痛みを乗り越える

痛みを緩和する生き方

薬だけに頼らない

がんの苦悩といえば痛みです。

がんの痛みは本当につらいといわれます。

最初は効果があった痛み止めもだんだんと効かなくなり、量や回数が増えていく
不安に感じている人は少なくありません。

これが薬剤耐性です。

痛むときに飲んでいたはずが、薬剤の耐性により、薬が切れたら痛みが出る といったような体になります。

薬剤を求めてしまう症状に悩んでいる人は多く、以前の自分を思い出します。

日常においても薬だけに頼らず、民間療法を活用するなど、痛みを緩和する方法を生活に取り入れることは大事だと思います。

早く痛みから解放されますように

痛みは強い薬で一時的に緩和されますが、依存性の強い麻薬管理下の薬であるモルヒネはやがて効かなくなり、量や回数が必要となってしまいます。

そして、強い鎮静作用をもつモルヒネは、もうろう状態や意識がうすれるなどの副作用があり、その他に呼吸抑制、強い不安感、不眠、幻覚、吐き気、薬が切れるとイライラするなどの症状があらわれます。

モルヒネでもっとも多いのは強い便秘症状であり腸の機能を抑制してしまうため、モルヒネだけは使いたくないといわれる人もたくさんいます。

がんであっても話したり、食事をしたり、普通に過ごしたいと誰もが思います。

そして笑い、喜び、泣き、人を想い、生かされていることを感じて生きていたい・・・と願い、がんの痛みに効く健康食品やがんのつらい症状に効く民間療法を探されています。

病院から見放されたり、モルヒネを恐れたり、末期になってプロポリスなどの民間療法に救いを求める人は少なくありません。

早く痛みから解放されますことを祈ります。

そして、自分が感じたこと

自分の体は自分で守るしかない
対策は1日でも早くすることが大事です。

痛みの原因を断つ

症状の根っこに働きかけてくれるプロポリスに私は救われました。

私のがん体験 こちらから

民間療法で痛みを緩和

生姜は血行を良くし、痛みや解毒に有効といわれています。
食べても良し、貼っても良し

【生姜湿布】 

鍋に70~80℃のお湯を沸かします。
お湯は沸騰させないように注意してください。

すりおろした生姜を木綿の袋に入れ、鍋に入れます。(新生姜は避ける)

同時に自然塩を大さじ1ほど一緒に入れます。

ゴム手袋をして生姜の入った袋を揉み、鍋のお湯が生姜の汁で濁ったらタオルを2~3枚入れます。

タオルが温まったら絞り、キレイにたたんで体にのせます。

タオルが冷めないよう、さらにバスタオルなどで覆い保温するといいでしょう。 

タオルが冷めてきたら、鍋のなかの新しいタオルと交換します。 (使ったタオルは鍋に戻さない)

