がん自然退縮へ

冷え・低体温を卒業

体温を上げて解毒・排毒を促す

低体温は、がん細胞が大好きな環境です。

低体温は、体に毒素を溜めてしまいます。

がんは毒素の塊
私たちは食品添加物、農薬、放射性物質など、気付かぬうちに体にどんどん毒素を溜めています。
体内に溜まった毒素を出すために、まずは体温を上げることをしました。

なぜなら私は、がんになったとき平熱が35.2℃の低体温だったからです。

このままでは、どんなに良いものを入れても効果が出ません。
良いものも毒に埋もれてしまいます。 

毒素は脂肪、肝臓に溜まります。

溜まった毒素を排出するために、私は体を温めました。

入浴で体を温める

入浴は血行促進、浮腫み、冷え取りなどの効果があります。
湯舟の温度によって効能が変わってくるので、自分に合った入浴方法を心掛けました。

【副交感神経が優位なときは、42℃以上の熱い湯】

脈拍➡早くなる・ 血圧➡上がる・ 胃液の分泌➡低下・ 自律神経➡交感神経優位 になる
【交感神経が優位なときは、39℃~41℃のぬるい湯】
脈拍➡ゆっくりになる・ 血圧➡低下・ 胃酸の分泌➡増進・ 自律神経➡副交感神経優位になる
毒だしは高温で瞬時に体を温めるよりも、低温でじわじわと温めた方が効果的

20~30分かけての半身浴は下半身を中心にじわじわと温めてくれます。

●ストレスの多い・眠れないとき ➡ ぬるめの湯でゆっくり浸かるとホルモンが分泌されリラックス効果が得られる
●1日元気に活動したいとき ➡ 朝の熱めの湯に時間に入る(10分以内)と交感神経にスイッチが入る 
熱刺激を与えると細胞中に、ヒート・ショック・プロテインといわれるたんぱく質がつくられます。
このヒート・ショック・プロテインは、傷付いたたんぱく質を修復し、細胞を活性化していきます。
感染症やがんには非常に頼もしい存在で、 熱めの入浴で体を温めると細胞の中にどんどん増えてくるといわれています。
ストレスから受ける疲労、障害もヒート・ショック・プロテインによって軽減されます。
気を付けることは、熱い湯で入浴すると交感神経が優位になり気持ちが高ぶった状態なります。
毎晩続けると、副交感神経が働きにくい状態となりナチュラルキラー細胞を活性化するリンパ球が増えにくくなるので、バランスに気を付けました。
熱めの湯は 週2回位
体調と相談しながら、誰でも出来る入浴を上手に活用して免疫を上げました。


入浴前には必ずプロポリスも飲みました。

内臓を温める

体の冷えは血流を悪くします。
血液が滞り硬くなった場所にがんが出来ます。

冷えた場所にがんはでき、温かい場所はがんが出来にくいのです。

心臓が、がんにならないのは温かい臓器だからです。
常に動いている心臓は、発熱量がとても多く温度も高いのです。
脾臓も、がんになりにくい臓器です。
赤血球を蓄えてくれている脾臓は、リンパ球などの白血球も作る働きをしているので、心臓と同じく温度が高いのです。
子宮、卵巣、胃、大腸、肺は空洞で、外部から冷えの影響を受けやすい臓器です。乳房も外部から影響を受けやすい場所です。
体から外に出ている乳房は非常に冷えやすく血流不足が起き、乳がんになりやすいのです。

冷やさないことが大事です。
そこで私は、冷たいものを避けるようにしました。

冷たい飲み物、食べ物で内臓を冷やすと血流が低下します。
臓器の働きが落ち排毒機能が衰えます。
また冷たい飲み物、食べ物は、口に入っただけで交感神経が緊張状態になり腸の血管を収縮させてしまいます。
大切な免疫機能をつかさどるリンパ球の6~7割が集まっている腸
腸が冷えるとリンパ球の動きが弱まり、免疫力の低下となります。
体を温める飲み物・食べ物を摂ることを心掛け
外部からの影響を受けやすい袋状の臓器は、カイロや腹巻などをつかって外からも温めることをしました。

