がんと細菌の関係

歯周病菌とがん

 細菌で身近なものといえば歯周病です。
最も日本人が多く罹患しているとされ、20代30代で約80%、40代50代で90%もの人にみられます。

歯周病は歯周病菌といわれる歯垢が原因で歯肉や周りの組織に炎症を起こします。
細菌の塊である歯周病菌が増殖すると歯が抜けるなどの症状が出ます。そしてこの歯周病菌は意外なところで全身に影響を与えているのです。

【歯周病菌が原因となるもの】

●心筋梗塞
●脳梗塞
●肺炎
●糖尿病
●動脈硬化症
●血栓症
●感染性心内膜炎
がん


歯周病菌は歯肉から血管をとおり血管壁に炎症を起こし動脈硬化を引き起こします。
菌は心臓まで流れれば、心筋梗塞などの引き金になります。
また唾液をとおし歯周病菌が気管支から肺に入ると肺炎を引き起こします。

歯周病菌によってインスリンの働きが妨げられることがわかっています。
これが糖尿病の原因となり、また歯周病菌から出る毒素で、糖尿病が悪化するリスクが高まります。
★高血糖はがんの道
そして今 女性に増えているのが血栓症です。
歯周病原菌から出る毒素が歯肉から血管に入り、血管内に炎症を起こし血栓がつくられます。
栄養や酸素を運ぶ血管に血栓が出来てしまうと、栄養不足、酸素不足で体温が下がり、免疫力、代謝機能が低下し、がんがつくられます。
★低体温・低酸素はがんの道

歯周病菌を始めとする細菌はがん発症の原因のひとつと考えられます。
細菌の侵入を防ぐには、免疫を高め、歯磨き、傷口などのケアが大切
がん、膠原病、糖尿病は歯周病菌などの細菌が増えやすく、悪循環になりますので特に注意が必要です。

プロポリス歯磨き

プロポリスは蜂が自らの酵素と植物の樹液を混ぜ合わせ、つくった物質です。
蜂たちは抗菌力の優れたプロポリスを巣の入口に塗り、細菌やウイルスなどから命を守っています。

お使いの歯磨き粉に蜂粋ゴールドプロポリス(原液)を1滴落とせば、抗菌力の優れたプロポリス歯磨き粉が出来ます。


プロポリスオイル

古くから民間療法として活用されるプロポリス

肌用オイルや保湿剤に混ぜれば、プロポリスオイルやプロポリスクリームが出来ます。

虫刺され、あかぎれ、肌荒れ、火傷、炎症・・・に悩む方に重宝されています。

※ハチアレルギー・1歳未満の方がご使用になれません。

※器や衣類にプロポリスが付着しますと落ちなくなりますのでお気をつけください。

プロポリス活用法・お問い合わせください

お問い合わせはこちらから
☎︎ 084-925-1271

当サイトの内容について

※当サイトの体験談は運営者個人を含む、がんを克服された方の体験、情報、一般論であり、指導等ではございません。
※当サイトの内容は個人の感想であり、効果効能、結果を保証するものではございません。
※当サイトの内容につきましてはあくまでも一般論であり、個人を指導するようなことは一切ございません。
※指導、診断等は一切行っておりませんので、療法等につきましてはご自身の責任でご判断さい。
※プロポリスは薬品ではございません。あくまでも食品です。
※プロポリスはハチアレルギーの方、1歳未満の方はご使用頂けません。
※お体に合わないと感じられた方はご使用にならないでください。
※本文は医療批判ではございません。
※治療中の方は医師にご相談ください。 

Ground Menu

新着情報

2018.08.01

皆様の健康をサポートすることを目指して、この度ホームページをリニューアルオープンいたしました。

ホームページがリニューアルオープンしました。

2017.06.21

高濃度プロポリスシリーズオンラインショップです。世界最高品質とされるブラジル産シトリオドラ種、ユーカリ系プロポリス

オンラインショップスタート

クオリティプロ のご案内

株式会社クオリティ・プロ
所在地:広島県福山市今町4
連絡先:084-925-1271

全日本プロポリス協会特別会員 /プロポリス普及協会 協賛 /倫理法人会・会員 /新医学宣言 協賛

塚本みづほ公式ブログ