抗がん剤・放射線・手術だけに頼らない私の生き方

本来あるべき姿を取り戻すために

子育て真っ只中だった私に、ある日突然やってきた がん宣告

幼い子どどもを抱え、途方に暮れてしまいました。

そして時期を同じくして、急激に弱っていく乳がんの友人の姿はあまりにもショックでした。

今まであんなに元気だったのになぜ?

これからおとずれるであろう抗がん剤、放射線、手術に、私は異常な不安と恐怖を覚えたのです。

本当にこのままでいいのか・・・

思い悩んでいる私に、ふとがある医師の言葉が目にとまったのです。

そこから訪れた出逢い

出逢っていなければ、今の私はありません。

十数年後、こうしてエッセイを書くことができるまでに至ったのは、あのときの気付きと出逢いがあったからです。

詳しくは体験をお読みくださいませ。

今、元気に幸せに暮らすことができていることに心から感謝しています。

経験したからこそいえること

自分の体は自分で守る意識をもつことです。

あのときの私と同じように悩む人たち

そして、すべての人が笑顔で暮らせますように…

エッセイスト

セミナー講師

株式会社クオリティ・プロ取締役

塚本みづほ

私のがん体験 こちらから

私の愛用品 こちらから

※このサイトは、私個人の体験や生き方を綴ったエッセイです。

治療や指導、勧誘等ではございませんので、お含みおきくださいますようお願い申し上げます。

すべての人が笑顔で暮らせますように

がんになるまでの経緯

毒素によって落ちた免疫力

低体温、低血圧、頭痛、目眩、極度の便秘、極度の肩凝り、不眠ぎみ、胃が弱い、疲れがとれない、疲れやすい・・・

膀胱炎、副鼻腔炎など炎がつく病気によくかかる

根っからの虚弱体質だから仕方ない

そう思い数十年、薬に頼って生きてきたのです。

何の努力もなく、薬の副作用を抑えるためにまた薬を飲む

今思えば、まさに負のスパイラルです。

そして、運動嫌いで、夜型生活

食事は、日本食より乳製品やパンといった西洋食

完璧主義でストレスを感じやすい

このようなことから私の血液は汚れていたのです。

毒素だらけだった私の体は免疫力(自然治癒力)が低下

そして、がんが出来たのです。

  • 口から入る経口毒(食品添加物、農薬、飲み薬などの化学物質
  • 皮膚から入る経皮毒(シャンプー、洗剤、生理用品、塗り薬などの石油系製品)
  • 不自然な食品(ホルモン剤や抗生剤にまみれた肉、乳製品、精製された小麦粉や白米、砂糖など)
  • 運動不足(血流低下、体温低下、筋肉低下)
  • 睡眠不足(夜型生活、電磁波などによる睡眠の質の低下)
  • ストレス(不平不満、妬み、恨み、不安)

排毒しないまま生きてきた私は、とうとう がんという塊をつくってしまったのです。

がんになった人は、思い当たるところがあるのではないでしょうか・・・

がんになったらすること

毒素を溜めないことと免疫力を低下させないこと

がんといえば、抗がん剤、放射線、手術といった三大療法です。

副作用や後遺症に不安をもっている人は多いようです。

強い毒性をもつ薬を使うのですから、さらの免疫力は低下します。

免疫力の低下は、感染症や再発や転移の可能性を高めます。

そういったことから、アメリカでは代替療法が多く取り入れられるようになりました。

代替療法とは西洋医学以外の、医学・医療の総称であり、鍼灸・気功・ホメオパシー・食養生・健康食品などをつかった療法です。

このような療法を用いること、また併用することで、体内の毒素を排出し、免疫力(自然治癒力)を高めていくのです。

その結果、アメリカではがんの死亡率が減少しています。

アメリカでは日々から栄養補助食品の必要性は積極的に説いています。

私はこの考えに強く強く共鳴しました。

医療は医師にお任せするしかありません。

しかし、免疫力(自然治癒力)を高めることは自分にしか出来ないことを知ったのです。

自分の体は自分で守ること!

なにより心強く、希望となったのです。


 

私の愛用品・笑顔で暮らすために・・・

~これから訪れる奇跡のための必然~

本来の力を呼び起こし、自身が最高のパワースポットになる!

私の愛用品 こちらから

私の経験や愛用品についてはお気軽にお問い合わせください

お問い合わせはこちらから
☎︎ 084-925-1271

お問い合わせ・ご相談は 塚本みづほ宛にお電話ください。

土日祝を含む 8時から20時まで
(混み合う時間帯:18時から20時)

新着情報