塚本みづほ公式ブログ
Quality Pro オンラインショップ
お得な会員登録はこちらから
塚本みづほfacebook

乳がんを克服するためには・再発転移をさせない対策を!

右の乳がんと左の乳がん・心と体の毒素の排出で体温を上げる!

心にストレスが生じると、体にさまざまな症状や臓器の異常を発生させることになります。
がんもそのひとつ

特に、右の乳がん、胃がん、肺がんは心理的ストレスによってつくられるとも言われています。
なかでも女性に多いのは、幼少期の親との関係、夫婦関係など多くは家庭内の問題が原因にある人が多いようです。
右の乳がんは家庭の悩み、左の乳がんは仕事の悩みなどともいわれます。
ストレスでがんをつくった人は、ストレスを回避する生き方と良い環境をつくることが大切です。
さまざまな苦労やつらいことがあったのでしょう。
しかしそこをすべて受け入れ、フラットに出来るのは自分しかないのです。
悩んでも恨んでも何も変わりません。
何も変わらないどころか、さらに苦しくなります。
ストレス、胸の苦しみを取り除けるのは、感謝しかないと、がんを通して感じました。
『ありがとうございます』は最高の言霊 
『ありがとうございます』を繰り返し言い続け、がんを克服した人もいます。
悩むこと、人を恨むこと、人を妬むこと、人のせいにすることをやめて 、つらかったことにも感謝する
しかし、人間は感情の生きものであり毎日、心は揺れ動きます。
それも受け入れ、今があることに感謝して、一日一日を大切に生きたいですね。

そして心の冷えは体の冷えをつくります。
特に女性の乳房は脂肪が多く、しかも突起しているため非常に血流が悪く冷えています。 
冷えた場所に毒素が溜まり、がんが出来ます。
女性は男性に比べ、筋肉量が少なく冷えやすく、冷えによって酸素量も少なくなっています。
血流を良くして全身に酸素を送り、体温をあげていくことが重要です。

がん自然療法 体験談 こちらから


心と体の毒素をいち早く体外へ排毒し冷えを改善する
●ストレスで落としてしまった免疫力(白血球・N細胞)を上げ、活性化する
●ストレスで増えてしまった活性酸素を除去する

乳がんに悩む人・おススメのプロポリス・こちらから 


乳がんと食生活・乳製品と乳がんリスク

日本では16人に1人が乳がんになっていると言われます。
最近では30代、40代といった若い方、子育て世代の方が多くなっています。
乳がんを患っている方が多く共通する点
洋食が多く、例えば、朝食はパン、昼食はパスタ、夜は肉料理など・・・
牛乳、バター、ヨーグルトなどの乳製品や卵、肉などの動物性食品を多く摂っていると乳がんリスクは上がってきます。
特に赤身の肉の摂りすぎは要注意です。
若い女性のエストロゲン受容体陽性乳ガンのリスクを上昇させることは、アメリカの研究でも報告されています。
牛は乳の出をよくするためにホルモン注射をされ、病気を防ぐために抗生剤を毎日与えています。
牛乳に含まれる成長ホルモンや女性ホルモンが、卵巣がん、乳がん、前立腺がんなどホルモン系のがんの発症を高めているという研究もあります。
また、牛乳に含まれるカゼイン(牛乳たんぱく質)という物質は発ガン促進物質であり、がんと牛乳の関係を指摘するもののひとつです。
乳がんを発症するまでには10年から20年といった長い月日がかかっています。
30代での発症は、10代の食生活が今になって出てきたということです。
学生時代、学校給食で毎日、パン、マーガリン、牛乳を摂ってきた世代が今、乳がん、卵巣がんを発症しています。
家庭でも欧米食が増え、乳がんを防ぐと言われている味噌汁の消費量が減っていることも乳がんが増えた原因のひとつといわれています。
乳がん発症後も、パンや乳製品、肉中心の食事をしている人は、日本食に戻されることをおススメします。


