抗がん剤・放射線・手術を乗り越える

三大療法(抗がん剤・放射線・手術)と上手に付き合う

がん治療(抗がん剤・放射線・手術)

現代医学と呼ばれるものは、急性期の症状にとても素晴らしい力を発揮します。
出血が止まらなければ縫合したり、自分の力で出せない異物があれば手術で取り除いたり、耐えがたい痛みや苦痛を薬剤で抑えたり・・・
対処療法として高い評価をされています。

がんの治療法では、基本的に「薬物(化学)療法」「放射線療法」「手術療法」の3種類があり、三大療法といわれています。
「薬物(化学)療法」とは、抗がん剤、ホルモン剤などの薬品をつかった治療です。
がん告知を受ければ、日本ではほとんどの人がこれらの治療をすすめられ、がんの種類、ステージによってこれらの治療を組み合わせて行います。

三大療法はとてもきつく、副作用や後遺症に不安をもつ人は少なくないようです。

患者さんが気になること

●抗がん剤の副作用が心配
●抗がん剤に体力がもつか不安
●放射線の後遺症が心配
●放射線に体がもつか不安
●手術後の後遺症が心配
●手術後の機能低下がないか不安
●臓器摘出後の体調不良や体質変化が心配
●再発転移を繰り返している

●感染症を繰り返している
●免疫力の低下


不安や心配ごとがあるだけで免疫力を低下させてしまいます。
不安や心配ごとは放置せず、安心に変えていくことはとても重要です。

 

● 抗がん剤・放射線・手術をした人たちの生き方と体験の声 こちらから

免疫力を落とさない

免疫力をあげる食べもの

どんなによい治療であっても、それを受け入れるだけの体力が必要です。
しっかりと体力をつけるには、日々の食事がとても大事です。

●色の濃い野菜(各種ビタミン、カロテン、リコピンなど・抗酸化物質が、薬などで発生した活性酸素を除去します)
●海藻(ひじき、昆布、わかめに含まれるマグネシウム、亜鉛など、多くのミネラルと食物繊維は排毒を促します)
●きのこ類(舞茸、椎茸、しめじなどきのこ類はフィトケミカルがたっぷりで、抗酸化作用が強く細胞の老化を防ぎます)
●発酵食品(味噌、納豆は腸内の善玉菌を増やし、酵素は細胞の修復に働きかけます)
●玄米(ビタミン、ミネラルが豊富で最高の健康食で、排毒を促します)

私が愛用するプロポリスについてはお気軽におたずねください

お問い合わせはこちらから
☎︎ 084-925-1271

土日祝を含む 8時から20時まで
(混み合う時間帯:18時から20時)

当サイトの内容について

※当サイトの体験談は運営者個人を含む、がんを克服された方の体験、情報、一般論であり、指導等ではございません。
※当サイトの内容は個人の感想であり、効果効能、結果を保証するものではございません
※指導、診断等は一切行っておりませんので、療法等につきましてはご自身の責任でご判断さい。
※プロポリスは薬品ではございません。あくまでも食品です。
※本文は医療を批判するものではございません。