筋肉をつけ熱を発する

私たちの体は必要ないものは外に出そうとする働き、排出機能があります。 
鼻水、目やに、湿疹、膿、汗、便、尿、おりもの、浮腫みなどしかし、これらは悪い症状だと思っていた私は、いつも薬を使って抑え込んでいました。
それによって、また体内に毒素を閉じ込めてしまっていたのです。

毒が溜まった結果、血液が汚れ、がんが出来ました。

そこで、全身の毒素を下半身から排出することを考えました。
足を温めると体の毒が下半身におり、排出されます。
足湯などで温めることもしました。
そして、筋肉をつけることをしました。
体の熱は筋肉で作られます。
下半身の筋肉を鍛え、効率よく体温を底上げして、排毒を促します。
屈伸運動やスクワット、エレベーターを使わず階段を使うなどして足を鍛えました。
筋肉不足による血流低下が私のがんの原因のひとつでもあります。 
つまりインドア派だった私は運動不足だったのです。
体を動かすことが少ない現代人は、意識して運動を取り入れる必要があることを痛感しました。
体を動かして自ら熱を発し、血流をよくしていくことがとても大切だと感じます。

細胞分裂を抑える

私たちの体は、エネルギーを作るための2つのシステムを使い分けています。
この2つのシステムは、年齢、生き方によってどちらを使うかが決まってきます。

●解糖系

酸素を必要とせず低体温でも糖質から素早くエネルギーを作り出します。
しっかり食べて活力を確保し、成長期の子どもは、解糖系が優位になっています。
瞬発力と細胞の分裂が活発なのが特徴です。

●ミトコンドリア系

酸素と体温を必要とし、深部体温37.5℃で効率よくエネルギーを作り出します。
分裂抑制遺伝子を働かせ、成長をとめます。持久力に適しています。
ミトコンドリア系は、細胞分裂を抑制するのが特徴です。
お母さんのお腹の中にいる胎児は解糖系を優位に働かせ、細胞分裂と増殖を繰り返し成長します。
そして、生まれて酸素を取り入れるようになるとミトコンドリアが増えてきます。
成人に近づくにつれミトコンドリアが増え、細胞分裂の抑制が働き成長がストップします。
この2つがバランスを取りながら私達は生きています。
そして年齢と共に細胞分裂をする瞬発力派の解糖系から、細胞分裂を抑制する持久力派のミトコンドリア系優位に移行していきます。
40代~50歳を目途に、スムーズに移行することで健康が保たれます。
しかし歳をとっても若い時と変わらない生活をしていると解糖系のシステムが優位のままとなります。
加齢と共にがんを発症する確率が上がっていきます。
そこで解糖系が優位なままでは、出来てしまったがん細胞がどんどん分裂してしまいます。
がん発症を防ぐには、細胞分裂を抑制するミトコンドリア系を優位にすることが重要なのです。
がん細胞のなかは、ミトコンドリアの機能が低下していることがわかっています。
ミトコンドリア系のシステムを優位にするには・・・
食べ過ぎないことを心掛け、腹7分目にしました。
優位にしたミトコンドリア系をしっかりと働かせるには・・・
37℃以上の深部体温(内臓の温度)をつくり、酸素をしっかりととり入れました。
がん細胞の分裂を抑えるためにも、ミトコンドリア系の体づくりをすることが大事だと感じます。

支えとなった私の愛用品 こちらからご覧ください

私の宝物・・・大自然の恵みに感謝しています。

私の体験・お気軽にお問い合わせください

お問い合わせはこちらから
☎︎ 084-925-1271

土日祝を含む 8時から20時まで
(混み合う時間帯:18時から20時)

当サイトの内容について

※当サイトの体験談は運営者個人を含む、がんを克服された方の体験、情報、一般論であり、指導等ではございません。
※当サイトの内容は個人の感想であり、効果効能、結果を保証するものではございません
※指導、診断等は一切行っておりませんので、療法等につきましてはご自身の責任でご判断さい。
※プロポリスは薬品ではございません。あくまでも食品です。
※本文は医療を批判するものではございません。