乳がん抗がん剤・ホルモン療法の二次発がんを防ぐ・再発転移をさせない

30代・40代の乳がんが非常に多くなっています。
この世代はがん細胞が非常に活発で、20代に比べ免疫力が下がっているため、一番 進行しやすい年齢になります。
乳がんの治療には手術、放射線、抗がん剤のほかにホルモン療法があります。
ホルモン受容体陽性の乳がんはホルモン療法をします。  
閉経後、閉経前に関わらずホルモン療法で使われるタモキシフェン
タモキシフェンは、エストロゲンの働きを抑える働きをします。
同時に女性ホルモンとよく似た作用をするため子宮筋腫・子宮内膜がんのリスクが高まるとも・・・
ホルモン療法は、抗がん剤に比べ体に優しいイメージを持たれている方もいますが、実はホルモン療法も十分、体に大きな負担がかかっています。
タモキシフェンも実は抗悪性腫瘍剤の一種、 つまり抗がん剤の一種だからです。  

ホルモン剤ノルバデックスを服用している人は、服用していない人に比べ子宮内膜がんになる確率は約2~3倍増えるといわれています。 
これが抗がん剤・ホルモン剤の一番恐れる副作用『二次発がん』です。
薬によって次のがんがつくられるということです。
乳がんの治療で、他のがんになっては何の意味もありません。
入れてしまった薬の毒素は排出し、毎日しっかりと抗酸化物質を摂るなどして二次発がんを抑えていくことが重要です。

再発転移(二次発がん)をさせないために、気付いたらすぐに対策を・・・

抗がん剤・ホルモン療法をした人にの体験談 こちらから 

●抗がん剤・ホルモン療法による毒素をいち早く体外へ排毒し再発転移を防ぐ
●抗がん剤・ホルモン療法で落としてしまった免疫力(白血球・N細胞)を上げ、活性化する
●抗がん剤・ホルモン療法で増えてしまった活性酸素を除去する

抗がん剤・ホルモン療法の対策・お問い合わせはこちらから ☎0849251271


乳がん検査・マンモグラフィのメリット、デメリット

乳がんの検査といえばマンモグラフィですね。
しかし、このマンモグラフィ検査は非常に誤診や過剰診断が多いと言われ、実際にカナダで行われた研究では、22%がガンではないのにガンとされる過剰診断があると報告されています。
国立癌研究所(NCI)でも40%(40代女性)において、癌ではないのに癌と診断されてしまうことを指摘しています。
特に日本人は乳腺密度が高いため、腫瘍と同じように白く写る乳腺
若い人ほどマンモグラフィ検査でがんは見つけにくく、また誤診しやすいとのことから、日本人には不向きな検査と言われています。
大切な自分の体、女性にとって大切な乳房ですから自分できちんと調べることが大切ですね。
検診の度にX線被曝をしていますがアメリカ政府の施設のローレンスバークレー国立研究所では、放射線が癌のリスクを上昇させていることを指摘しています。この放射線の一種X線は、DNAを破壊してしまう強烈な発がん性があります。
マンモグラフィは胸部エックス線検査の1000倍もの被曝リスクです。
両乳房の写真をたった四枚とっただけで、胸全体にあてる胸部レントゲンより1000倍も放射線被曝が高いということになります。
特に閉経前の女性の乳房は、放射線感受性が非常に強いことは、もう30年も前から言われていることです。
40歳代〜50歳代の女性が10年間マンモグラフィ検査を受け続けると、がんの発症率が10%上がるといわれています。
乳ガンと診断を受けると、後もマンモグラフィーによる定期検診を続けることが多いですが、検査にもリスクがあることを知って対処すべきです。過剰になりすぎないよう、検査だけに頼らないよう、自分の体の声を聴けるよう、がんにならない生活を心がけることが大切ですね。

体内に入れた毒素をいち早く体外へ排毒し再発転移を防ぐ
●放射線で落としてしまった免疫力(白血球・N細胞)を上げ、活性化する
放射線で増えてしまった活性酸素を除去する


乳がんを再発転移をさせない対策・お問い合わせはこちらから ☎0849251271


乳がん対策・お問い合わせ・推奨プロポリスのお試しセットは・・・

※こちらは医療を否定するものではございません。
※このページの内容は私個人やがんを克服された方の体験、情報、一般論であり、指導等ではございません。
※また個人へのお電話、メールでのお問い合わせへの回答に関しても、一般論であり個人に向けた指導、診断内容ではございません。
※指導、診断は一切行っておりませんので、療法等につきましては、ご自身の責任でお選び下さい。

皆様のご健康とお幸せを心からお祈り申し上げます