ブログ【自分の体は自分で守る】

2021.10.21

自分を信じ切ることから

 「これはガンに効くのか、効かないのか」

 「なおる可能性は何%なのか」

「なおる確立が高いなら選びたい」


どんなものも疑っていては ガンはなおらないです。

自分に責任を持てない人は、コロコロ気持ちが変わり


何をやっても中途半端になってしまいがちです。

中途半端になっていることにも気付かず、『なおらない』 と愚痴になってしまうようです。


人は、体、心、性格、体力、環境、生き方、細胞まですべて違います。


だから、どんな人にも 「なおる」 と言い切れるものなどないのです。


根拠があると言われている治療であっても、絶対という言葉はないはず

なおると言い切れるとしたら

それは、体の声を聴ける自分だけではないでしょうか・・・


なおす人は、とことん自分と向き合っています。

確率や数字に振り回されることなく

自分が信じたことを徹底的に貫いています。


他人や物に期待するのではなく

自分に期待をもっています。

ガンなおしは、自分を信じることからです。

トップページへ黄色い花

ブログ内検索

当サイトの内容について

※当サイトの体験談は運営者個人を含む、がんを克服された方の体験、情報、一般論であり、指導等ではございません。
※当サイトの内容は個人の感想であり、効果効能、結果を保証するものではございません
※指導、診断等は一切行っておりませんので、療法等につきましてはご自身の責任でご判断さい。
※プロポリスは薬品ではございません。あくまでも食品です。
※本文は医療を批判するものではございません。

顧問弁護士 :橋爪・藤田法律事務所様