がんをなおした人の心の持ち方

がんをなおした人は、クヨクヨせず前向な人

がんなおしの基本はクヨクヨしないことです。 
治療の真っ最中は「頑張るんだ!」と不安ながらに自分に気合いを入れるものです。 

しかし、治療もひと段落すると思いもよらぬ恐怖や不安が押し寄せてきます。 
そんな経験をされた方は多いのではないでしょうか・・・ 
再発転移をした人を見て恐怖に陥ります。
少しでも体に痛みを感じると「再発?」と異常なほど敏感になったりします。

この不安、恐怖心が一番のやっかい者なのです。 
がんは不治の病、怖ろしい病だという思い込みを捨てることです。 
がんは何のために出来たのか・・・
がんが出来た本当の意味とは・・・
本当のがんの意味を知れば恐れが消え、心からがんを受け入れられる自分になります。
がんになったのは、それだけ体が危機状態だったということ。
ストレスを抱えていなかっただろうか・・・
質の悪い睡眠になっていなかっただろうか・・・
ストレスは、氣が滞り、血流が低下させ、体が冷えてしまいます。 
ストレスとは環境、化学物質、電磁波などから受ける外的ストレスもあれば、成長、妊娠、老化など体の中で起きる内的ストレス、また人間関係、仕事、金銭面などで起きる心理的ストレス 、病気からくるストレスなどがあります。
自分が気付かないストレスもたくさん 
他人に気を遣う、他人が気になる、他人の目が気になる・・・ 人が許せない、社会が許せない、自分が許せない・・・ 
これらもすべてストレスです。
思い当たるところがきっとあるはず

ストレスは血流不足を起こし、体の隅々まで酸素が行き届かなくなります。
そして体が冷え、がん細胞が増殖しやすい環境をつくるのです。
『原因あってのがん』
クヨクヨすると、またストレスがかかり活性酸素を出し、遺伝子を傷つけてしまいます。
どんなに良い治療をしていても、不安や恐怖などのストレスにさらされると、体は酸化してしまいます。

『病は気から』

がんをなおした人たちは、クヨクヨせず前向きに取り組んでいます。

● 自然療法の体験者・こちらから 

がんをなおした人たちは、心の持ち方を変えた人

進行がんの宣告を受けても完治する人はいます。
余命宣告を受けても生還した人もいます。
がんの大きさ、浸潤、ステージだけでは計り知れないものがあるということです。
全身に転移したがんがある日突然すっと消えた人もいる
西洋医学の常識を超えた現象です。
今の医療では限界だといわれ、治療を断念したのちにがんが自然治癒した人もいます。
これはもはや医学の領域を超えた世界です。

