がん再発転移を繰り返さない対策を!

※スマートフォンの方は・・・画面右上に四角で囲んだ3本線がございます。そちらをクリックして頂くとページ一覧が表示されます。

がん再発転移の原因を取り除く

つらい抗がん剤治療をしたのに再発転移をしてしまう人・・・多いですね。
がん患者の約53%が再発転移の不安を抱えています。最も多いのは落ち込み・不安・恐怖・・・など精神的ストレスで約53%もの人が悩んでいます。
次に痛み、副作用、後遺症などの身体的苦痛が約48%にも及びます。がんのために仕事を失った人、自らやめた人は約30%を超えています。
これだけ日常生活を脅かす・がん。
抗がん剤治療後の再発率は想像以上高くなっています。再発転移を繰り返すには理由があります。
抗がん剤・放射線・手術などの治療をしてきた人
治療前、治療後、しっかりと副作用・後遺症・再発転移を防ぐ対策をしていたでしょうか・・・
抗がん剤・放射線治療は白血球を減少させてしまいます。
がん細胞は毎日生まれる数千から数万個生まれ、通常リンパ球の働きによってがん細胞をアポトーシス(細胞の自殺)に導き発症を防いでいます。治療などでリンパ球が減少してしまうと、がんをアポトーシスに導くことが困難となり結果、増殖・再発転移ということになってしまうのです。
がんは免疫力(自然治癒力)の低下、つまりリンパ球(免疫細胞)の減少で発症します。
抗がん剤などの薬の強烈な毒素を体から素早く排出し、放射線や手術で大量に発生した活性酸素を除去することが免疫を高める第一歩です。

【がん再発転移の原因】

♠体内毒化➡免疫・NK細胞激減➡再発転移

♠白血球減少➡感染症➡命の危険

♠活性酸素増大➡細胞破壊➡がん細胞増殖


【命を守るための対策】

体内に入れた毒素を体外へ排出

★低下した免疫・NK細胞を活性化

★増えた活性酸素を除去


がんは血液の汚れ・毒素の塊です。がんを治すには溜まった毒素の排出を・・・


抗がん剤・放射線・手術の体験談は こちらから  

再発転移・対策は こちらから 


私たちの体は、異物が入ってきたり、組織が破壊されたりすると自ら治そうとする力が働きます。
その症状として、発熱、発疹、咳、鼻水といったものが現れます。
この時にリンパ球が活性化され修復されていきます。これが自己の治癒力の働きです。
ですが・・・つらい症状を抑えたくなり飲んでしまう、使ってしまうのが薬です。
どんな薬であっても石油系原料の薬を飲めば体は異物と判断し、大なり小なり副作用が表れます。
副作用を抑えるためにまた薬を飲む・・・といった悪循環が起きてきます。
薬は飲めば飲むだけ体内に活性酸素を発生させてしまい、体温を下げ自然治癒力を低下させ、新たな病気をつくってしまいます。
薬の飲み過ぎは、がんの再発転移の原因にもなるのです。

『薬は対症療法として出されているのならば、長期間にわたって飲むのは危険です。 なぜなら、私たちが持っている自然治癒力(人間が本来持っている病気を治す力)を止めてしまうからです。消炎鎮痛剤もステロイド剤も、体を冷やすことで消炎しています。…体を冷やす薬が病気を悪化させていく理由はここにあります。安保徹教授』 船瀬俊介氏ご著書より引用 

急性期のとき、そうでないときを見極め、医療と自己治癒力とをうまく活用することが大切なのではないでしょうか・・・
体内に入れた薬の毒素の排出と、自己治癒力を高め、薬に頼らなくてすむ体づくりを!!

※がん自然療法の体験談は こちらから

つらい痛みに悩む こちらから

再発転移を繰り返さない・悩む前にまずはお問い合わせください

※こちらは医療を否定しているものではございません。
※このページの内容は私個人やがんを克服された方の体験、情報、一般論であり結果を保証するものではございません。
※指導、診断は一切行っておりませんので、療法等につきましては、ご自身の責任でお選び下さい。
がん三大療法だけに頼らない・トップページはこちらから