化学療法・手術の対策

抗ガン剤、放射線、手術の不安

猛毒といわれる抗がん剤、放射線

防御機能を失うといわれる手術

果たして、本当に体が耐えれるのだろうか・・・

多くの人が不安を抱えています。

  • 抗がん剤の副作用が不安
  • 抗がん剤の毒性が怖い
  • 放射線の後遺症が不安
  • 放射線被ばくが怖い
  • 手術(臓器摘出)後の体調が不安
  • 手術による酸化が怖い
  • 二次発がん(再発転移)が怖い
  • 免疫低下による感染症が不安

なぜ、そうなのでしょうか・・・?

抗ガン剤の特徴と対策

抗ガン剤後の二次発ガン・感染症を起こさない!

猛毒といわれる抗ガン剤

まさにその勢いで、がん細胞だけでなく全身の細胞を総攻撃します。

脱毛、嘔吐、倦怠感、下痢、免疫低下・・・

これらの表面に出た症状以外に、体のなかでも大きな変化が起きています。

白血球減少、血小板減少、造血障害・・・

これはNK細胞をはじめとした免疫細胞の減少(免疫力の低下)を意味します。

ガンと闘ってくれるリンパ球(NK細胞)を減少させ、免疫を抑制し

抗ガン剤は、さらなる発ガンを促進する役割を果たすことになると安保医学博士はいわれています。

免疫力の低下により、感染症や二次発ガン(次なるガン)が起きてしまうのです。

免疫機能を失った体は、様々なウイルスや菌に感染してしまいます。

恐ろしいことに通常なら自分で跳ね返すことの出来る菌にさえ、感染してしまう可能性があるのです。

しかも、驚くことになんと約8割もの人が、がんではなく感染症や敗血症で亡くなっているといわれています。

最後は、ガンではなく抗ガン剤の副作用による心不全、心筋梗塞、脳溢血といった他の病気で亡くなってしまうのです。

それではなんのために抗ガン剤をしたのかわからくなります。

治療前からしっかりと免疫力をあげ準備をした人、治療中もしっかりと対策をした人、何もしなかった人

その違いはとても大きいようです。

★二次発ガンをさせないよう免疫を活性化!

★感染症を起こさないよう体の内側から抗菌!

★副作用に苦しまないよう細胞を活性化!

★正常細胞を壊す猛毒はすぐに排出!

※ 人任せにしない 『自分の体は自分で守る!!』 こちらから

再発・転移をさせない

ガン細胞は無闇、無限に大きくなる(ウイルヒョウの定義)

現代医学では、宿主が亡くなるまで増殖をし続ける細胞だと考えれています。

毒であるガンには、毒で制す

これが、猛毒である抗がん剤の考え方です。

この猛毒が体内に入れば、ガンは細胞毒のショックで縮みます。

ガンは溜まった毒素(血液の汚れ)から出来ます。

そこに猛毒が入れば、さらに血液は汚れ、体内の毒素は増大します。

毒を排出しない限り、さらにガンが増殖しやすい環境となるのです。

それだけではありまません。

その後、ガン細胞は抗ガン剤の毒性に耐性を獲得します。

そして、抗ガン剤を無力化にしてしまうのです。

なんと恐ろしいことでしょうか。

「反抗ガン剤遺伝子 アンチドラッグ・ジーン:ADG」 

ガン細胞は自らの反抗ガン剤遺伝子の働きによって、抗ガン剤の効き目(毒性)を打ち消してしまう

アメリカ国立ガン研究所(NCI)のデヴィタ所長が議会で証言したことは有名な話です。

いったんは縮んだガン細胞が、再び増殖した人をみて、NCIの発表を思い出しました。

十数年という長い年月をかけて出来たガン

やっと抗ガン剤で消えたと思ったのに、たった数ヶ月、数年で再発、転移している

しかも、その勢いは止まらない

そしてのちに、船瀬俊介氏から聞いた言葉が理解できました。

「4週間以上すぎるとガン細胞のなかに抗ガン剤に耐性を獲得してしまうものが出てくる

いったん縮んだガン細胞が、再び 大きく増殖する現象(リバウンド)が起きること

再び、暴れ出したガン細胞は、凄い勢いで増殖をする」

このようなことから、再発や転移を防ぐには自分で対策をするしかないと感じます。

重要な4週間です!

自分の大切な命

人任せでは、絶対にいけない

リバウンドを避けなければならないのです。

★二次発ガンをさせないよう免疫を活性化!

★感染症を起こさないよう体の内側から抗菌!

★副作用に苦しまないよう細胞を活性化!

★正常細胞を壊す猛毒はすぐに排出!


※ 大事な自分の体だから 『自分ですること!!』 こちらから

放射線の特徴と対策

放射線後の二次発ガン・感染症を起こさせない!