その人たちの心の持ち方とは・・・

● がんをなおそうとする執着は捨て、目標と日々の小さな喜びを見つけて生きる

● すべてを受け入れ、がん発症は生き方の見直しと考え感謝して生きる

● 覚悟をもって取り組み、あとは天にお任せする

まさに私たちの生命は、目に見えない大自然の法則のなかで営まれていることを感じます。

人の命の期限を人が決めることなど出来ないのです。
決めてしまっているのは自分自身かもしれません。
常識や数字に捉われない、まどわされない自分でありたいものです。

病気をつくるのも、病気をなおすのも自分次第

だから、がんをなおした人たちは、心の持ち方を変えています。

がんをなおした人は、病の根源に気付いた人

【病の根源は心にある】 

内面を含め、生き方を見つめ直しすべてを前向きに捉えること。
偏った生き方は心と体に大きなストレスをかけ、がんという塊をつくります。 
神経質過ぎ・ 悩み過ぎ・ 考え過ぎ・ 心配し過ぎ・・・
がんになった現在も、このような偏った生き方をしていませんか? 
悩み過ぎ・心配し過ぎは、血行が悪くなり体温が低下し呼吸が浅くなります。
がん細胞は低体温、低酸素の環境を好みます。 
宿主(自分)がこの環境を変えない限りがん細胞はどんどん増え続けます。
がんは自分がつくった病気、だから『自分が治す』意識が重要
思うように進まない、結果が伴わない時もあります。
結果をどう捉えるかでモチベーションが変わり次へのステージに影響を与えます。
こんなにやったのにダメだった・・・と愚痴・不平不満となってしまう人
やったからこれだけで済んだ・・・と感謝することが出来る人
これだけやってもまだまだ足りない・・・と前向きに進める人 
同じ結果であっても、ものごとの捉え方でこれからが全く違うものとなります。
不平不満に捉えれば心の毒となり、やがて体の毒となります。 そして強い不安・悲しみは心に深く毒を積もらせます。
追い打ちをかけるように強い孤独感を感じさせる時もあるでしょう。これも素直な気持ちとして受け入れてみます。
そしていち早くリセットすることが鍵です。『がん治しは心を鍛える訓練』
ぜひおおらかな心で取り組んで頂きたいと切に願っています。 
どんなときもプラスに捉え、明るく前向きな心で、自分を磨くことが、がんを治す秘訣です。

がんをなおした人たちは、感謝して生きている人

どんな人であっても感情は常に変化しています。
生きている以上これが自然の現象です。
体のなかにがんという存在が出来たことによって、感情はさらに大きく揺れ動くことにもなります。
大丈夫!前を向いていこう!と思っていても、次の日は涙が止まらなくなったり、何もかも嫌になったり、自分のことがわからなくなったり・・・
また愚痴、泣き言を人にぶつける自分に苛立ち、落ち込んでしまう時もあるでしょう。
ですが、しんどいときだからこそ気付くこともたくさんあるはずです。

苦しいとき、苛立つとき、落ち込むときは、感謝というものが置き去りになっているときかもしれません。
感謝を忘れると負のスパイラルに陥ります。
生きていると苦しいことはたくさん起きます。
生きたいから苦しんでいるのです。
今、生きているということはとても有り難いこと
有り難いことに気付くと、また前を向いて進むことが出来ると思います。
人間は、考えすぎるために悩みを持ってしまう生き物
今まで抱えきれないほどの何かがあって、がんという塊をつくってしまったのです。
がんは苦しむために出来たものではなく、何かに気付かせるために出来たのです。

人間は与えられた命で生きます。
感謝ということに意識を向けると、がんになった真の意味が本能的に感じ取れるようになります。

苦しいとき、悲しいときこそ、感謝
小さな『ありがとう』をたくさん見つけてみませんか。

与えられた命の時間
不平不満、愚痴で過ごすより、尊い命に感謝して少しでも多くのありがとうと言って過ごしたいものです。
不平不満、愚痴、不安は、交感神経過剰となり血液を汚します。
キレイな血液をつくるには、明るく前向きな心です。

がんをなおした人たちは、朝陽を拝んでいる人

落ち込んだ時、迷った時、朝陽をみると沈んでいた心が温かくなります。

自然界のエネルギーは私たちの想像を超える力を持っています。

がんを自然治癒させ克服した人は、朝陽を拝む習慣があることが共通しています。

朝陽に手を合わせ今ここにいることを感謝する
朝陽を見ると小さな世界で悩み苦しんでいることに気付かされ前向きなパワーを頂けます。

がんは間違った生き方を変えるよう教えてくれた存在

これを機に早寝早起きの習慣に変えていく人はたくさんいます。
がんは全身の血液の汚れを1ヵ所に集め、塊となり生き方の乱れを教えてくれています。
 
がんが出来ていなければ、全身の汚れで敗血症となり突然死していたかもしれないのです。

がんは私たちが生きるために出来た細胞

命に猶予を与えてくれた、感謝すべき存在なのです。

がんへの感謝は、自然治癒への大原則です。

私が愛用するプロポリスについてはお気軽におたずねください

お問い合わせはこちらから
☎︎ 084-925-1271

土日祝を含む 8時から20時まで
(混み合う時間帯:18時から20時)

当サイトの内容について

※当サイトの体験談は運営者個人を含む、がんを克服された方の体験、情報、一般論であり、指導等ではございません。
※当サイトの内容は個人の感想であり、効果効能、結果を保証するものではございません
※指導、診断等は一切行っておりませんので、療法等につきましてはご自身の責任でご判断さい。
※プロポリスは薬品ではございません。あくまでも食品です。
※本文は医療を批判するものではございません。