UA-80548599-1
塚本みづほ公式ブログ
Quality Pro オンラインショップ
お得な会員登録はこちらから
塚本みづほfacebook

新着情報

プロポリスが癌の人に愛させれる理由

世界でも民間療法として古くから受け継がれているプロポリス
日本癌学会でもブラジル産プロポリスについて発表がおこなわれ、プロポリスと癌は医師の間でも注目されるようになりました。
その注目すべき成分が、ケルセチン、カフェイン酸フェネチルエステル、クレロダン系ジテルペンであり、その後にも医学大学名誉教授によってアステピリンCがプロポリスに含まれていることが明らかにされています。
以降、臨床医によって癌をはじめとしたさまざまな病気に対する研究がすすめられ、実際の臨床例も数多く寄せられています。
私たちの体のなかでは皮膚や臓器の新陳代謝など多くの化学反応が酵素によって繰り広げられています。
エネルギー作りを含め、こうした反応を推進する酵素の働きに欠かせないのがミネラルの存在です。
私が推奨するプロポリスには生命活動に欠かせない酵素、ミネラルが豊富に含まれおり、その他にも50種類以上のフラボノイドや各種のビタミンなど、300の栄養素と80余種を超える有効成分があることが判明しています。
効果というものは1つ2つの成分だけで出ることは考えにくく、多くの成分が相互作用して発揮しますので、これもプロポリスを選択した理由のひとつです。
また相互作用によるNK細胞の変化は免疫力が低い癌患者にとってとても有力な存在といえるからです。
ブラジル産ユーカリ系プロポリスは神様が私たちのためにご準備してくださった天然・自然の副産物です。
現在でもプロポリスの一番の愛飲者と自負しております。

使い続ければ、体は応えてくれます

プロポリスとは・唾液の解毒作用と天然の抗ガン剤

プロポリスとはミツバチが巣を守るために樹木の新芽などから樹液を集め、自らの酵素(唾液)と混ぜ合わせて作った抗菌物質であり、ウイルスやバクテリアなどの外敵から身を守るために巣箱の入り口に塗りつくられたものです。
抗菌作用のあるプロポリスが入り口にあるおかげで巣箱のなかはほぼ無菌状態となり蜂たちの命は守られています。
なかでもブラジル原野はウイルスやバクテリアなどが多く存在するため抗菌力の強いプロポリスがつくられます。
プロポリスはミツバチが集める樹液(植物の種類)によって含有成分が違い、また同じ植物であっても生息地の気候、ミツバチの種類によっても大きく品質が変わってきます。
蜂が自らの唾液と植物の樹液を混ぜ合わせつくられたプロポリス
唾液は殺菌力だけでなく、ビタミン、ミネラル、酵素、有機酸、ホルモン等が含まれており、発ガン物質によって引き起こされる細胞異変や破壊を消失させる作用や解毒作用があり、また天然の抗がん剤とも言われています。
「蜂粋ゴールドプロポリス」は、世界でも最高品質と評価されるブラジル南部の高原地帯で採れるユーカリ系プロポリス原塊を使用しています。
*ハチアレルギーがある方はご使用なれません。

蜂粋ゴールドプロポリス(原液)・ 蜂粋プラチナプロポリス(カプセル)

蜂粋ゴールドプロポリス
【原液タイプ】

ピリッとした刺激と、どこか懐かしさを感じる香りが 特徴です。
10年以上の木樽 熟成により粒子が細分化されていますので吸収は抜群
癌や肝炎、低体温の方などに多くお選びいただいています。

蜂粋プラチナプロポリス
【カプセルタイプ】

木樽発酵熟成のプロポリスを飲みやすくカプセルに濃縮しています。
美と健康を愛し続ける方 、苦味が苦手な方、または外出先でも気軽に飲みたい方に人気です。


プロポリスの飲み方・プロポリスジュース

プロポリス原液をスポイドで吸い上げ、お口の中にそのまま落として飲んでいただけます。
一度にたくさんの量を飲まれる方は、プロポリスジュースにして飲まれたり、また生野菜ジュースに混ぜて飲まれることもおススメです。

【プロポリスジュースの作り方】
●ブラジル産ユーカリ系 蜂粋ゴールドプロポリス(必要な量)
●ブラジル産ユーカリ系 蜂粋の心・はちみつ(プロポリスと同量)
●ぬるま湯(熱いとプロポリスの酵素が壊れてしまいます)
小さめのコップにプロポリスを入れ、はちみつを加え混ぜ合わせます。
そこに、ぬるま湯を少量入れて混ぜます。
はちみつ、ぬるま湯はご自身のお好みの濃さで調整してください。
※コップ、スプーンについたプロポリスのヤニ成分は落ちにくいのでコップを決めて使われることをおススメします。


毎日続けることが秘訣です

プロポリスは薬品ではありませんので飲む量、時間に決まりはございません。
詳しくはどうぞご相談下さいませ。
蜂粋プロポリスの瓶の頭を回すとスポイドがついてございます。
スポイドに1㎖、0.5㎖の目盛りがございますので目安にしてください。
直接お口の中に原液を直接スポイドで落として頂くのが一番無駄なくお使いいただる飲み方です。