神経がいっぱいあり手術が難しい場所など放射線は有効だといわれています。

しかし、食道がん、咽頭がん、肺がん、 乳がん、大腸がん、子宮がん、肝臓がん、膵臓がんなど

放射線治療の副作用に悩む人はとても多いようです。

放射線の副作用は、すぐに症状があらわれる急性のものと、数ヶ月、数年という長い期間を経てあらわれる晩発性のものがあります。  

ガン細胞を殺すと同時に正常細胞も壊れてしまう

それが副作用なのです。

副作用のなかでも最も恐れられているのが、二次発ガン(治療によって起きる新たなるガン)です。

体は被曝しています。

特に細胞分裂が盛んな皮膚、口腔、消化管の粘膜、骨髄はダメージを受けやすく、炎症や貧血、感染症、免疫低下などの症状があらわれます。

これらのダメージが、数ヶ月後、数年後まで影響を与えることも考えられます。

それがまた、がんになってしまうということだけは絶対に避けないといけません。

放射線は、交感神経過剰になって顆粒球が増加し、リンパ球が激減してしまいます。

リンパ球が激減した体は、免疫力が低下し、ガン細胞と闘う力も弱ってしまうのです。

そうなると、再発や転移のリスクが高まるのです。

また、放射線照射によって血流障害が起きると、肺繊維症や食道狭窄、腸閉塞、肝萎縮、心不全なども充分起き得ることも考える必要があると感じました。

デメリット部分の対策をするか、しないかでは、大きな違いです。

それどころか、様々な菌やウイルスに感染し、感染症を起こす人も少なくないのです。

副作用から体を守るには、自分で免疫力を上げていくしかないのです。

自分の大切な命

人任せでは、絶対にいけない

二次発ガン、感染症は避けなければならないのです。

★二次発ガンをさせないよう免疫を活性化!

★感染症を起こさないよう体の内側から抗菌!

★副作用に苦しまないよう細胞を活性化!

★正常細胞を壊す猛毒はすぐに排出!

※ 人任せにしない 『自分の体は自分で守る!!』 こちらから

細胞を酸化させない!

放射線は、癌細胞のDNAを破壊しますが、正常細胞へも照射されるため、体は大きなダメージを受けてしまいます。

そのため現在ではピンポイントで照射する治療が増え、感じる副作用は比較的少ないといわれています。

しかし、決して体への影響がなくなったわけではないのです。

どんな局所の放射線であっても、がん細胞の細胞膜に包まれているものは破壊されます。

そして、そこから内容物が流れ出してしまうのです。

体内に放出されれば大変なことになる

私もそれは想像しただけでわかりました。

これをクラッシュ・シンドローム(腫瘍崩壊症候群)といい、免疫抑制が起きます。

「三大療法の中でも最も免疫抑制作用が強いのは放射線治療だ」

安保徹医学博士が常々いわれていたのはこういったことからでしょう。

ガン細胞のなかに閉じ込められていた細胞内容物が、放射線によって破壊され、放出される

しかも、ガン細胞の内容物は非常に強い酸化力をもちます。

この強烈な酸化物が体内に流れ出ると、危険物質となりガンの部分だけでなく、広い範囲に影響を及ぼすことになるのです。

内臓破壊されたのと同じように大きな衝撃となる

それを知った時は本当に衝撃でした。

体の酸化は、新たなガンをつくります。

抗酸化食品などを摂り入れ、酸化を最小限に抑えること

そして、酸化した細胞を1日も早くキレイな細胞に戻してあげることです。

★二次発ガンをさせないよう免疫を活性化!

★感染症を起こさないよう体の内側から抗菌!

★副作用に苦しまないよう細胞を活性化!

★酸化した細胞をいち早く元に戻す!

※ 大事な体だから 『絶対に放置しない!!』 こちらから

手術の特徴と対策

手術後 感染症や再発転移させない!

治療後も延々とリンパ球が減少するといわれる抗ガン剤や放射線に比べ、手術は比較的ストレスが少ないといわれています。

しかし、体にメスを入れると生命エネルギーは低下します。

手術をしたら、一気に老け込んだ、体力がなくなった、線が細くなった・・・とよく聞きます。

さらには、臓器や器官が切り取ったことで、さまざまな機能低下が起きます。

胃や腸、肺などのように直接的に機能低下を感じる臓器もあれば

リンパのように間接的に免疫機能などに影響を与えてしまうものもあります。

細胞レベルでの区別は非常に難しいため、ガン組織から出来るだけ離れた組織を切除するため負担も増えるのです。

免疫が落ちれば、感染症のリスクは上がり、また再発転移のリスクもあがります。

そうならないためにも、とにかく免疫力を上げる努力が必要です。

さらに、多くの神経や血管を切ってしまう手術は、思う以上にストレスを与えています。

これが、冷え性や低体温、痛みの原因にもなります。

そして、手術によってガン細胞が他の組織に散る

その可能性は大きなストレスになると感じました。

大切な体を守るには、自分で免疫力を上げていくしかないのです。

人任せでは、絶対にいけない

二次発ガン、感染症は避けなければならないのです。

★二次発ガンをさせないよう免疫を活性化!