生姜のエキスが毛穴を開き、毒素を引き出すため痛みを取ります。 

痛む部位は毒素が多く溜まり酸化しているので、血管や細胞組織は血流が悪くなっています。 

毒素によって神経も圧迫され、痛みや炎症が起きやすくなります。 

まずは、排泄機能である肝臓と腎臓を温めます。

よりよく働かすために私はプロポリスを活用します。

私の支えになった本物のプロポリス こちらから

民間療法で毒素を排出

里芋には、がんの毒性を引き出してくれる作用があります。

肝臓、腎臓を補益するといわれている里芋

肝臓や腎臓の働きを助け、老化防止にも役立ちます。

これらの性質を利用したのが里芋湿布です。

生姜湿布と同様、里芋湿布は、がんの毒出しにはとても良いとされています。

【里芋パスタ(湿布)】

里芋は、厚めに皮を剥きます。

皮を剥いた里芋をすりおろし、里芋に対して1割程度の生姜をすりおろして混ぜます。

その中に、自然塩を少々入れ、混ぜ合わせます。

最後に、里芋と同じ分量の小麦粉を少しずつ加え、しっかり練ります。

目安は、耳たぶの軟らかさ

ガーゼなどの布の上に混ぜた里芋を厚さ1センチくらいでのばします。

体に貼り付けた時に里芋が広がってもいいように、ガーゼの上下左右3センチはあけ、混ぜた里芋をおきます。

あらかじめ、かぶれやすい人は患部にゴマ油を塗っておきます。

患部に混ぜた里芋の面を当てて貼り付けます。

この状態で4時間、里芋湿布の効果が保たれます。
湿布が冷たく感じるようであれば、カイロを上に貼ります。

里芋パスタの前に、生姜湿布で血行を良くしてから行うのが基本です。

私はその前後にプロポリスを飲みます。

プロポリスは こちらから

民間療法で毒素を排出

里芋には、がんの毒性を引き出してくれる作用があります。

肝臓、腎臓を補益するといわれている里芋

肝臓や腎臓の働きを助け、老化防止にも役立ちます。

これらの性質を利用したのが里芋湿布です。

生姜湿布と同様、里芋湿布は、がんの毒出しにはとても良いとされています。

【里芋パスタ(湿布)】

里芋は、厚めに皮を剥きます。

皮を剥いた里芋をすりおろし、里芋に対して1割程度の生姜をすりおろして混ぜます。

その中に、自然塩を少々入れ、混ぜ合わせます。

最後に、里芋と同じ分量の小麦粉を少しずつ加え、しっかり練ります。

目安は、耳たぶの軟らかさ

ガーゼなどの布の上に混ぜた里芋を厚さ1センチくらいでのばします。

体に貼り付けた時に里芋が広がってもいいように、ガーゼの上下左右3センチはあけ、混ぜた里芋をおきます。

あらかじめ、かぶれやすい人は患部にゴマ油を塗っておきます。

患部に混ぜた里芋の面を当てて貼り付けます。

この状態で4時間、里芋湿布の効果が保たれます。
湿布が冷たく感じるようであれば、カイロを上に貼ります。

里芋パスタの前に、生姜湿布で血行を良くしてから行うのが基本です。

私はその前後にプロポリスを飲みます。

プロポリスは こちらから

体験者の声

痛みを乗り越え

手術、抗がん剤、放射線治療としてきたものの転移
起きれない日もあったほど痛みや副作用がつらく、それでも頑張ってきたに
転移したと聞いた時は、正直心が折れました。
そして体が動かなくなっていくことが怖かったです。
私の体はもう限界だと思いました。
だけど子どもたちがいるので、あきらめきれなかったです。
がんは、このままでもいい
ただ、動けるようになりたいと思い、家のなかで出来る体操や生姜湿布をはじめ、プロポリスを飲むようになりました。
最初はわからなかったのでお電話でお聞きしたところ、心がとても楽になったのです。
心が楽になると、少しずつ体が動かせるようになりました。
ひどかった痛みもおさまり、眠れるようになりました。
こんなにも楽になれるなら、もっと早くから取り組めばよかったと少し後悔もしましたが、動けることに感謝を忘れず続けていこうと思います。

プロポリスの活用方法はお問い合わせください。☎084-925-1271

私の愛用品・本物のプロポリス こちらから

私に必要な有用成分を多種多様に含んだプロポリスが

心と体に栄養を与え癒してくれています。

自然の産物に感謝です。

私の経験やクライアントさんからの情報について・お問い合わせください

お問い合わせはこちらから
☎︎ 084-925-1271

お問い合わせ・ご相談は 自然治癒研究家・塚本みづほ宛にお電話ください。

土日祝を含む 8時から20時まで
(混み合う時間帯:18時から20時)

当サイトの内容について

※当サイトの体験談は運営者個人を含む、がんを克服された方の体験、情報、一般論であり、指導等ではございません。
※当サイトの内容は個人の感想であり、効果効能、結果を保証するものではございません
※指導、診断等は一切行っておりませんので、療法等につきましてはご自身の責任でご判断さい。
※プロポリスは薬品ではございません。あくまでも食品です。
※本文は医療を批判するものではございません。

顧問弁護士 :橋爪・藤田法律事務所様