塚本みづほ公式ブログ
Quality Pro オンラインショップ
お得な会員登録はこちらから
塚本みづほfacebook

がんを治すには、がんが治る生き方を・心と体が喜ぶ自然療法の活用

自然治癒力を高め、がんを自然治癒へ導く

  1. ナチュロパシー(自然療法)
  2. オステオパシー(整体療法)
  3. サイコパシー   (心理療法)
  4. ホメオパシー   (同種療法)
  5. アロパシー      (薬物療法)

さまざまな療法があります。

1から4の療法は、自然治癒力を高めることで治す療法です。
自然治癒力とは、人間が生まれながらにして持っている、ケガや病気を治す力であり「自己治癒力」とも呼ばれているものです。
体内に侵入した菌やウイルスを死滅させるために熱を出し、咳や鼻水で体外に出そうとします。
ケガをすれば、傷口はやがてかさぶたになり、傷は治っていきます。これが自然治癒力です。
がんを治すのも自然治癒力の働きが必要です。
自然治癒力を高めるために、玄米菜食などの食事療法や健康食品、温熱、鍼灸、気功など1から4があります。
アメリカのガン治療では、1から4の自然治癒力を高める代替療法は当たり前に使われています。
医師の半数以上が健康食品など積極的に摂ることを薦めているアメリカと日本とではガン治療は随分と違いがあります。
今、アメリカは、がんの発症もがんの死亡率も減ってきています。
いかに自然治癒力が大切なものかを強く感じます。
5のアロパシー(薬物療法)は、残念ながら自然治癒力を落としてしまいます。
私たちの体は石油製品である薬物が入ると体温が下がってしまいます。
体温が下がると、血流が滞りさらに血液を汚してしまい自然治癒力(免疫力)を低下させてしまいます。
また薬物が体に入ることで活性酸素が大量に生み出され、細胞が酸化して体内の機能が低下します。
そして活性酸素が細胞核の遺伝子を傷つけ、がん細胞を作ってしまい、再発リスクを背負うことになります。
日本人は、薬物療法だけに頼り切ってしまうところがあり、病院任せ、人任せになりがちです。
私も体調がすぐれなければ、薬や病院の先生に頼ってきました。
しかし、長年続いていた低体温、便秘、喘息、倦怠感、頭痛、目まい、肩凝りなどの不調が根治することはなく、一時的に抑えているだけでした。その末が、がんという病。今思えば、自ら自己治癒力を弱めていたのです。
病気になれば薬を飲み、手術で取り除けば大丈夫といった、以前の私のような考えや教育が、生きる知恵や力を失った原因ではないでしょうか・・・
そして病院任せになり、自分の体は自分が責任を持つことを忘れてしまっています。
自分の大切な体、家族の大切な体だからこそ、人任せ、病院任せにせず、自分が責任を持つ必要があると思います。
現代医療が手放した病でさえ、自然治癒力の存在に気付き克服・生還を遂げた人はたくさんいます。
がんは血液の汚れで出来たものです。血液をキレイに出来るのは自分です。
血液を汚す原因の50%は冷え、栄養、睡眠、排泄、運動、薬物などと言われ、残りの50%は心と言われています。
私たちの60兆個の細胞は、食べたものでつくられています。
毎日の心がけと自然の恵みを活用することで、血液を浄化・自ら備わった力を発揮することが出来ます。

がん食事の悩み・・・ こちらから


体を温め・体温を上げ・がん自然退縮・がん細胞死滅の体温

体温はがん治しに絶対的に必要な条件です。
体温が上がれば免疫力は活発に働き、体温が下がれば免疫力は抑制されます。
体温が1℃下がると、免疫力が37%低下するといわれ、体温と免疫力は比例しています。
低体温は、がん細胞にとっては好環境となります。
がん細胞は35℃台で活発に増殖し、39℃台で死滅します。

国立予防衛生研究所では1978年 「人間から取り出した子宮ガン細胞に32℃から43℃の温度変化を与え、正常細胞と比較したところ39.6℃以上にした場合、ガン細胞は10日ほどで死滅した。正常細胞への影響はなかった」 という実験結果が発表されています。
このがん細胞が死滅する体温とは、深部の体温を示しています。
私たちが普段考える体温とは、脇の下で測る表面の体温です。 
深部体温とは脳や内臓の温度のことを示し、舌下での体温が深部体温に近い温度になります。
大切なのは深部体温(内臓の温度)ですので、体温を測るときは舌下の温度も一緒に測ることをおススメします。
脇の下で測る体温が36.8℃、深部体温(内臓の温度)が37.2℃
この体温が免疫が働いている目安になります。
この2つの体温が逆転している人や差が大きい人は内臓が冷えている可能性があるので注意です。  
体温は高いと思っている人も、内臓が冷えている場合があり、自覚のない冷え性の人も多くいます。 
2つの体温を比較しながら、自分の体の冷え状態を知ることはとても大切です。  
私も平熱が35.2℃の低体温でしたが、がんになり低体温ではがんは治せないと知り、36.8℃まで短期間で体温を上げることが出来ました。
体温は自分で上げることが可能です。
体を温めれば、ほとんどの病気は治ると言われるほど体温を上げることは非常に重要です。

冷えや低体温の悩み・・・ こちらから


心と体は繋がっている・がんを治す心の持ち方・自分を信じる

がんを治すには自分を信ずる心が絶対に必要です。
がんと言われた当時の私は、これから自分がどうなっていくかという不安と怖さしかありませんでした。
治らなかったらどうしよう・・・治療をしても再発や転移をするかも・・・
そんなことばかり考るうち、涙だけが勝手に流れ、表情を失っていました。
その私を変えてくれたのが家族の支えとプロポリスでした。
気力を失っていた私の体が飲みたい、元通りになりたいと強く思いました。がん克服奮闘記・こちらから

揺るぎない信念は、大きく強いエネルギーを生み出します。
念ずること、心に描いたことが現実となるのです。
末期がんが自然退縮すれば奇跡といわれますが、実は起こるべくして起きた結果。偶然ではなく必然的であると・・・
私は大丈夫、必ず救われる!と信じ切ることの大切さを体験しました。
そして信じ続けるためには、日々の努力が必要なことも知りました。
結果を急ぐがゆえにどれもが中途半端になってしまったり、人の意見や情報に振り回されたり・・・

一喜一憂する自分を変えようと思いました。がん治しにとって一番の敵は、ぶれる心です。
私たちの思い、念ずる心は、物にも伝わっていきます。物も生きています。
私もプロポリスに思いを込め、大丈夫!と念じながら、そしてありがとうと感謝しながら、とり続けました。
一途に念ずる心は、強いエネルギーを発し、波動を高めます。自然界の産物は、さらに高まるのです。

がんを恐れない・がんをなおす心の持ち方  こちらから


研究所推奨・プロポリスのお問い合わせ・お試しセット

※このページの内容は私個人やがんを克服された方の体験、情報、一般論であり、指導等ではございません。
※また個人へのお電話、メールでのお問い合わせへの回答に関しても、一般論であり個人に向けた指導、診断内容ではございません。
※指導、診断は一切行っておりませんので、療法等につきましては、ご自身の責任でお選び下さい。

皆様のご健康とお幸せを心からお祈り申し上げます