ブログ【自分の体は自分で守る】

2020.10.20

がんと共に生きる法則

 元気な人であっても、ガン細胞は毎日生まれています。

そのため、がん細胞は私たちの体内で常に存在しています。

つまり、私たちは皆、ガン細胞と共に生きている、ということです。

本来、自分の自然治癒力(免疫力)によって がん細胞はアポトーシス(細胞死)に導かれています。

しかし、体が何かしらで疲れてしまったために、がん細胞がアポトーシスされず体内にとどまってしまった。

だから、これ以上 ガン細胞を増やさないよう、暴れさせないよう、上手に付き合えばいいのfです。


ガンは体温不足、酸素不足、高血糖の環境で増殖します。

この環境は、細胞分裂を抑制するミトコンドリアが生きにくい環境です。

そのため、細胞分裂をが起こり、ガン細胞が増殖してしまうのです。


だから、ミトコンドリアが生きやすい環境をつくること

体温を上げること、酸素をしっかりとり入れ、食べ過ぎないないことが、ガンと共に生きる秘訣です。

【ガン細胞と共に生きる秘訣】


● 感謝して前向きに生きる

● 体温を上げる

● 深い呼吸をする

● 糖分には気をつける

● 自分の体に愛情をもつ


細胞の分裂を抑制するミトコンドリアは、深部体温37℃で働きます。

内臓の温度を上げることが重要ですね。

深部体温が上がると副交感神経が優位になり、ホルモンの分泌もされ、心も安定しやすくなります。

副交感神経が優位になることでゆっりとした呼吸へとなります。

体温が上がると血流も良くなり、全身にしっかりと酸素が流れていきます。

体温と酸素を必要するミトコンドリアは、この法則で元気になります。

ミトコンドリアをしっかり働かせる生活

これが、ガンと共に生きる秘訣です。

生きていれば、つらいこと、悲しいことも起きます。

少しでも心を楽にするには、感謝をもって生きること

不安な時は、ありがとう をいっぱい言って心を楽にしてあげて欲しいと願っています。

もちろん、ガンにも感謝して・・・

ガンをなおした人たちの生き方

https://www.qualitypro.jp/

ブログ内検索

当サイトの内容について

※当サイトの体験談は運営者個人を含む、がんを克服された方の体験、情報、一般論であり、指導等ではございません。
※当サイトの内容は個人の感想であり、効果効能、結果を保証するものではございません
※指導、診断等は一切行っておりませんので、療法等につきましてはご自身の責任でご判断さい。
※プロポリスは薬品ではございません。あくまでも食品です。
※本文は医療を批判するものではございません。

顧問弁護士 :橋爪・藤田法律事務所様