人ごとと思わず、対策が必要ですね

第7の栄養素として注目を浴びているフィトケミカル

天然の抗がん剤といわれています。

フィトケミカルは、がん細胞の増殖を抑えてくれます。

植物の匂い、渋み、色などの成分になり、がんの原因となる活性酸素の除去をしてくれます。

フィトケミカルは野菜、果物の皮や種、茎などに多く含まれています。

特に色の濃い野菜や果物

ニンジン、トマト、ピーマン、ブロッコリー、リンゴなど・・・

フィトケミカルを摂取するには、野菜を丸ごと食べることがポイントです。

皮や茎が食べにくい野菜は、皮や茎をスープにします。

皮や茎などの成分が溶けだした出汁がとても良いのです。

そのまま飲んだり、味噌汁にしたり・・・

天然の抗がん剤

皮や茎も捨てずに全部使ってくださいね

ここで気を付けることが2点あります。

1点は、農薬やワックスです。

自然栽培の野菜がいいですが、手に入らないときはしっかりと農薬、ワックスの除去をしてください。

そして、2点目は、現代の野菜は農薬や肥料の関係で、栄養価が下がっていることです。

昔に比べると10分の1まで栄養価が下がっている野菜もあります。

だから・・・

健康食品を活用して補うことは、今の時代には必要と感じます。

基本は食事

その不足部分を補うのが健康食品です

しっかりと天然の抗がん剤を活用して、正常細胞を増やしていきたいですね。

https://www.qualitypro.jp/

がんをなおした人たちの生き方

ご覧くださいね

本日の投稿は小林でした。

ブログ内検索

当サイトの内容について

※当サイトの体験談は運営者個人を含む、がんを克服された方の体験、情報、一般論であり、指導等ではございません。
※当サイトの内容は個人の感想であり、効果効能、結果を保証するものではございません
※指導、診断等は一切行っておりませんので、療法等につきましてはご自身の責任でご判断さい。
※プロポリスは薬品ではございません。あくまでも食品です。
※本文は医療を批判するものではございません。

顧問弁護士 :橋爪・藤田法律事務所様