子宮がん・卵巣がんを乗り越えた人たち・再発転移をさせない!

体温を上げる

お腹を触って、自分の体の冷えを確認してみる
下腹部は、心臓から離れているため、特に血行が悪くなりやすい場所です。
胃の辺りと下腹部を手で触って、温度差があると要注意です。
下腹部が冷えていると、下半身も冷えています。

下半身の冷えは子宮の冷え
子宮の冷えは、下半身の冷え

子宮がん、卵巣がん、すべては冷えから起きています。
冷えた場所に毒素が溜まり、がんが出来ます。
子宮は袋状の臓器で、しかも外界から繋がっているため、非常に冷えやすい臓器です。
意識的に温めることが必要です。
冷えの改善は外から温めることに加え、体を動かすことも必要です。

そして、がんの人は、体温(特に内臓の温度)が低く、血流が悪いため浄化機能が衰えています。
体内に毒素が溜まったことで血液が汚れ、がんが出来てしまったのです。
このまま放置しておけば、いくら治療をしてもまた新たながんが出来てしまいます。
再発転移をさせないためには、体温を上げることです。

運動をして足が温まると血流は良くなり、体の毒素が下半身に移動し、毒素が体外へ排出されやすくなります。
下半身を動かし鍛えることは、冷えの改善だけでなく体内に溜まった毒だしにもなります。

女性は男性に比べ、筋肉量が少なく冷えやすく、冷えによって酸素量も少なくなっています。
体温不足・酸素不足はがんが増殖する環境です。

血流を良くして全身に酸素を送り、体温をあげていくことが重要です。

がんをなおした人たちは、良い栄養を摂り、体を温め、運動を心がけています。

おすすめのプロポリスは こちらから

食を改善

現代女性の子宮は汚れています。
添加物や農薬、薬などの化学物質
食事の欧米化、肉や乳製品の摂取量が増えたこと、冷たい飲み物、食べ物
さらにはジャンクフード、インスタント食品、砂糖
これらの食の乱れが、子宮を汚し、がんを引き起こしています。
そして体を冷やす野菜や果物が1年を通して食べれることも子宮を冷やし、汚す原因になっています。

おりものも変化しています。
素食だった昔の女性は、おりものがほとんどなかったのです。
現代の女性は、24時間、365日おりものが出ています。
不快な症状に、おりものシートを必要とする人も増えています。

三度の食事に夜食、おやつといったように、食べ過ぎもおりものを増やします。

【気になるおりものは子宮の赤信号】

おりものが多い
匂いがきつい
ネバネバしている
色がついている(黄色・茶色)

膣内の悪い菌を洗い流す役目をしてくれているのがおりものです。
おりものが多いのは、体にとって悪い菌が子宮のなかに溜まり、子宮が汚れている証拠です。

がんをなおした人たちは、食を見直し、良い栄養を摂って体を温めています。

現代女性に必要なプロポリスは こちらから

経皮毒を避けている

肌に触れるものは皮膚を通して体内に吸収されます。
吸収される化学物質などを経皮毒といいます。
添加物や農薬が体内に入るのと同じです。
ただ違うのは、経皮毒は排毒が非常に困難だということです。
経皮毒の吸収率は、二の腕を1としたら性器は43倍
特に女性器は、子宮へと通じているため、吸収された経皮毒は子宮や卵巣に影響を与えます。

子宮がん、卵巣がんの方の多くが共通する点
市販のおりものシートを24時間 365日ずっとしていた・・・

ほとんどの生理用品は、塩素系漂白剤を使用しています。
多くの生理用品は、月経血や尿を吸収するために高分子ポリマーが含まれており、これは大変な有害化学物質だといわれます。
有害物質の吸収だけでなく、冷却シートと同じ成分でつくられているため子宮を冷やすことにもなります。
袋状の子宮は特に冷えやすい臓器です。
冷えれば冷えるだけ毒素が溜まりやすくなります。
物理的な要因で子宮を冷やさないよう気を付けることです。
口から吸収した化学物質は、通常、肝臓で分解され排出される仕組みがあります。
しかし、皮膚から吸収したものは、肝臓を通ることなく、血液を介し皮下脂肪や子宮に蓄積されていきます。
子宮に溜まった毒素はがんが出来る原因です。
生理用品等、シャンプーなど日用品も見直してみる
生理用品はオーガニックコットン素材のものをおススメします。
シャンプーは、お湯だけ、または無添加石鹸が安心です。
髪のパサつきが気になる人は、石鹸シャンプーのあと、お酢を薄めて洗い流すとリンスの代わりになります。

がんをなおした人たちは、良い栄養を摂り、体を温め、排毒、解毒機能を活性化しています。

多種多様な有用成分を含むプロポリスは こちらから

カンジタ菌の対策

カンジタ膣炎を繰り返す
免疫が低下している証拠です。
カンジタ膣炎とは、何かしらで免疫が低下したために、カンジダ菌が膣に侵入し、異常増殖したことで起こる感染症のひとつです。

冷えや食の乱れから起きるおりもの過多も原因のひとつです。
この不快感を軽減するために使われる おりものシートやウォシュレットがさらににカンジタ菌を増殖させ症状を悪化させてしまうことも少なくありません。
子宮の冷えは、免疫力の低下となりカンジタ菌の増殖へと繋がります。

冷えはがんも増殖させます。
真菌とがんは切っても切れない関係です。

子宮がん、卵巣がんの多くの人たちは過去にカンジタ症を繰り返した共通点があるようです。
カンジタ菌を増殖させないよう免疫力を高めていく

がんをなおした人たちは、良い栄養を摂り、体を温め、前向きに明るく過ごしています。

私が愛用のプロポリスは こちらから

体の汚れを浄化

体調が良くないと感じるときは子宮や他の内臓が冷えている可能性があります。

余分な水分が体内に溜まると、内臓の冷えや血行不良を起こします。

白湯は、余分なものを排出します。

 『上手な白湯の作り方』

浄水された水(軟水が好ましい)を土鍋に入れ、火にかけ沸騰させ15分に煮詰めます。
ポイント➡ 蓋をしないこと
これは空気をとり込むため、そして余分なものを外に出すためです。
中医学では、4分の1に煮詰めたら万能薬といわれています。
2分の1まで煮詰めた白湯は便秘に良いとされます。

子宮の汚れは、血液の汚れ
がんは血液の汚れ(毒素)の塊です。
再発転移をさせないためには、毒素の排出をして、血液をキレイにする

現代の生活において、すべての毒素を避けていくのはとても困難です。

だから・・・

自然のエネルギーをとり入れ、浄化させていくことが大切です。

子宮がん・卵巣がんをなおした人たちの生き方

心と体に栄養を・・・お問い合わせください

お問い合わせはこちらから
☎︎ 084-925-1271

土日祝を含む 8時から20時まで
(混み合う時間帯:18時から20時)

当サイトの内容について

※当サイトの体験談は運営者個人を含む、がんを克服された方の体験、情報、一般論であり、指導等ではございません。
※当サイトの内容は個人の感想であり、効果効能、結果を保証するものではございません
※当サイトの内容につきましてはあくまでも一般論であり、個人を指導するようなことは一切ございません。
※指導、診断等は一切行っておりませんので、療法等につきましてはご自身の責任でご判断さい。
※プロポリスは薬品ではございません。あくまでも食品です。
※プロポリスはハチアレルギーの方、1歳未満の方はご使用頂けません。
※お体に合わないと感じられた方はご使用にならないでください。
※本文は医療批判ではございません。
※治療中の方は医師にご相談ください。