★感染症を起こさないよう体の内側から抗菌!

★副作用に苦しまないよう細胞を活性化!

★正常細胞を壊す猛毒はすぐに排出!

※ 後から取り戻せない人生だから 『自分の体は自分で守る』 こちらから

手術前の対策と手術後のケア・再発をさせない

本来、私たちの臓器や器官は光や空気に触れるものではありません。

しかし、手術をすれば臓器や器官は、光や空気に触れてしまうのです。

そして、臓器、器官は酸化してしまいます。

それだけでなく、手術のときに使われる大量の薬によって、酸化はさらに深刻な問題となります。

ガンは細胞の酸化から起きます。

この酸化現象を放置していると、再発や転移のリスクが高まるのです。

抗酸化物質などを摂り入れ、細胞の酸化をしっかりと抑えていくことは非常に重要だといえます。

大切な体のために

手術前の準備と手術後のケアは怠らないこと

★二次発ガンをさせないよう免疫を活性化!

★感染症を起こさないよう体の内側から抗菌!

★副作用に苦しまないよう細胞を活性化!

★正常細胞を壊す猛毒はすぐに排出!

※ 大事な体だから 『絶対にしておく!!』 こちらから

抗ガン剤・放射線・手術だけに頼っていてはダメ!

毒性が強い、酸化力が強い、免疫抑制作用が強い

抗ガン剤・放射線・手術の結果を出すためには、自分の力を高めることです。

どんなに必死で治療をしても、その毒性や酸化力に勝てる体力がなければ治療に負けてしまいます。

つまり、抗ガン剤・放射線・手術だけでは、ガンはなおせないのです。

生きるために

自分の免疫力・生命力の活性化 が絶対に必要なのです!

そのためには

必須有用成分を摂り入れ、体を温め、おおらかに明るく過ごす

こちらから

体験者の声

点滴後も元気

早期といわれすぐに全摘手術を受け、転移はなかったのですが、念のため放射線治療受けました。
放射線治療が終わり3ヶ月ほどたったころ、検査でリンパ節への転移が見つかり、抗がん剤治療を開始
約6ヶ月後、今度は脳の転移がみつかりました。
早期がんだと思っていたのにどんどん進行し、このままでは骨や肺に転移するには時間の問題だと怖くなりました。
抗がん剤で体力の無くなっていくのも感じていたので、何か効率よく栄養を入れていかないといけないと思って本物を探しました。
飲んだ瞬間にとにかくすごい!と力が湧き上がるような感覚があり、すぐに飲むことを決めました。
今はプロポリスがなくてはならない存在になっています。

転移の不安を乗り越え

全摘手術を受け、リンパも取りました。
あの頃はリンパを取ることがどれだけ体に影響を与えるかも知らず、取り除いたから大丈夫だろうと思っていました。
その後 抗がん剤治療をしました。大きな副作用はなかったので想像していたよりも抗がん剤は怖くないもんだな~と思ったのを覚えています。
しかし半年後 検査をすると肝臓の数値が異常なほど高くなっていました。
このまま続けるのは危険だといわれたほど、そのときの肝臓の数値はとんでもないものでした。
そこで、肝臓のためにも、似合った栄養が必要だと考がえ、プロポリスと野菜ジュースを飲むことにしました。
今はホルモン療法をしていますが、肝機能も正常値になり白血球も上がりました。
ですから、健康な人と変わらない生活が出来ていることが本当にありがたいです。 

がんになる前より健康

検診でひっかかり手術をしました。
しかし、何も対策せずしたため、こんなにも体力が低下するとは正直ショックでした。
次は抗がん剤の前からプロポリスを飲むことを始め、病室で毎日飲みました。
先生もすぐに承諾してくださいました。
安心感からか、ありがたいことにほとんど副作用もなく、抗がん剤治療もすべて終了しました。
今はがんになる前より健康に過ごせています。
運が良いと自分でも思います。

当サイトの内容について

※当サイトの体験談は運営者個人を含む、がんを克服された方の体験、情報、一般論であり、指導等ではございません。
※当サイトの内容は個人の感想であり、効果効能、結果を保証するものではございません
※指導、診断等は一切行っておりませんので、療法等につきましてはご自身の責任でご判断さい。
※プロポリスは薬品ではございません。あくまでも食品です。
※本文は医療を批判するものではございません。

顧問弁護士 :橋爪・藤田法律事務所様