塚本みづほ公式ブログ
Quality Pro オンラインショップ
お得な会員登録はこちらから
塚本みづほfacebook

がんを自然治癒させた人の食事・がん細胞を正常細胞に修復

がんを治す玄米食は完全無農薬・自然栽培玄米が必須

がんの人が食事のなかでも迷うのが玄米食です。
玄米食でがんを治したという人は実際にいます。
逆に玄米食で不調を感じる人もいます。
毒ともなり薬にもなる玄米です。

玄米は、ビタミン、ミネラル、食物繊維などを豊富に含み、栄養面においては非常に優れた食べ物です。
白米に比べると天と地の差ほど栄養は違います。
玄米を100%としたら白米は5%といわれます。
しかも精製された白米は糖の吸収が早く、がんのエサにもなります。
それに比べ玄米は、白米のような急激な糖の吸収の心配がないことからも健康食として、とても評価されています。
ですが・・・玄米を食べるなら絶対クリアしなくてはいけないのが、農薬の問題です。
玄米は農薬だけでなく放射性物質の影響をそのまま受けてしまいます。
白米であっても、決して農薬問題は無視できませんが、農薬は特に米ぬかに溜まりやすいのです。
いくら体に良い、がんに良いといわれる玄米であっても、胚芽の部分に農薬が凝縮されているということは、農薬の毒性が強く出る可能性を優先に考えることが重要です。

そして玄米は消化の問題があります。
子どもが食べるとよく分かりますが、噛まずに白米と同じ感覚で食べてしまうと、消化されず玄米の皮がそのまま便に出てきます。
玄米を噛まずに食べると、リーキーガット症候群になる可能性があります。
リーキーガット症候群とは、腸管壁にたくさんの穴があいてしまう症状です。
栄養などを吸収する大切な腸管壁に穴が開くと、未分解の毒素や、細菌まで体内に吸収してしまいます。
よって健康状態に悪影響を及ぼし、がんや肝臓病、免疫系の病気などを引き起こす原因になりますのでしっかり噛んで食べることが大事です。

農薬問題・炊き方・食べ方をクリアすれば玄米食は最高の健康食です。

無農薬・無肥料・除草剤不使用の自然栽培 玄米・白米は こちらから


夜に摂った栄養が細胞の修復に働きかける・免疫力の底上げを!

抗がん剤・放射線・手術といった三大療法に頼らず自分でがんを治した人はたくさんいます。
体を傷つけることなく、がんが治せるなら誰もがそうしたいと思うでしょう。

しかし、ただ食事を変え、体を温めればがんは治るのかといえば、実際にはそれだけではがんは治せないことが多いのです。
安易な考えでいると、がんは大きくなり続けてしまいます。
その現実にぶつかり、はやり自分で治すなど無理なのか・・・と落ち込み悩む人も少なくありません。

免疫が低く、がんをつくったのですから、何かしらで免疫力の底上げをしていく必要があります。
自分の力では足りない部分を、自然の産物によって力をつけていくことをおススメします。

私たちの体は、夕食で摂った酵素やミネラルが働き、22時から3時の間で細胞が作られます。
毎日数千から数万個生まれているがん細胞もこの時間に修復されます。
正常な細胞をつくるためには、この時間は寝ていることが大切です。 
そして特に夕食は細胞の修復に働きかける食事をすることが大切です。

後悔のないよう自分の大切な命のために、気付いたとき、すぐに対策を・・・

●体内に入れた毒素をいち早く排毒する
●リンパ球を増やし落ちた免疫力を活性化する
増えてしまった活性酸素を除去する

自然療法の経験者の声  排毒・免疫の底上げなど~の体験 こちらから 


抗酸化作用のある野菜や果物の辛み成分・酵素やミネラルを摂る

ファイトケミカルとは、野菜、果物、穀物、海藻、お茶やハーブなど、植物性の食品の色素や香り、アクなどの成分から発見された天然の物質です。
野菜や果物の色素や辛味成分がフィトケミカルであり、体内で抗酸化物質として作用します。
トマトの赤はリコピン、ニンジンのオレンジはカロテン、ブルーベリーの青はアントシアニン、トウモロコシの黄色はルテイン といった濃い色に野菜などです。
これらは抗酸化力がすぐれており、免疫力のアップなど健康維持・改善に役立つことが期待され、さまざまな研究が進んでいます。
米国立がん研究所は、1980年頃からフィトケミカル(生命を維持するために必要な栄養素としてはまだ分類されていない成分)の安全性と有効性、適用性についての評価が始まりました。
フィトケミカルには抗ガン性を示すものも多くあり、疫学的研究によれば果物や野菜のフィトケミカルは、がんリスクを減少させるといわれます。
野菜は生で食べることで酵素を破壊することなく体内に摂り入れられますが、加熱した野菜にも利点があり、それがフィトケミカルです。

