自己治癒力を高める

「手の施しようがない」と言われたガン

※スマートフォンご利用の方・・・右上の四角で囲った三本線をクリックするとメニューがご覧いただけます。

それでも  からだは、なおりたがっているのです。

人のからだには常識を越えた力がある

20代の頃からさまざまな不調に悩まされ、私は30代にしてガン宣告を受けることになりました。
幼い子どもを抱え、泣き続けたあの日。
それでも私のからだは、なおりたがっていたのです。

ガンになるまで自分の治癒力など考えたこともなかった私ですから、そこに気付くのには少々時間がかかってしまいましたが・・・
ある出逢いによって、自己の治癒力に気付くことができたのです。

ガンが、からだをなおしてくれる?
起きている現象には意味があります。
ガンができたにも意味がある
その意味を知ることはとても重要なのです。
なおりたがっている現象に気付くことです。

トンネルの向こうには、必ず光があります。
どうか、光を見つけ、進んで欲しい、抜け出て欲しいと願っています。

▶私のがん体験

治癒力が高まれば病は去る

私たちは、どんな人でも毎日数千~数万個のガン細胞を生んでいます。しかし、自己の治癒力(免疫細胞)によってガン細胞を常に死滅させているのです。
つまり、これが修復する力であり、この治癒力が働いているおかげで病気を防ぐことができたり、改善することもできているのです。
この働きが弱まれば、発生したガン細胞は死滅することなく増え続け、ガンという塊となってしまうのです。

なぜ、私の治癒力(細胞を修復する力)は低下したのか

体内に溜まった毒と活性酸素が免疫細胞を傷つけていた

乳製品・動物性食品・砂糖が大好きだった私
牛乳、チーズ、パン、ヨーグルト、マーガリンを毎日のように摂っていた当時の私は、動物性食品に含まれるホルモン剤や抗生物質の影響など考えたこともありませんでした。
カフェオレやスイーツも大好きで、それがガンのエサになっていたなど知りもしなかったのです。
毎日、気付かぬうちに毒を摂り入れ、腸や子宮、肝臓、皮下脂肪に蓄積していたのです。
あることをきっかけに「ガンは毒素の塊である」と知り、自分の愚かさにやっと気付いたのです。
薬がなおし、検査が予防をすると思っていた私
体調が悪ければ、すぐに薬を飲み、簡単に検査をする。
薬や手術が病気をなおしてくれると思い込んでいました。
どれだけ活性酸素を発生させていたか・・・
今思えば、自ら病気をつくっていたのかもしれません。
化学物質である薬を当たり前のように飲み、放射線を浴びることで、発生した活性酸素
その強い酸化力で正常な細胞(免疫細胞)を傷つけていたのでしょう。
そして、この活性酸素が私の血管や内臓を攻撃し、ガンをつくってしまったのです

冷えと低体温・必須栄養素不足だった私
常にからだは冷え、体温は35.2℃前後だった当時
血流が悪く、冷え込んだ内臓では解毒や排毒はできません。
とりこんでしまった毒素は、出すこともできず、体内に溜まっていたのです。
そのため酸素も運べず、体内の活性酸素も増える一方
まさに負のスパイラルです。
「冷えや低体温、酸素不足はガン細胞にとって絶好の環境である」と知り、体温を上げることの重要性に気付いたのです。

治癒力・免疫力を高めるために私が取り組んだこと

● 毒を入れない生活を心がける  食品添加物、薬品など化学毒を避ける
● 解毒・排毒をする  ビタミン・ミネラル・アミノ酸など必須栄養素をとる
● 活性酸素を除去する  ポリフェノール・ケルセチンなど抗酸化物質をとる
● 体温を上げる(36.8℃) 有酸素運動・入浴・ストレスの緩和する

▶私が毎日とりいれたものはこちら

毒とガンの関係

『全身の毒素を一ヶ所に引き寄せ、ゴミ溜めとなってくれたのが ガン』

「役目を終えたガンは消えていく」
私の常識を変えたのはお茶の水クリニックの森下先生の言葉でした。
この言葉が、私の選択、そして、その後の人生を変えたと思っています。

毒素とは血液の汚れであり、その汚れが全身に広がれば敗血症で命を落すことになります。
命を守るために、毒素は一ヶ所に集められ、塊をつくる
それが「ガン」なのです。
もっといえば、ガンは体温が不足した場所を好みます。
だから、冷えている場所にゴミ溜め(ガン)をつくったのでしょう。

血液が浄化されれば、ガンは消え
汚れが増せば、ガンはさらに汚れを引き寄せ、大きくなる

私の取り組むべきことがはっきりと見えたのです。
心から感謝しています。

スマートフォンでご覧になっている方へ・・・ページの一番上 右側の四角で囲った3本線がメニューバーになります。

ご相談・お問い合わせは
☎080-6844-8080まで

40代女性

ステージⅣで見つかりどうしていいかわからず、毎日泣いていました。
手術もできないと言われたので放射線をしてきました。
放射線で小さくなったのに、その後 足の付け根が痛くなり、検査したところ転移がありました。
すぐに入院をすすめられしましたが、全くよくならず・・・
痛み止めも3時間しかもたなくなり、このままだといけないと思いました。
以前はサプリも何種類か飲んでみたりしましたが、どれも1ヶ月ちょっとでやめてしまう状況でした。
サプリも中身がよくわからず選んでいて添加物いっぱいでした。)
しかし、今回はそんな状況ではないと自分で思い、初めて本気で取り組むようになりました。
すべて見直しです。おかげさまで心はずいぶん元気になっています。

50代女性

乳がんになり、部分切除後、抗がん剤治療で、脱毛と吐き気。
やっとおさまったと思ったら、全身の痛み・・・副作用が強く、とてもしんどい思いをしました。
筋肉を握られ潰されるような痛みは本当につらかったです。
この痛みが続くことを考えたら、それだけで治療が嫌になってしまい、どうしたものかと困っていたところ、ご縁を頂き、今があります。
すぐ生活を変えたことで、2ヶ月後には自分でも驚くほど変化しました。
その1年後には、さらに変化し、すごく若返ったと周りからもびっくりされます。
おかげで、目覚めがすごく良くなり助かってます。
今までシャワー生活だったのを湯船に変えたり、入浴前には必ず○○を摂り、寝る前にはストレッチをしたり
いっぱい汚いものが出てきたころから 楽になりました。

40代女性

私は抗がん剤に代わるものを自分でいろいろとしていこうと決心しました。
とにかく、必要な栄養(抗酸化物質)はしっかりと摂っています。
今まで全く足りていなかったことを痛感しています。
あとは、運動で筋肉をつけたり、早寝早起きを心がけ、時間がある日は気功にいったりしています。
体調はすごくよく体温も36.6℃まであがっています。
1℃もあがるとは本当に自分でも驚いています。
先日の検査でリンパ節は確認できないとの事!
がんが消えていくイメージトレーニングをしながら、いよいよかと期待しています。
▶自然療法『自分でなおす』 こちらから

当サイトの内容について
※当サイトの体験談は運営者個人を含む、がんを克服された方の体験、情報、一般論であり、指導等ではございません。
※当サイトの内容は個人の感想であり、効果効能、結果を保証するものではございません
※指導、診断等は一切行っておりませんので、療法等につきましてはご自身の責任でご判断さい。
※プロポリスは薬品ではございません。あくまでも食品です。
※本文は医療を批判するものではございません。
顧問弁護士 :橋爪・藤田法律事務所様
このエントリーをはてなブックマークに追加
Copyright 2013 mizuho tsukamoto All Rights Reserved.