抗がん剤・ホルモン剤の毒素を排出・再発転移をさせない対策を!

※スマートフォンの方は・・・画面右上に四角で囲まれた3本線がございます。そちらをクリックして頂くとページ一覧が表示されます。

抗がん剤のリスク・免疫細胞減少・感染症・抗がん剤耐性

劇薬、毒薬に指定されている抗がん剤は、細胞毒などとも呼ばれています。
非常に毒性の強い抗がん剤はがん細胞を殺す目的で投与さるため、がん細胞のように成長スピードや増殖が活発な正常細胞も攻撃してしまいます。そのため抗がん剤の苦しい副作用やさまざまな後遺症に悩まされている人はたくさんいます。
最も攻撃を受けやすいのが血液細胞・消化器細胞・毛根細胞で、白血球・血小板の減少、嘔吐・食欲不振・脱毛などが起きます。
その他にも貧血・不整脈・肝機能や腎機能の低下・心筋障害・間質性肺炎・呼吸困難・倦怠感・爪の変色変形・口内炎・下痢・黄疸など・・・さまざまな症状が表れます。
ほとんどの人に起きるのが白血球(免疫細胞・NK細胞)の減少です。白血球の減少は免疫の低下をあらわします。
抗がん剤によって骨髄破壊が起き、白血球のなかのカビや真菌を食べる顆粒球が激減し、口内炎から肺炎などの感染症を起こしてしまいます。
このようなことから命を落としてしまう人が多いのは残念でなりません。免疫破壊により、8割にものぼる人が感染症を起こして亡くなっています。

また、抗がん剤は血小板も激減させてしまいます。
固まらなくなった血液は、血管のなかで出血し、そして凝固され血管内凝固症候群が起き、血栓多発により臓器障害を起こします。
血栓症による循環器障害は深刻な問題です。

これらをみても、抗がん剤における血液細胞への破壊力は凄まじいものであることはよくわかります。
がんが消えても、免疫が低下し感染症などで命を落としたのでは何の意味もありません。体のしんどさ、だるさを感じたら要注意です。

そして、つらい副作用や感染症に耐えたにも関わらず多くに人が1年後、2年後、3年後、再発転移しています。
ぜこのようなことが起きるのでしょうか・・・
毒性の強い抗がん剤を投与すると、一部の人には腫瘍縮小がみられます。
しかしその背後では最も恐れていることが起きているのです。

反抗ガン剤遺伝子『アンチ・ドラッグ・ジーンADG』 
がん細胞は自らの遺伝子を変化させ、抗がん剤の毒性に耐性を獲得してしまう
抗がん剤投与から100日を過ぎれば、がんはじわじわと勢力を増して暴れ出す可能性があるのです。
これをアメリカ国立ガン研究所(NCI)デヴュタ所長が1985年に米議会で発表しています。

抗がん剤治療が終わり、ほっとした矢先に再発転移が見つかるのはあまりにも残念ことです。
そして今度は別の抗がん剤を投与され、がんは消えてもまた出てくる・・・という繰り返しが始まります。
その間に体はボロボロになってしまいます。

このように再発や転移に悩み、苦しんでいる人がたくさんいます。
がんはどんどん狂暴化され、増殖が止まらなくなり、最後は打つ手がないと病院から見放されてしまう・・・
これが抗がん剤の最も恐れる副作用『二次発がん』といわれるものです。
知らずに再発転移に悩み苦しんでいる人が多いのは残念でなりません。

後悔のないよう自分の大切な命のために対策を・・・そして再発転移させない・がんを治す生き方を・・・


【抗がん剤の効果とリスク】

♠体内毒化➡免疫・NK細胞激減➡再発転移

♠白血球減少➡免疫低下➡感染症➡命の危険

♠遺伝子の変化➡抗がん剤耐性➡がん細胞狂暴化


【命を守るための対策】

抗がん剤で入れた毒素を体外へ排毒

★抗がん剤で低下した免疫・NK細胞を活性化

★抗がん剤で増えた活性酸素を除去


がんは血液の汚れ・毒素の塊です。がんを治すには溜まった毒素の排出を・・・

抗がん剤毒素排出 気付いたら対策を!

※ 抗がん剤・ホルモン療法の体験談は こちらから  

※ 抗がん剤・ホルモン療法をした・再発転移対策は・・・こちらから 


※ 抗がん剤の対策・お問い合わせは こちらから ☎0849251271


抗がん剤ついて詳しく知りたい人 http://www.anti-exposure.or.jp/

抗がん剤・ホルモン療法の対策は・・・ 悩む前にまずお問い合わせください

おススメのプロポリスは・・・ こちらから

※こちらは医療を否定するものではございませんのでご了承ください。
※このページの内容は私個人やがんを克服された方の体験や情報です。
※指導、診断は一切行っておりませんので、療法等につきましては、ご自身の責任でお選び下さい。

がん三大療法だけに頼らない・トップぺージへ