※スマートフォンの方は・・・画面右上に四角で囲んだ3本線がございます。そちらをクリックして頂くとページ一覧が表示されます。

がん三大療法(抗がん剤・放射線・手術)だけに頼らない

年々増加し続けているがん
特に女性の癌発症年齢は30代、40代といった子育て世代に下がっています。
乳がん、子宮がん(子宮体がん・子宮頸がん)、卵巣がん、肺がん、甲状腺がん・・・

抗がん剤は本当にがんに効くのか・・・
手術で腫瘍を取り除けば完治するのか・・・
再発転移が怖い・・・
がんが消える方法はあるのか・・・
頭のなかを巡り、不安な時間を過ごしている人がたくさんいます。

初期癌があっという間に末期に進行した人もいれば、末期癌でがんが消えた人もいます。
その違いはなぜ起きているのでしょうか・・・

がんを治すには様々な療法があり自分で選択する時代へと日本も変化しつつあります。
それぞれのメリット・デメリットを知ることが大切ではないでしょうか。

1)抗がん剤、放射線、手術といった三大療法派
2)自分で治す・自然療法派
3)共通する悩み

それぞれの選択に何が必要なのか・・・順番にお伝えします。


女性を悩ますがん
私もそのひとりでした。

しかし私はたったひとつの出逢いによって救われたのです。あの出逢いがなければ今の私は無かったでしょう。
自然治癒力を高めたことで進行がんが消えた人がこんなにいたことは衝撃的でした。
自然治癒力の存在に気付き、光が見えたことで、今の私がいます。

がんなおしに問われること・・・
自己の意識と判断、責任が必要です。

人は早かれ遅かれ必ず死を迎えます。
がんという病になると必然的に死を感じ、生きることに執着すらもちます。

進行がんを克服した人の多くは命を輝かせ生きておられます。
私たちは命を頂き生きています。
命を頂いている以上それぞれに役割があり、果たしてこそ生命が活かされるのではないでしょうか。
役割とは、生き甲斐であり自己を高めることでもあります。
生きる長さだけに捉われず、生きることの意味を考え
今日の1日を大切に生き、そして明日に繋ぎ未来を見ていくことが大切と感じます。

治療法が選択できずに悩んでいる方
まずはこの先、どう生きたいのか・・・そこに意識を向けてみてはいかがでしょうか。

がんに悩む人が不安や苦しみから解放され、元気に心豊かに暮らせることを願うばかりです。

皆様の生きる光となりますことを心よりお祈りいたします。

株式会社クオリティ・プロ 
取締役社長 塚本みづほ

私のがん体験は こちらから


自然治癒力を高め、元気になった人はたくさんいます。

★末期がんが自然退縮した
★余命宣告から生還した
★進行がんが消えた
★自分でがんを治した
★再発転移なく元気に働ける
★治療の副作用・後遺症が全くない

そんな人たちがどうやって悩みを解決し、苦しみから抜け出たのか・・・
抗がん剤の不安・再発転移・痛み・余命宣告・・・
多くの人が悩み苦しんでいます。

末期がんから生還した人たちであっても最初は同じように苦しんできました。

  • 抗がん剤治療をするか悩んでいる
  • 抗がん剤の副作用が怖い
  • 抗がん剤治療後の毒素排出をしたい
  • 乳房や子宮など臓器全摘後の再発
  • 繰り返す再発転移に治療に不信をもった
  • 痛み止め(モルヒネ等)を使いたくない
  • 余命宣告を受けたがあきらめたくない
  • 食事療法をしてもがんが小さくならない

お問い合わせの半数以上が乳がん子宮頸がん、子宮体がん、卵巣がんの方です。
その他、肺がん、大腸がん、胃がん、甲状腺がん、咽頭がん、舌がん、肝臓がん・・・



1)三大療法

 抗がん剤・放射線・手術の効果とリスク 

2)自然療法

 がん自然療法を選択・自分で治したい

3)がんの悩み

 余命宣告・がん痛み・再発転移

日本は今、がん罹患率、死亡率ともに増え続けています。
一方、アメリカは罹患率、死亡率ともに減少しています。

日本とアメリカのがん治療の違いが表れています。
代替療法先進国であるアメリカ
(代替療法とは西洋医学以外の医学・医療の総称です)
鍼灸・気功・ホメオパシー・食養生・健康食品などを使い、免疫力を積極的に高めます。
アメリカでは6割にあたる医科大学が代替療法をカリキュラムに取り入れているほど
なかでも栄養補助食品の必要性は積極的に説かれています。
アメリカはこのような代替療法を取り入れ、免疫を高めたことで癌の死亡率を減少させています。
総合的な取り組みが結果をだしています。
実際に日本でも、西洋医学の限界といわれた患者さんが代替療法によって元気になったケースはたくさんあります。

がんは免疫力の低下によって発症します。
免疫力を低下させた原因は何かを考え、原因を取り除いていくことが重要です。

三大療法だけに頼らない生き方を・・・

がんの原因を取り除く

がんは血液の汚れによってつくられます。

【血液を汚すものとは・・・】

  • 食べ物(砂糖・添加物・農薬・動物性食)
  • 体の冷え (運動、筋肉不足・血流不足)
  • 生活の乱れ(睡眠不足・夜型の生活)
  • 体の酸化(薬の飲み過ぎ・手術・老化)
  • ストレス(悲しみ・苦しみ・寂しさ)
  • 思考癖(不安症・心配性・マイナス思考)
  • 頑張り過ぎ(過労・自律神経の乱れ)

これらが過剰な活性酸素を発生させ血液を汚し体内に毒素を溜め免疫力が低下し、がんが出来るのです。

がんは血液の汚れ(毒素)から起きます。毒素が一ヶ所の集められ、塊となったものが、がん
溜まった毒素を排出し血液をキレイにして自然治癒力を高めれば、がんは退縮するのです。

がんの原因に働きかける こちらから

がんをなおす3つの柱

毒素の排出(汚れた血液) ➡ 解毒・排毒

免疫の低下(自然治癒力) ➡ 免疫力の活性化

過剰な活性酸素(体の酸化)➡ 活性酸素の除去

株式会社クオリティ・プロ・お問い合わせください☎0849251271

私が推奨する商品はこちら

※このページは私個人やがんを克服された方の体験、情報、一般論であり、指導等ではございませんので療法等につきましては、ご自身の責任でお選び下さい。