野菜の煮汁には、抗酸化作用のあるフィトケミカルが多く溶け出します。
なかでもキノコ類はフィトケミカルを多く含む代表的な野菜です。 キノコ類、タマネギ、キャベツ、ネギ、カボチャ・・・
これらの野菜から溶け出す貴重な抗ガン物質をスープや味噌汁で摂り、不足分を自然の産物で補います。

酵素は体にとって非常に重要な役割をしており、働きは2種類に分類分けされます。
ひとつは、唾液や膵液などの消化液に含まれている消化酵素 です。
消化酵素は食べたものを消化し、栄養を取り込む仕事をしてくれています。 
もうひとつは、細胞をつくる代謝酵素で生命活動の中で重要な働きをしています。
消化酵素が取り込んだ栄養素をもとに、代謝酵素が細胞をつくり、傷んだ細胞を修復し、また毒素を排出する仕事もしてくれています。 
がん細胞を正常細胞に修復してくれるのも酵素です。
体内の酵素が少なければ、細胞の修復が出来ません。 また、毒素の排出も出来なくなります。 
これは酵素が人間の自然治癒力に大きく関わっているということです。 
しかし酵素だけを摂っても、酵素はミネラルがないと働くことは出来ないのです。
私達の体の60兆個の細胞は、食べたものでつくら、食べたもので修復されます。


●体内に入れた毒素をいち早く排毒する
●リンパ球を増やし落ちた免疫力を活性化する
増えてしまった活性酸素を除去する

自然療法の経験者の声  食事療法など~の体験 こちらから 


砂糖でがん細胞は増殖する・動物性食と乳がん、卵巣がん、子宮がんリスク

体内にあるがん細胞は、糖を栄養として増殖します。
砂糖はがんのエサになり、がんを元気にさせてしまいます。
糖分は、血液をドロドロにし血流が悪くなり酸化を起こし、がんが増殖しやすい低体温をつくってしまいます。 
砂糖はがん細胞を増殖させるだけでなく、正常な細胞をも破壊させやすく、免疫を低下させ細菌の感染、アレルギーなども引き起こしやすくさせます。
私たちの知らないところで白血球にも影響を及ぼしているのです。
疲れたり、ストレスが溜まると甘いものが食べたくなり、甘いものを食べれば気持ちが落ち着く、これが砂糖の持つ依存性・中毒症状です。

『アメリカ人を悩ませるガン、心臓病、糖尿病などの病気の大半は、食事の間違いから起こっていた』 アメリカのマクガバン・リポート 今村光一さん翻訳より
本来、穀物を食べるように出来ている人間の体は、肉食動物に比べ、腸の長さが4倍も長くなっているため長い腸を通過していくうちに、肉は腐敗してしまいインドールやスカトールなどの有害物質を発生してしまいます。これががんの原因になります。
有害物質で血液は汚れ、血流も悪くなり、解毒機能が低下します。
また動物性の食品は、早く肥育させるために成長ホルモン(エストロゲン)が乱用されている可能性があり、これらは非常に強い発ガン性物質で発がん率が5倍になると言われています。
日本人の乳がん、卵巣がん、子宮がん、前立腺がんなどホルモン系のがんが凄まじい勢いで増えた背景には、このような食の影響があることは否定できないようです。 

肉だけでなく卵や、牛乳、チーズ、ヨーグルトなどの乳製品も腸を汚しやすい食品です。腸を汚さない食ががんを治す食です。

後悔のないよう自分の大切な命のために、気付いたとき、すぐに対策を・・・

●体内に入れた毒素をいち早く排毒する
●リンパ球を増やし落ちた免疫力を活性化する
増えてしまった活性酸素を除去する

自然療法の経験者の声  排毒・免疫の底上げなど~の体験 こちらから 


自然療法をよりよく・推奨プロポリスを活用・お問い合わせください

※こちらは医療を否定するものではございません。
※このページの内容は私個人やがんを克服された方の体験、情報、一般論であり、指導等ではございません。
※また個人へのお電話、メールでのお問い合わせへの回答に関しても、一般論であり個人に向けた指導、診断内容ではございません。
※指導、診断は一切行っておりませんので、療法等につきましては、ご自身の責任でお選び下さい。

皆様のご健康とお幸せを心からお祈り申し上げます