【注意】
お口の中に苦味が残りますので、プロポリスを飲んだ後はお水などしっかり摂って下さい。 

皮膚が敏感な方は、生ジュースなどで混ぜて飲まれることをおススメします。
りんごジュースに混ぜると苦みが和らぎます。
また、ヤニ成分が気になる方は飲むヨーグルトにまぜるとヤニが消えます。

【注意】
プロポリスはヤニが強いほど質が良いとされていますがプロポリスのヤニは容器に付着するととれません。
ジュースなどで混ぜ合わせる時は、専用の容器を決められることをおススメします。


苦味、匂い、ヤニが気になる方は市販の空カプセルに入れてお使いください。ドラックストア-さんで様々なサイズの空カプセルが販売されています。
飲む量の目安にもなるので、0.5ml、1mlのサイズをおススメします。

【注意】

蜂粋プロポリスは抽出時にアルコールを使っていますので、カプセルに詰めたまま時間がたちますとカプセルが溶けてしまいます。
飲む直前にお詰めください。


愛飲者ってどんな人?乳がん・子宮がん・卵巣がん・大腸がん・肺がん・胃がん・肝がん・咽頭がん・・・

●進行がん(血液がんを含む)

●肺炎 肝炎、肝硬変(ウイルス性を含む)
●がん再発転移防止
●薬品、放射線での副作用の軽減
●低体温、冷え性
●糖尿病
●高血圧・低血圧
●アレルギー
●炎がつく疾患・副鼻腔炎、歯周炎、胃炎、膀胱炎、カンジタ(多い順)

プロポリス・参考量

飲む量に決まりはございませんが、ご愛飲者の皆様が飲まれていらっしゃる量をご紹介します。
ご参考にしてください。

進行がん(血液がん含む)・・・1日 10〜15㎖
過去にがんをした・・・1日 7~10㎖
治療の副作用がつらい・・・1日 7~10㎖
肝炎・肝硬変・・・1日 10〜15㎖
肺炎・・・1日 5〜7㎖
糖尿・・・1日 3~5㎖
高血圧・低血圧・・・1日 2〜4㎖
膀胱炎・副鼻腔炎・カンジタ・・・1日 3~5㎖
毎日健康・・・1日1〜2㎖

蜂粋ゴールドプロポリスのこだわり


進行癌・末期癌でもあきらめない・再発転移を恐れない

どうしてよいか分からない
不安を感じている
再発・転移を繰り返している
余命宣告を受けた
治療が限界にきた
抗ガン剤、放射線などの副作用がつらい
何をやってもうまくいかない

がんが治る生き方をしていますか?

蜂粋ゴールドプロポリス(高濃度)

蜂粋ゴールドプロポリス(高濃度)

  • 35ml 17,280円(税込)
  • 120ml 45,360円(税込) 
  • 120ml お得なプレミアム5本セット 226,800円(税込)
    ※5本セットご注文の方には 蜂粋ゴールドプロポリス(高濃度)120ml 1本プレゼント + カウンセリング60分無料

含有量33% 10年以上の年月をかけ木の樽で熟成させたプロポリスです。
熟成期間を長くすることで、コロイド化がさらに進み粒子が細かくなり体への吸収がより期待できます。


ご購入はこちら

プロポリスご飲用にあたって

ハチアレルギーの方、1歳未満の方はご使用に頂けません。
お体に合わないと感じられた方はご使用にならないでください。

好転反応が表れた時は、中止または量を減らし落ち着いたら少しずつ再開してください。

プロポリス原液は衣服などに付着しますととれなくなりますのでお気をつけください。

開栓後、長期間放置しておきますとスポイドの部分がヤニ成分で固まることがございますのでご注意ください。
*お客様のご都合による返品・交換は一切お受け出来ませんので予めご了承ください。       

健康食品を活用・細胞に栄養を・代謝活動促進・ミトコンドリア活性化

私たちの体は60兆個もの細胞から出来ています。
その種類は260種ともいわれ、これらの様々な細胞が結合して人間の体をつくりあげています。
細胞それぞれに寿命があり、早いものでは消化管上皮細胞のように1日で新しい細胞に入れ替わっているものもあります。
また骨の細胞では寿命が長く、入れ替わりに3年~10年ともいわれています。 赤血球は120日で新しく入れ替わります。赤血球は毎日、脾臓や肝臓で処理され同じ量の赤血球が骨髄でつくられます。

このように私たちの知らないところで、細胞はどんどん処理され、新しい細胞がつくられ、これら生命の営み、働きを代謝といいます。
再生する能力、命を繋げるメカニズムが自然治癒力なのです。
この60兆個の細胞をつくっているのが、私たちが摂った食事です。
体に害を与える化学物質は、異常な細胞をつくり、代謝活動を抑制します。体に優しい食べ物は、良い細胞をつくり、代謝活動を活発にします。
この細胞の入れ替わりに100日を要すなら、ガンなおしは最低でも100日は辛抱しなければならないということです。
しかし100日より長い細胞もたくさんあり、 長い年月をかけ蓄積してきたのがガンですからコツコツと根気よく体が喜ぶことを続けることです。
ただし、年齢が若いと細胞の分裂、増殖も速くなります。
基本、癌になった人は免疫力の低下が原因ですから、まずは健康食品でしっかりと細胞に栄養を与え、早急に免疫力の底上げを行い、癌細胞の分裂をいち早く抑えることが重要です。

食事療法に健康食品をうまく活用し、ミトコンドリアが働きやすい環境をつくることです。