ブログ【自分の体は自分で守る】

2021.05.16

余分なものを排出してくれる優れた飲みもの

体調が良くないな・・・

内臓が冷えているかもしれません。

お腹がぐるぐる・・・

悪いものが溜まっているかもしれません。

余分な水分が体内に溜まることで、内臓の冷えや血行不良を起こしている可能性があります。

そんなときは、白湯を飲んでみます。

インドやスリランカで生まれた伝統医学であるアーユルヴェーダにおいては、人体は、火と水と風のエネルギーによって形成されていると考えられ、このバランスを整えるために白湯を使います。

水を火にかけ、沸騰させぐつぐつと風(泡)を発生させたものが白湯であり、自分に足りないエネルギーを補うと考えます。

白湯を飲むと、体の中(血管や血液)が温められて、血流がよくなり、老廃物が体外に排出されやすくなります。

同時に腸の働きも活発になり、排便を促す効果や、免疫力の向上に働きかけます。

白湯は、余分なものの排出に優れた飲み物です。

お湯と白湯は違いますので 正しくつくることです。

やかんや鍋に多めの水を入れます。

蓋をした状態で火にかけ、沸騰したら蓋を取り、10~15分ほど沸騰を続けます。

その後 最も体が水分を吸収しやすい温度(約50度)まで冷めるまで待って飲みます。

私は、白湯に自然塩(天日塩)をひとつまみ入れて飲んでいます。

毒素が溜まっているな・・・と思う日は、少しだけ自然塩(天日塩)を増やし2杯ほど飲みます。

また、生はちみつやレモンを入れるのもオススメです。

生はちみつはこちらから

たかが白湯

されど白湯

体調がすぐれないと感じたら、毒素の溜め込みや冷え、血流不足を疑ってみるといいですね。
ただし、白湯は排毒作用が高いため、飲み過ぎには注意です。

トップページはこちらから

ブログ内検索

当サイトの内容について

※当サイトの体験談は運営者個人を含む、がんを克服された方の体験、情報、一般論であり、指導等ではございません。
※当サイトの内容は個人の感想であり、効果効能、結果を保証するものではございません
※指導、診断等は一切行っておりませんので、療法等につきましてはご自身の責任でご判断さい。
※プロポリスは薬品ではございません。あくまでも食品です。
※本文は医療を批判するものではございません。

顧問弁護士 :橋爪・藤田法律事務所様