がん体質を卒業した私の生き方

必要なことを自らの力でつかみとる

幸せな人生を生きるために・・・


低体温、低血圧、貧血、ひどい肩凝り、極度な冷え性、片頭痛、喘息、便秘・・・
ちょっと忙しくすればすぐに疲れて寝込んでしまう
常に体調不良を感じていたあの頃
いわゆる虚弱体質で、薬なしでは生きていけない私だったのです。
そして、子育ての真っ只中
とうとう がん宣告を受けてしまいました。

恐怖と不安でどれだけ泣いたかわかりません。
そんな私がたったひとつの出逢いによって、病気を克服することができたのです。
そして今は、若かった頃より何十倍も何百倍も元気です。
なぜなら

それは、がん細胞を溜め込む体質を卒業したからです。

人や物が、人の人生を変えることはできません。
できるのは自分だけ

その時間をいかに幸せに過ごせるか
楽に生きるお手伝いが出来たら・・・と思います。

~自然と人との間に~

ナチュラリズム研究家 
ナチュラルライフ講演家 
(がんで悩む多くに方が聞いてくださっています)
蜂粋プロポリス認定講師

株式会社クオリティ・プロ
取締役 社長 塚本みづほ

がん体質を卒業した私の体験 こちらから

私の経験、生き方が皆様のお役に立てれば幸いに存じます。
私の愛用品もご紹介しておりますのでご覧ください。

生命の原点に返ることが秘訣

がんをなおせる存在である

ゆっくりの人でも3~40秒に1個
はやい人だとその10倍のスピードでがん細胞は出来ています。
がん細胞をつくらない人などいないのです。
そのために私たちの体は、それを排除する仕組み・自然治癒力を備えています。
自然治癒力(免疫力)がしっかりと働いていれば、がん細胞は自然と細胞死(アポトーシス)をします。
私たちの体は本来、がん細胞を消すように出来ているのです。
しかし、私はがんになりました。
まさに私の体は、自然治癒力(免疫力)が低下していたのです。
なぜ、私の体は自然治癒力が低下していたのでしょうか・・・
それは私の生き方が不自然だったからです。
がんは、私の生き方がつくった病
だから自分がなおすしかないことを知ったのです。
自然治癒力がきちんと働けば、がん細胞の増殖は抑えることができる
だから、進行がんをなおった、末期がんがんが消えたという話は奇跡ではない
条件が揃えば、誰にでも起こり得る
がんをなおせる存在であると信じてます。

無限の可能性に生きる

『自然のエネルギー』です。
私たち人間は、自然界の恩恵を受け、生命を維持しています。
自然に触れ自然と共存したら、がんがなおった
そんな話を聞いたことがあるのではないでしょうか。
これは奇跡ではなく、自然なこと
なぜなら、私たち人間は植物の生命エネルギーを原動力とし生かされてきたからです。
しっかりと自然界の恩恵を受けた体は活性化されます。

一方、自然界の恩恵を遮断した生き方は、生命エネルギーを低下させます。
正常細胞は異常細胞に変化し、がんをはじめとした病が起きてしまうのです。

常に自然と繋がり、生命と健康が保たれている私たちの体
体を修復する力を呼び起こすためには、自然を無視することはできないのです。

血液をキレイにすればいい

自然治癒力を活性化するにはキレイな血液が必要です。
しかし、食の乱れや運動不足、冷え、ストレス、薬剤などによって、私の血液は汚れていました。
そのため、私の体では栄養不足、体温不足、酸素不足が起きていたのです。
栄養、体温、酸素が欠けると私たちの細胞は生きにくくなります。
この生命の危機から脱出するために、その条件でも生きることができる細胞を体は生みだしました。
それが私のなかに出来たがん細胞だったのです。
がん細胞は、冷え、糖、酸欠といった環境のなかで生きる細胞です。
だから、がんは血液が汚れ、毒素が溜まったところに存在するのです。
だったら 血液をキレイにすればいいこと!
私は血液をキレイにするために不自然な生き方をやめる決意をしました。
栄養、体温、酸素を整えれば
自然治癒力は働き、がん細胞は自然と正常細胞に戻っていくのですから・・・

人生を変えた私の実践

【なおす力を呼び起こす習慣】

  • 食を見直す(植物を摂り不自然なものは避ける)
  • 体温アップ(体温36.8℃・深部37.2℃が本来の体温)
  • 運動で筋肉をつける(しっかり働き下半身から解毒)
  • 早寝早起き朝陽を拝む(睡眠中に細胞の修復)
  • 総合健康食品を使う(限りなく自然のもので補う)
    ※ 私が重宝したもの こちらから
  • 明るく前向きな心(新たな価値観・免疫力アップ)
  • すべてに感謝する(喜びを増やし苦しみを減らす・ホルモン活性)
  • 信念を持ち執着を捨てる(バランスよく・自律神経を整える)
  • 薬だけに頼らない(自己治癒力を高める)   

栄養・体温・心を整える

がんをなおす方法は自分のなかに在ることを知りました。
細胞の生まれ変わり、がん細胞の修復は自らの代謝によって行われます。

【栄養・体温・心】

この3つが常に一体となり生命活動を行い、代謝を高め免疫力は強化されます。 
代謝を高め、自然治癒力(免疫力)を上げることが、がんがなおる生き方です。 
当時の私を含め、がんの人は代謝が悪く自然治癒力(免疫力)が低下しています。

私たちの体は体温が下がると食べたものを必要な栄養素に変換できなくなります。栄養状態が悪いとさらに心は淀んでいきます。
落ちた体力、精神力をグッと底上げしていくためにも良質な栄養を摂り、体を動かし体温を上げる生活の改善が必要だと気付きました。
そして、おおらかな心で、喜びを見つけ前向きに生きる。

栄養、体温、心は常に連動して、私たちは生命活動をしています。

 

支えとなった私の愛用品 こちらからご覧ください

私の宝物・・・大自然の恵みに感謝しています。

がん体質を卒業した私の体験・お気軽におたずねくださいね!

お問い合わせはこちらから
☎︎ 084-925-1271

土日祝を含む 8時から20時まで
(混み合う時間帯:18時から20時)

新着情報

2018.08.01

皆様の健康をサポートすることを目指して、この度ホームページをリニューアルオープンいたしました。

ホームページがリニューアルオープンしました。